1. 市況レポート

グローバル・マクロ・ウォッチ

大槻 奈那

チーフ・アナリスト 大槻 奈那によるグローバル・マクロ解説をお届けします。

大槻 奈那 プロフィール

ECBは金融政策を維持:何を心配しているのか

・ECBは9/7の理事会で、金融政策の現状維持を決定、中銀預金金利をマイナス0.4%に、債券購入の月額を600億ユーロに据え置いた。

・同時に、10月に緩和縮小を開始することを示唆しつつ、ユーロ高をけん制。株価は、銀行・保険株など一部を除き小幅上昇の一方、けん制されたはずのユーロ高は更に進んだ。

・懸念材料は、力強さを欠くインフレ率。賃金上昇率も低く、一部の国の信用力改善も足踏み。10月国債買入縮小決定は規定路線としても利上げは遠く、ユーロ高にも限界がみえてくるだろう。

ECBの金融政策維持決定

7日の理事会では、中銀預金金利をマイナス0.4%に、債券購入の月額を600億ユーロに据え置き、政策の維持が決定された。国債等購入枠の縮小も見送られた。これを受け、金利は総じて下落し(図表1)、ドイツ2年国債利回りはマイナス0.76%と4月以来の低水準となった。株式市場は、銀行、保険株が下落、それ以外のセクターは、わずかに上昇した(図表2)。

一方、為替は、10月の債券購入枠縮小に触れたため、再びユーロ高が進んだ(図表3)。ドラギECB総裁は、会見の中で「ユーロのボラティリティは不透明感の源となっており、注視する必要がある」と発言し、ユーロ高をけん制したが、市場は、10月のテーパリング(資産買い入れの段階的縮小)発表に注目した模様である。

欧州に残る懸念材料

ユーロ圏の問題は、他の先進国同様、インフレ率にも賃金上昇率にも勢いが無いことである(図表4、5)。特に足元で、上昇が止まっているように見える。

加えて、他の先進国にはない悩みとして、欧州の金融システムの脆弱性がある。一時期からは相当改善しているとはいえ、依然として磐石とはいえない(図表6)。ドイツの議会選挙も9月24日に控え、来年3月までにはイタリアの総選挙も予定されている。選挙を無事乗り切ったフランスでは、スキャンダルに揺れるマクロン大統領の支持率が急落(就任当初62%→8月末40%)している。経済の舵取り次第で政治的な動揺が再燃する可能性もゼロではない。

いずれも可能性は極めて低い"テールリスク"ではあるが、ユーロも強すぎるくらい強い中では、当局として緩和を急ぐ理由は少ない。このため、現在のマイナス金利からの脱出は遠く、10月の国債買入縮小決定を境にユーロ高にも限界がみえてくる可能性が高いだろう。

【お知らせ】「メールマガジン新潮流」(ご登録は無料です。)

チーフ・ストラテジスト広木 隆の<今週の相場展望>とコラム「新潮流」とチーフ・アナリスト大槻 奈那が金融市場でのさまざまな出来事を女性目線で発信する「アナリスト夜話」などを毎週原則月曜日に配信します。メールマガジンのご登録はこちらから

(※)印刷用PDFはこちらよりダウンロードいただけます。

レポートをお読みになったご感想・ご意見をお聞かせください。

過去のレポート


マネックスレポート一覧

当社の口座開設・維持費は無料です。口座開設にあたっては、「契約締結前交付書面」で内容をよくご確認ください。
当社は、本書の内容につき、その正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。記載した情報、予想および判断は有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。
提供する情報等は作成時現在のものであり、今後予告なしに変更または削除されることがございます。当社は本書の内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。本書の内容に関する一切の権利は当社にありますので、当社の事前の書面による了解なしに転用・複製・配布することはできません。内容に関するご質問・ご照会等にはお応え致しかねますので、あらかじめご容赦ください。

情報提供に関するご留意事項

本情報は、マネックス証券株式会社(以下「当社」といいます)が信頼できると考える情報源から提供されたものですが、当社はその正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。本情報は有価証券やデリバティブ取引等の価値についての判断の基準を示す目的で提供したものではなく、有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。本情報に含まれる過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。
本情報は作成時現在のものであり、今後予告なしに変更または削除されることがございます。
当社は本情報の内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようにお願いいたします。なお、本情報は当社の事前の書面による了解なしに転用・複製・配布することはできません。内容に関するご質問・ご照会等にはお応え致しかねますので、あらかじめご容赦ください。