1. 市況レポート

新潮流

チーフ・ストラテジスト 広木 隆が、投資戦略の考え方となる礎をご紹介していきます。

広木 隆 プロフィール Twitter(@TakashiHiroki)

【新潮流2.0】 第40回 クリスマスと冬至と羊飼い

◆今日はクリスマス。クリスマスは何の日か。「イエス・キリストが生まれた日」、ではない。聖書のどこにもキリストがいつ生まれたかは書かれていない。社会学者の橋爪大三郎さんが、クリスマスはもともと冬至だったらしいと日経夕刊「明日への話題」で書いておられた。ミトラ教という宗教の、冬至に死んでまた生まれる神のお祭りが人気だった。新興のキリスト教はそれにぶつけて、12月25日を「イエスの誕生日」にして祝うようになったのだという。

◆冬至は古くから世界中で祝われてきた。中国では冬至節は春節に次ぐ重要な祝日で、北方では餃子、南方では団子を食べる。日本ではご存じの通り、南瓜と柚子湯である。中東でも中国でも大昔の暦では1年の始まりは冬至だった。理由は想像に難くないだろう。冬至を境に日が長くなっていくのだ。言われてみれば冬至ほど1年の始まりにふさわし日はないように思える。

◆株式市場も日の長さに関係がある。半年のリターンを調べると10月に買って4月末に売るパターンが過去は長期的によい結果であった。10月末のハロウィーンのころに買うのがよいことから「ハロウィーン効果」として知られるアノマリーだ。「セル・イン・メイ(5月に売れ)」とセットになっている。冬至の前から夏至の前の期間は日照時間がボトムアウトしてその後伸びていく期間に当たる。

◆キリストが12月25日に生まれたのではないことの理由として、羊飼いの行動パターンが挙げられる。羊の群れが戸外で過ごすのは春から秋までで、冬は屋内にいる。ルカの福音書には、主が誕生したニュースを最初に聞いたのは野原で羊の番をしていた羊飼いたちであったと書かれている。だから冬に生まれたのではないことは確かだ。羊飼いたちは外にいたのだから。

◆羊飼いたちが屋内で過ごす期間は株は好調なのだが、春から秋は振るわない。羊飼いたちが羊の番で忙しいからであろう。羊飼いに限らず、春から秋はひとびとの活動が活発になる時期だ。株などやっている暇はないということだろう。ところが最近はこの季節性のアノマリーも崩れてきて、あまり当てはまらなくなっている。マシンによるアルゴリズム取引が増えたことが要因だろう。コンピュータには季節も日照時間も関係ないからだ。しかしAIがさらに進化し、より人間に近づいていけば、季節性のアノマリーが復活するかもしれない。そうなったとき、「市場が牧歌的になった」というのだろうか。

マネックス証券 チーフ・ストラテジスト 広木 隆

【お知らせ】「メールマガジン新潮流」(ご登録は無料です。)

チーフ・ストラテジスト広木 隆の<今週の相場展望>とコラム「新潮流」とチーフ・アナリスト大槻 奈那が金融市場でのさまざまな出来事を女性目線で発信する「アナリスト夜話」などを毎週原則月曜日に配信します。メールマガジンのご登録はこちらから

レポートをお読みになったご感想・ご意見をお聞かせください。

過去のレポート


マネックスレポート一覧

当社の口座開設・維持費は無料です。口座開設にあたっては、「契約締結前交付書面」で内容をよくご確認ください。
当社は、本書の内容につき、その正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。記載した情報、予想および判断は有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。
提供する情報等は作成時現在のものであり、今後予告なしに変更または削除されることがございます。当社は本書の内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。本書の内容に関する一切の権利は当社にありますので、当社の事前の書面による了解なしに転用・複製・配布することはできません。内容に関するご質問・ご照会等にはお応え致しかねますので、あらかじめご容赦ください。