市況概況 - まとめ -

マネックス証券オリジナル市況概況 (毎営業日、朝夕2回更新。)

  • 朝(8時30分ごろ) NY概況および東京市場見通し
  • 夕(17時30分ごろ) 東京市場概況および個別銘柄概況

マネックス証券 プロダクト部が執筆いたします。

執筆者:マネックス証券 プロダクト部

米中の貿易戦争への懸念が後退し日経平均は409円高と大幅続伸

1.概況
本日の日経平均は409円高の2万2597円と大幅に続伸しました。TOPIXやJPX日経400、東証2部指数や新興市場のマザーズ指数など主要指数は総じて上昇しました。米国のムニューシン財務長官が今後中国との交渉を再開する可能性を示唆したことから貿易戦争への懸念が後退したことが好感されて、日経平均は209円高の2万2397円と続伸して寄り付きました。日経平均は上げ幅を広げてまもなく2万2500円の節目を回復するとその後も高値圏での推移が続きました。前場を295円高で終えた日経平均は、お昼休みの時間帯に発表された中国の輸出統計(米ドルベース)が市場予想以上に好調だったことも刺激となって後場寄りからさらに上げ幅を広げました。一時は上げ幅が500円を上回る場面もあった日経平均は、結局409円高と大幅に続伸して取引を終えました。東証1部の売買代金は2兆5472億円となりました。東証33業種は2%を超える上昇となったサービス業や繊維製品のほか、精密機器、ガラス土石製品、化学、電気機器など31業種が上昇しました。一方で石油石炭製品や電気・ガス業の2業種が下げています。

2.個別銘柄等
東証1部の売買代金上位銘柄はほとんどが上昇しました。売買代金トップのソフトバンクグループ(9984)が4%近く上昇したほか、売買代金2位のファーストリテイリング(9983)は7%近い大幅高となっています。ファーストリテイリングは昨日発表した3-5月期の営業利益が前年同期比36.9%増と好調だったことが好感されました。ソフトバンクグループは約38円、ファーストリテイリングは約127円日経平均を引き上げた格好となりました。その他にも任天堂(7974)、ソニー(6758)、トヨタ自動車(7203)、東海カーボン(5301)、エーザイ(4523)などがいずれも上昇しました。一方で昨日決算発表を行った安川電機(6506)は好決算を受け朝方は大きく上昇する場面がありましたが徐々に売りに押されて終値では4%近く下げています。その他材料が出たところでは、九州を中心にドラッグストアを展開するコスモス薬品(3349)が18%近い大幅高となりました。3-5月期が非常に好調で通期決算が従来の会社予想を上回って着地したほか、株主優待の拡充を発表したことも好感されました。一方で傘下の東日本銀行に対し金融庁が業務改善命令を出すと伝わったコンコルディア・フィナンシャルグループ(7186)は9%近い大幅安となりました。

【VIEW POINT: 明日への視点】
貿易戦争への懸念が後退し日経平均は400円を超える大幅高となりました。ただソフトバンクグループとファーストリテイリングで日経平均を160円以上押し上げています。来週は16日が祝日のため日本市場は営業日が1日少ないこと、小売関連企業の決算発表も一巡したことからやや材料難と言えそうですが、引き続き米中の貿易戦争を巡る思惑が注目されそうです。

(マネックス証券 マーケット・アナリスト 益嶋 裕)

バックナンバー


マネックスレポート一覧

当社の口座開設・維持費は無料です。口座開設にあたっては、「契約締結前交付書面」で内容をよくご確認ください。
当社は、本書の内容につき、その正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。記載した情報、予想および判断は有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。
提供する情報等は作成時現在のものであり、今後予告なしに変更または削除されることがございます。当社は本書の内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。本書の内容に関する一切の権利は当社にありますので、当社の事前の書面による了解なしに転用・複製・配布することはできません。内容に関するご質問・ご照会等にはお応え致しかねますので、あらかじめご容赦ください。

利益相反に関する開示事項

当社は、契約に基づき、オリジナルレポートの提供を継続的に行うことに対する対価を契約先金融機関より包括的に得ておりますが、本レポートに対して個別に対価を得ているものではありません。レポート対象企業の選定は当社が独自の判断に基づき行っているものであり、契約先金融機関を含む第三者からの指定は一切受けておりません。レポート執筆者、ならびに当社と本レポートの対象会社との間には、利益相反の関係はありません。