1. 市況レポート

今週のマーケット展望

チーフ・ストラテジスト 広木 隆が、週の初めに今週のマーケットのポイントと見通し、予想レンジ等をお伝えします。

広木 隆が投資戦略の考え方となる礎を執筆しているコラム広木隆の「新潮流」はこちらでお読みいただけます。

広木 隆 プロフィール Twitter(@TakashiHiroki)

荒い値動き続くもモメンタム株の調整はいいところまできた

米議会上院の税制改革法案可決という好材料とロシアゲート問題の再燃という悪材料が拮抗し見極めにくい。売り買い交錯して値動きが荒いというのがこのところの相場の特徴だが、今週もそのような展開が続くかもしれない。メジャーSQを控えていることも波乱要因のひとつか。

日経平均は5日線を支えに堅調な戻りを見せているが、相場の中身はがらっと変わっている。ファクターリターンに強烈なリバーサルが起きている。先週、例えば1カ月や3カ月のリターンなどの順張り系のモメンタムファクターが異常なマイナスを記録、この1カ月のリターンを全部吐き出した。つまり、これまで買われていたものが売られ、売られていたものが買われた。

ところが先週末金曜日の取引時間中のファクターリターンをリアルタイムで見ると、朝方はマイナス圏まで突っ込んでから、10時過ぎには戻り始めていた。半導体関連に代表されるモメンタム株の調整も最終局面が近いと思う。それらの調整に一巡感が出て、終値で2万3000円に乗せることができれば、いよいよ本格的な年末高、掉尾の一振に向けた師走相場が走りだすだろう。

今週の経済指標は日本では8日の7-9月期実質GDP成長率(2次速報値)と景気ウォッチャー調査、米国では5日のISM非製造業景況指数と8日の雇用統計が注目材料。そろそろハリケーンの錯乱要因がなくなってくるころであり、あらためて賃金の伸びに注目が集まるだろう。そのほかでは8日の中国の貿易収支にも注意を払いたい。

【お知らせ】「メールマガジン新潮流」(ご登録は無料です。)

チーフ・ストラテジスト広木 隆の<今週の相場展望>とコラム「新潮流」とチーフ・アナリスト大槻 奈那が金融市場でのさまざまな出来事を女性目線で発信する「アナリスト夜話」などを毎週原則月曜日に配信します。メールマガジンのご登録はこちらから

レポートをお読みになったご感想・ご意見をお聞かせください。

過去のレポート


マネックスレポート一覧

当社の口座開設・維持費は無料です。口座開設にあたっては、「契約締結前交付書面」で内容をよくご確認ください。
当社は、本書の内容につき、その正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。記載した情報、予想および判断は有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。
提供する情報等は作成時現在のものであり、今後予告なしに変更または削除されることがございます。当社は本書の内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。本書の内容に関する一切の権利は当社にありますので、当社の事前の書面による了解なしに転用・複製・配布することはできません。内容に関するご質問・ご照会等にはお応え致しかねますので、あらかじめご容赦ください。