1. 市況レポート

日本株銘柄フォーカス

シニア・マーケット・アナリスト 金山 敏之が日本企業の決算内容や業界分析等を分かりやすく解説します。

金山 敏之 プロフィール

【決算メモ】安川電機(6506)

参考値の業績予想では3割増の営業増益見通し

安川電機が20日に発表した2017年3月期の決算は、売上高が前年同期比4.0%減の3949億円、営業利益が同17.2%減の304億円と減収減益になりました。ただ、円高による目減りが売上高で333億円、営業利益で102億円にのぼることから、円高の影響を除いてみると売上高は4.1%増収、営業利益は10.4%増益で事業の実態は悪くなかったといえます。

安川電機では国際会計基準導入を踏まえ、今期から決算期を変更する予定です。決算期末はこれまでの3月20日から海外子会社の決算期末にあわせ2月末に変更されます。このため今期は変則決算となり、前期と今期予想を単純に比較することができません。そこで安川電機では今期の決算期末を従来通りと仮定した場合の業績予想も参考値として公表しています。

それによれば、決算期変更を反映した業績予想はドル円の想定レートを110円とし、売上高が4140億円、営業利益が370億円ですが、決算期末を従来通りと仮定した参考値は、売上高が前期比8.9%増の4300億円、営業利益が同31.5%増の400億円で最高益を更新する見通しとなっています。安川電機では引き続き自動車やスマホ関連向けに良好な事業環境が続くとみています。

(※)印刷用PDFはこちらよりダウンロードいただけます。

レポートをお読みになったご感想・ご意見をお聞かせください。
ご質問の場合は、「レポート名」を明記のうえ、以下より投稿してください。

過去のレポート


マネックスレポート一覧

当社の口座開設・維持費は無料です。口座開設にあたっては、「契約締結前交付書面」で内容をよくご確認ください。
当社は、本書の内容につき、その正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。記載した情報、予想および判断は有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。
提供する情報等は作成時現在のものであり、今後予告なしに変更または削除されることがございます。当社は本書の内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。本書の内容に関する一切の権利は当社にありますので、当社の事前の書面による了解なしに転用・複製・配布することはできません。内容に関するご質問・ご照会等にはお応え致しかねますので、あらかじめご容赦ください。