1. 市況レポート

新潮流

チーフ・ストラテジスト 広木 隆が、投資戦略の考え方となる礎をご紹介していきます。

広木 隆 プロフィール Twitter(@TakashiHiroki)

【新潮流2.0】 第25回 紙の価値

◆暗澹たる気持ちになる。フリマサイトに現金が出品された問題である。1万円札5枚に5万9500円という値段がついた。クレジットカードのショッピング枠を現金化する手口で、当座のおカネがほしいひとを対象とした典型的な貧困ビジネスだ。サイト側はさっそく規制に動いたが、出品者は、チャージ済みSuicaやiTunesカード、図書券、商品券と手を代え品を代えイタチごっこが続いている。1万円札で巧妙な魚の折り紙を作り「オブジェ」として出品したのには笑ってしまったが、ことは笑いごとではない。

◆1万円札は、ホログラムがついていたり、すかしが入っていたり、それ以外にも様々な工夫を凝らして作られている。スイスフランと並んで世界でもっとも偽造が難しい貨幣といわれるゆえんだ。これだけ精巧な技術の粋を集めて刷られる1万円札だが、原価はたったの20円である。原価20円の「紙」が1万円の価値を持つのは、ひとびとがその「紙」に「1万円の価値がある」と信じて使っているからだ。

◆ふつうのひとには1万円でも、あるひとたちにとっては1万円以上の価値を持つ。クレジットカードでの決済と現金を入手する「時間差」が、額面1万円を越える「価値」になる。おカネが利子を生む理由については、ケインズが『一般理論』のなかで唱えた流動性プレミアム説をはじめ、機会費用説、時差説、リスク代償説等さまざまあるが、今回の「フリマで現金」の件では、そのどれもが当てはまるような気がする。

◆資本主義とは、突き詰めて言えば、「カネがカネを生むシステム」だが、今回の騒動は資本主義のダークな一面をあらためて白日のもとにさらしたと言える。だが、おカネ自体に罪はない。おカネは汚いものだとか、資本主義は格差や貧困を生み、ひとを不幸にするシステムだ、という主張は飛躍し過ぎだ。おカネにせよ、資本主義にせよ、それを使う側の問題である。使う側の事情によって、原価20円の「紙」の価値がいかようにでも変わり得るのだ。

◆昔、アメリカでみたテレビCM。男性客がスーパーマーケットのレジでクレジットカードを出すがリーダーがカードを読み込めない。仕方なく手持ちのわずかな現金で支払える分だけにしようとカートから商品を取り出していくが、全然足りない。そして最後に二つの商品が残った - バドワイザーのビールとトイレットペーパーの一巻。もちろんバドのCMだからバドワイザーが選ばれる。会計を済ませると、レジ係が尋ねる。 「ペーパー・オア・プラスティック(紙袋にしますか、それともビニール袋)?」 男性客は大声で、「ペーパー!」 そして差し出された(紙の)レシートをひったくるように受け取って去っていったのだった。

マネックス証券 チーフ・ストラテジスト 広木 隆

【お知らせ】「メールマガジン新潮流」(ご登録は無料です。)

チーフ・ストラテジスト広木 隆の<今週の相場展望>とコラム「新潮流」とチーフ・アナリスト大槻 奈那が金融市場でのさまざまな出来事を女性目線で発信する「アナリスト夜話」などを毎週原則月曜日に配信します。

レポートをお読みになったご感想・ご意見をお聞かせください。

過去のレポート


マネックスレポート一覧

当社の口座開設・維持費は無料です。口座開設にあたっては、「契約締結前交付書面」で内容をよくご確認ください。
当社は、本書の内容につき、その正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。記載した情報、予想及び判断は有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。
提供する情報等は作成時現在のものであり、今後予告なしに変更又は削除されることがございます。当社は本書の内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。本書の内容に関する一切の権利は当社にありますので、当社の事前の書面による了解なしに転用・複製・配布することはできません。内容に関するご質問・ご照会等にはお応え致しかねますので、あらかじめご容赦ください。