1. 市況レポート

新潮流

チーフ・ストラテジスト 広木 隆が、投資戦略の考え方となる礎をご紹介していきます。

広木 隆 プロフィール Twitter(@TakashiHiroki)

【新潮流2.0】 第38回 ロンドン雑感

◆ひさしぶりにロンドンに行った。オリンピック開催やEU離脱の決定などを経て、さぞや変わっているだろうと思ったが、結論から言うとまったく変わっておらず、以前のままのロンドンの街だった。行くたびに変貌を遂げている香港やシンガポールとは大違いだ。もちろん、カナリーワーフの再開発など新しく加わった要素もあるが、それらはあくまでほんの一部であり、大部分は昔のままのロンドンだった。

◆歴史と伝統、と言えば聞こえがいいが、この古い街は変わりようがないのかもしれない。地下鉄の路線は拡大延長されたところもなく昔のままだ。車両が古いせいか、しょっちゅう止まる。街中には首都高のような機能がなく、道路も狭く入り組んでいるため、どこも大渋滞である。この街の交通インフラは、増え続ける人口流入に耐えきれていない。そう言えば、以前と比べて人種・民族が一段と多様化した気がした。アングロ・サクソン系の白人比率が下がっているのだろう。国際都市としての性格は強まっている。

◆変わった点を挙げると、タクシーがつかまえやすくなったこと。こちらも御多分にもれずウーバーの影響だ。なにしろ正規のタクシー運賃が高い。ウーバーに流れるのは道理であろう。ところがロンドン交通局はウーバーの営業免許を停止にした。いろいろ理由はあるが、ブラックキャブの既得権益はそうそうに譲れないということだろう。かつてはブラックキャブのライセンスを得れば一生安泰と言われた。日本の個人タクシーの比ではない。ブラックキャブのドライバーは憧れの職業だった。実際、今でもバイクに地図を貼り付けて街中を走るひとが大勢いる。ブラックキャブの資格試験のためにロンドン中の細かい道という道を覚える訓練をしているのである。

◆もうひとつ変わったのは紙幣である。ヒースロー・エクスプレスで着いたパディントンの駅からホテルまでブラックキャブで行き、現金で払おうとするとドライバーが受け取れないという。ポンド紙幣が新しくなり、僕の手持ちのポンド紙幣は使えなくなっていた。バンク・オブ・イングランドに行けば新札に換えてもらえると聞いて出向いた。こんなことで中央銀行に行く用ができるとは思わなかったが、普通の銀行の窓口(というか映画の切符売り場の窓口)みたいなところがあって、旧札を出すと新札に換えてくれるのだ。いずれ中央銀行がデジタル通貨を発行するようになれば、こうした手間もなくなるだろう。歴史のある古い街で未来のことをちょっとだけ考えた。

マネックス証券 チーフ・ストラテジスト 広木 隆

【お知らせ】「メールマガジン新潮流」(ご登録は無料です。)

チーフ・ストラテジスト広木 隆の<今週の相場展望>とコラム「新潮流」とチーフ・アナリスト大槻 奈那が金融市場でのさまざまな出来事を女性目線で発信する「アナリスト夜話」などを毎週原則月曜日に配信します。メールマガジンのご登録はこちらから

レポートをお読みになったご感想・ご意見をお聞かせください。

過去のレポート


マネックスレポート一覧

当社の口座開設・維持費は無料です。口座開設にあたっては、「契約締結前交付書面」で内容をよくご確認ください。
当社は、本書の内容につき、その正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。記載した情報、予想および判断は有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。
提供する情報等は作成時現在のものであり、今後予告なしに変更または削除されることがございます。当社は本書の内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。本書の内容に関する一切の権利は当社にありますので、当社の事前の書面による了解なしに転用・複製・配布することはできません。内容に関するご質問・ご照会等にはお応え致しかねますので、あらかじめご容赦ください。