1. 市況レポート

新潮流

チーフ・ストラテジスト 広木 隆が、投資戦略の考え方となる礎をご紹介していきます。

広木 隆 プロフィール Twitter(@TakashiHiroki)

【新潮流2.0】 第17回 超予測力

◆クリスマスも有馬記念も終わって、いよいよ今年も残すところあと1週間。おかげさまで大納会の30日まで仕事の予定がびっしりだ。仕事があるのは大変ありがたいことである。年始の4日も朝5時(モーサテ)から夜23時(日経プラス10)まで仕事である。本当にありがたくて涙が出る。

◆新春のこれら経済番組は「今年の相場大予想」というのが定番の企画だ。そして年末には1年を振り返り自らの予想と実際の相場の動きを比較検証する「大反省会」が待っている。「反省会」というくらいだから、予想が当たらないのが前提である。僕は「モーサテ大反省会」に3年連続で出演していたが、今年はお呼びがかからなかった。年初に立てた予想は的外れだったが、年央で軌道修正したのが正解だったからだろう。

◆「予想」「予測」を生業にしているだけに、予測力を高める良い教科書がないものか、と常々探していたらついに「これだ!」という書籍に出会った。『超予測力 不確実な時代の先を読む10カ条』(フィリップ・E・テトロック&ダン・カーリー)である。専門家の予想はチンパンジー並だが、一方で実際に卓越した成績をおさめる「超予測者」が存在する。その予測スキルの実態と、高い未来予測力の秘密を探ったのが本書である。その結果見えてきた鉄壁の10カ条とは・・・?

◆せっかちな僕は、本編をすっ飛ばして巻末に付された「超予測者をめざすための10の心得」をまず読んだ。なになに、「一見手に負えない問題は、手に負えるサブ問題に分解せよ」 う~ん、なるほどね。それから?なになに、「外側と内側の視点の適度なバランスを保て」か。う~ん、参考になるなあ。これで僕も「超予測者」の仲間入りだ!もう「大反省会」なんかに出演することもないだろう。「当たり屋」の称号は僕のためにあるようなものだ、ハハハハ!といい気になっていると、10カ条を読み終えたあとに、もう1つ、11番目の心得が記されていることに気が付いた。「11. 心得を絶対視しないこと」。

今年も『新潮流』をご愛読いただきまして誠にありがとうございました。来年もよろしくお願い致します。来る2017年が読者のみなさまにとって素晴らしい1年でありますように。どうぞ良いお年をお迎えください。

マネックス証券 チーフ・ストラテジスト 広木 隆

【お知らせ】「メールマガジン新潮流」(ご登録は無料です。)

チーフ・ストラテジスト広木 隆の<今週の相場展望>とコラム「新潮流」とチーフ・アナリスト大槻 奈那が金融市場でのさまざまな出来事を女性目線で発信する「アナリスト夜話」などを毎週原則月曜日に配信します。

レポートをお読みになったご感想・ご意見をお聞かせください。

過去のレポート


マネックスレポート一覧

当社の口座開設・維持費は無料です。口座開設にあたっては、「契約締結前交付書面」で内容をよくご確認ください。
当社は、本書の内容につき、その正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。記載した情報、予想及び判断は有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。
提供する情報等は作成時現在のものであり、今後予告なしに変更又は削除されることがございます。当社は本書の内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。本書の内容に関する一切の権利は当社にありますので、当社の事前の書面による了解なしに転用・複製・配布することはできません。内容に関するご質問・ご照会等にはお応え致しかねますので、あらかじめご容赦ください。