1. 市況レポート

市況概況 - まとめ -

マネックス証券オリジナル市況概況 (毎営業日、朝夕2回更新。)

  • 朝(8時30分ごろ) NY概況および東京市場見通し
  • 夕(17時30分ごろ) 東京市場概況および個別銘柄概況

執筆者:マネックス証券 プロダクト部

日経平均は8日続伸で連日の高値更新

1.概況
本日の日経平均は73円高の2万954円と8日続伸し、連日で年初来高値を更新しました。TOPIXやJPX日経400、東証2部指数や新興市場のマザーズ指数など主要指数は総じて上昇しました。昨日の米国市場で主要指数が史上最高値を更新したことを受け、日経平均は76円高の2万958円で寄り付きました。寄り付き後の日経平均はやや伸び悩むと上げ幅を縮めてまもなく35円高と1日の安値をつけました。日経平均はその後再び上げ幅を広げると前場を97円高で終えました。日経平均は後場に入ると一段高となり、一時は113円高の2万994円と節目の2万1000円に迫る場面もありました。引けにかけてやや上げ幅を縮めた日経平均は73円高と寄り付きとほぼ同水準で取引を終えています。東証1部の売買代金は2兆5847億円となりました。東証33業種はその他金融業やサービス業、情報・通信業など19業種が上昇しました。一方で石油石炭製品や保険業など14業種が下げています。

2.個別銘柄等
東証1部の売買代金上位銘柄は高安まちまちでした。売買代金トップに入ったソフトバンクグループ(9984)は3.6%の大幅高となり、日経平均を40円近く押し上げました。同社が筆頭株主となっているアリババグループ(BABA)の株価が昨日に上場来高値を更新したことや、外資系証券がソフトバンクグループの目標株価を引き上げたことなどが材料になったとみられます。また、連日大幅安となっていた神戸製鋼所(5406)も小幅に反発しました。一方で任天堂(7974)や三菱UFJ(8306)、トヨタ自動車(7203)、キーエンス(6861)、ソニー(6758)などは下落しました。材料が出たところでは、青森銀行(8342)が11%超の大幅高となりました。10月3日に発表した公募増資について発表前から増資についての風説が流布していた可能性があり、投資家保護の観点から公募増資を中止すると昨日発表したことが好感されました。また、イタリアンレストランを展開するサイゼリヤ(7581)が9.6%の大幅高となりました。昨日発表した通期決算で営業利益が前期比24.5%増と好調で、今期の営業利益予想も11%超の増加と堅調な業績見通しが好感されました。一方で持ち帰り弁当の「ほっともっと」などを展開するプレナス(9945)は昨日発表した中間業績は堅調だったものの、通期の利益の見通しが据え置かれたことが失望売りを誘って8%超の大幅安となっています。

【VIEW POINT: 明日への視点】
朝方に112円40銭程度だったドル円はやや円高に振れましたが、日経平均は8日続伸し連日での高値更新となったことから市場のセンチメントは強気に傾いているとみられます。日経平均の予想PERは14倍台後半と企業業績に比べて割高感が出ているわけではありませんが、東証1部の騰落レシオが140%近くに達するなど徐々に短期的な過熱感が出てきています。こうした中で日経平均が早々に2万1000円の節目に到達し、その水準を固められるか注目されます。

(マネックス証券 マーケット・アナリスト 益嶋 裕)

バックナンバー


マネックスレポート一覧

当社の口座開設・維持費は無料です。口座開設にあたっては、「契約締結前交付書面」で内容をよくご確認ください。
当社は、本書の内容につき、その正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。記載した情報、予想および判断は有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。
提供する情報等は作成時現在のものであり、今後予告なしに変更または削除されることがございます。当社は本書の内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。本書の内容に関する一切の権利は当社にありますので、当社の事前の書面による了解なしに転用・複製・配布することはできません。内容に関するご質問・ご照会等にはお応え致しかねますので、あらかじめご容赦ください。

利益相反に関する開示事項

当社は、契約に基づき、オリジナルレポートの提供を継続的に行うことに対する対価を契約先金融機関より包括的に得ておりますが、本レポートに対して個別に対価を得ているものではありません。レポート対象企業の選定は当社が独自の判断に基づき行っているものであり、契約先金融機関を含む第三者からの指定は一切受けておりません。レポート執筆者、ならびに当社と本レポートの対象会社との間には、利益相反の関係はありません。