1. 市況レポート

新潮流

チーフ・ストラテジスト 広木 隆が、投資戦略の考え方となる礎をご紹介していきます。

広木 隆 プロフィール Twitter(@TakashiHiroki)

【新潮流2.0】 第28回 勝者総取り

◆ちょうど去年のこの時期に人気アイドルグループAKB48の総選挙の話題を取り上げた(【新潮流2.0】 第4回 「投票」)。今年も、『第9回AKB48選抜総選挙』が一昨日開票され、指原莉乃さんが24万票余りを獲得し、3連覇を飾った。指原さんは昨年、史上初の2連覇を果たし、「女王交互の法則」を破ったと言われた。それまでは人気上位のメンバー二人による1位争奪戦の様相で毎年女王の座が入れ替わってきた。ところがこの3年は指原さんの独走が続いている。

◆批判を恐れずに言えば、「なんでこの娘が1位なの?」と思う。もっとかわいい娘が大勢いるのに、と。でも、ファンからすれば容姿だけがすべてではないということなのだろう。指原さん3連覇の要因分析は諸説あるが僕が思う理由は、「勢いがついてしまったから」である。ある水準をいったん超えると、ますます他を引き離す。株で言えば「モメンタムストック」か。勢いがついた銘柄に買いが集中する。買うから上がり、上がるからまた買われる。買いが買いを呼ぶ展開はバリュエーションなど理論面では説明できない。

◆現代の経済や社会のなかで広く認められる現象が「勝者総取りの法則」。トップとそれ以外の差が圧倒的に開く。金持ちのなかでも大金持ちがさらに富み、スポーツでもエンターテインメントでも一握りのスーパースターに人気が集中する。最高値更新を続ける米国の株式市場を見ても、アップル、グーグル(アルファベット)、アマゾン、フェイスブックといった時価総額上位の限られた企業のみが投資マネーを引きつけ、さらに規模を拡大していく構図だ。

◆専門家によれば、「勝者総取り」の背景は技術革新が進んだことだという。ケタ違いのイノベーションが起こると、トップの技術以外は全てあっという間に陳腐化してしまう。いくら頑張っても1番以外は何の意味もない時代になりつつある。では、努力は意味がないのか?そうではない。圧倒的な努力を重ねて頂点を極めることの価値がますます高まっているということだ。指原さんがトップを獲った理由でもっとも多いのは、「さっしーは超努力家だ」という声である。

マネックス証券 チーフ・ストラテジスト 広木 隆

【お知らせ】「メールマガジン新潮流」(ご登録は無料です。)

チーフ・ストラテジスト広木 隆の<今週の相場展望>とコラム「新潮流」とチーフ・アナリスト大槻 奈那が金融市場でのさまざまな出来事を女性目線で発信する「アナリスト夜話」などを毎週原則月曜日に配信します。

レポートをお読みになったご感想・ご意見をお聞かせください。

過去のレポート


マネックスレポート一覧

当社の口座開設・維持費は無料です。口座開設にあたっては、「契約締結前交付書面」で内容をよくご確認ください。
当社は、本書の内容につき、その正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。記載した情報、予想および判断は有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。
提供する情報等は作成時現在のものであり、今後予告なしに変更または削除されることがございます。当社は本書の内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。本書の内容に関する一切の権利は当社にありますので、当社の事前の書面による了解なしに転用・複製・配布することはできません。内容に関するご質問・ご照会等にはお応え致しかねますので、あらかじめご容赦ください。