ロボアドバイザー サービス比較

2つのロボアドバイザーを徹底比較

マネックス証券では、お客様のニーズにお応えするため、2種類のロボアドバイザーを提供しています。
それぞれに特徴・個性があり、また利用料等の運用コストも異なります。
マネックスアドバイザーとマネラップのどちらが、お客様に合っているのか、見比べてみましょう。

基本情報

マネックスアドバイザー マネラップ(MSV LIFE)
サービスの運営会社 マネックス証券 マネックス・セゾン・バンガード投資顧問
ロボアドバイザーのタイプ アドバイス型(投資顧問契約を締結) 投資一任型(投資一任契約を締結)

費用について

マネックスアドバイザー マネラップ(MSV LIFE)
運用コスト(税込) 年率0.487%(※1) 年率0.991%未満(※2)
最低投資金額 5万円 1,000円
積立額 月1万円から 月1,000円から
積立方法
  • マネックス証券総合取引口座から引落し
  • 全国の金融機関からの引落し
  • マネックス証券総合取引口座から引落し

運用について

マネックスアドバイザー マネラップ(MSV LIFE)
運用方法 運用方針を決めて、ロボットのサポートを受けながら自分で運用 投資目標を決めて、ロボットが全自動で運用
運用方針
  • お客様の市況見通しに応じた最適な運用方針を決定
  • 市況見通しを設定いただく事で、各資産クラス間の複合的な関係を考慮した最適な運用方針を提示
  • ブラックロック社、マネックス証券の市況見通しも設定可能
米国バンガードグループと運用哲学を共有しており、「明確な計画の策定」、「最適な資産配分の構築」、「徹底したコスト管理」、「長期的な一貫性の保持」の原則に基づいて運用
運用手法
  • インデックス銘柄を用いた運用を行い、ブラック・リッターマンモデルを応用した金融工学ロジックを用いており、与えられた基準ポートフォリオと主観的な(市況の)見通しを併せて固有のポートフォリオを構築します。
  • 「均衡における」効率的なポートフォリオ、各資産クラスにかかるリスク推定、投資家の主観的な見通しを併せることで、相対的な期待リターンが定まり、それらを用いた最適化プロセスによって、お客様固有のポートフォリオを構築します。
  • 当機能では、資産クラス、為替、投資対象国等に対するお客様の主観的見通しを反映可能とするものであり、設定内容に応じてお客様固有のポートフォリオを構築します。
  • 国内外の低コストETFを活用した、マルチアセット運用を行います。資産配分比率の策定においては、バンガードグループから派遣されるアドバイザー等により構成される投資運用委員会で議論され、リスク管理の観点で定期的に見直します。
  • 運用ロジックとして、大学との共同研究により開発した定量モデルを活用しています。特に損失リスク制御を重視したアルゴリズムによって最適ポートフォリオを構築します。
投資対象 国内ETF 国内ETF、海外ETF
投資対象となる資産クラス 株式(国内、先進国、新興国)、為替ヘッジ型債券(先進国国債、先進国社債)、REIT(国内、先進国) 国内外の株式・債券・REIT
リバランスのタイミング
  • 運用中のポートフォリオのバランスが、目標とする資産配分から大きく乖離した場合
  • 追加投資/一部売却を行った場合
四半期に1回

手続きにかかる期間

マネックスアドバイザー マネラップ(MSV LIFE)
申込からサービス利用開始まで 最短で当日 投資一任口座開設の申し込みから最短で2営業日で投資一任契約の締結が可能
申込完了から運用開始まで 最短で当日 投資一任契約を締結された月の翌月11日(休日・祝日の場合は翌営業日)を目途に運用開始
運用プランの変更 最短で当日 申込み月の翌々月から可能
出金・解約 最短で当日 申込み月の翌々月から可能

その他

マネックスアドバイザー マネラップ(MSV LIFE)
口座区分 特定口座、一般口座 一般口座
運用開始後のアフターフォロー
  • 毎月レポートを配信し、見通しや要因分析を開設
  • 目標ポートフォリオから乖離した時にアラートメールを配信
運用状況は専用のマイページスマホアプリでいつでも確認可能。目標達成確率が大きく下振れや上振れした場合には、マイページにメッセージを送信し、資産計画の見直しのおすすめをお知らせいたします。
その他機能
  • リスク許容度ではなく、見通しからポートフォリオを反映可能
  • 資産クラスごとのニュースを提供
  • プロの見通しをポートフォリオに反映
「ゴールベースアプローチ」を採用し、「資産運用のあたりまえ」である、“計画づくり~アフターフォロー~目標達成”という一連の流れの自動化を実現。積み立てながらの運用はもちろん、取り崩しながらの運用にも対応。1000円からはじめられ、低コストで、世界に分散投資が可能です。
貸株サービス(※3) 利用可能
貸株金利:年率0.10%
利用不可
信用取引の代用有価証券(※3) 利用可能
掛け目:80%
利用不可

※1 マネックスアドバイザーのサービス利用料:年率0.324%(税込)と最も標準的なポートフォリオ(資産配分)の信託報酬:年率0.163%(税込)の合計値です。実際の運用コストは、お客様が運用されるポートフォリオによって異なります。

※2 運用コストには、投資一任契約に係る投資一任報酬、組入れ投資信託の信託報酬及び最終投資対象の国内外ETFの平均経費率を含みます。
監査費用、ETFの売買委託手数料などは含みません。市場環境等によっては、運用コストが1%を超えることがあります。

※3 各サービスの詳細につきましては、以下をご確認ください。
貸株サービスとは
信用取引とは