1. 市況レポート

日本株銘柄フォーカス

シニア・マーケット・アナリスト 金山 敏之が日本企業の決算内容や業界分析等を分かりやすく解説します。

金山 敏之 プロフィール

【決算メモ】ブロンコビリー(3091)

7期連続の増収増益で売上高と営業利益は過去最高

東海地区を中心に関東や関西地区でステーキチェーンを100店余り展開するブロンコビリーが17日に発表した2016年12月期の決算は7期連続の増収増益となり、売上高、営業利益とも過去最高を更新しています。ただ、売上高は前期比13.1.%増収となったものの、新規出店が16店舗の計画に対して12店舗に止まったことや、前期並みを見込んでいた既存店売上高が前期比0.5%減となったことで計画を下回って着地しています。また、売上高が未達となるなか営業利益も12.5%増益となったものの計画を小幅に下回っています。

今期の売上高は新規出店と2%増の既存店売上高を前提に前期比13.8%増収の計画です。また、営業利益は新規出店に伴う経費増などがあるものの、増収となるなか前期並みの原価率を維持し11.8%増益の見込みとなっています。ただ、昨年6月の既存店売上高が飲食代金の20%割り引きで20%増と大きな伸びとなりその反動減が6月に予想されるなか、2%増の既存店売上高を達成するために1月を除いてその他の月の既存店売上高が高めに設定されているようにもみえます。業績予想達成に向けて既存店売上高の動向がポイントとなりそうです。

(※)印刷用PDFはこちらよりダウンロードいただけます。

レポートをお読みになったご感想・ご意見をお聞かせください。
ご質問の場合は、「レポート名」を明記のうえ、以下より投稿してください。

過去のレポート


マネックスレポート一覧

当社の口座開設・維持費は無料です。口座開設にあたっては、「契約締結前交付書面」で内容をよくご確認ください。
当社は、本書の内容につき、その正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。記載した情報、予想および判断は有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。
提供する情報等は作成時現在のものであり、今後予告なしに変更または削除されることがございます。当社は本書の内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。本書の内容に関する一切の権利は当社にありますので、当社の事前の書面による了解なしに転用・複製・配布することはできません。内容に関するご質問・ご照会等にはお応え致しかねますので、あらかじめご容赦ください。