サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。

貸株サービス 貸株サービスとは

Q&A

これまで機関投資家しか享受できなかった「貸株金利」を個人投資家のみなさまにも!
常にお客様にとって最良の金融サービスを追求するマネックス証券が、業界で初めて提供を開始したサービスです。

特長1 貸株金利がもらえる

毎日金利がつくので、短期間だけしか持たない人でも大丈夫!

特長2 ボーナス金利銘柄がある

通常よりも高い金利を適用する銘柄です。現在のボーナス金利(年率)は0.50%

ボーナス金利銘柄

特長3 配当金相当額がもらえる

配当金を受け取ることができない代わりに、配当金相当額をマネックス証券がお支払いします。

株主権利の取扱い

貸出した株券の権利について

特長4 いつでも売却できる

貸し出している最中も通常と同様に売却をすることができます。売却するためにわざわざ貸株から外す必要はありません

配当金や株主優待の取り扱いが変わるので注意しよう!

一定期間、ご自分で貸株残高から外す指示をすることで権利を取得することができます。また「配当金自動取得サービス・株主優待取得設定」をご利用いただくと便利です。

「株主優待取得設定」を利用しても、株主優待権利を取得できない場合があります。ご利用の際は、必ず「ご留意事項」をご確認ください。

貸株サービスの利用登録(無料)

貸株サービスのよくある疑問

手続きは簡単にできるの?

貸株サービスはウェブサイト上で申し込むだけで、翌営業日から自動的に貸出されます(営業日の21:00までに申し込んだ場合です。21:00を過ぎていた場合は、翌々営業日になります)。
貸株サービス利用中は、新しく買った株は自動的に貸株に出され、売却するときは自動的に解除されるため、特別な手続きは何もしなくても良いのです。
また、一部の株だけを貸し出すという指示を出すこともできます。
実際に貸株金利がつくのは、貸株サービス登録完了日の5営業日目からになります。

配当金はもらえるの?

権利確定日に株式を保有していた場合にもらえる「配当金」は受け取れません。その代わりに、マネックス証券が「配当金相当額」をお客様にお支払いします。具体的には、配当金支払月の翌月10営業日目にお客様の証券総合取引口座に入金します。
ただし配当金相当額は雑所得となるため、配当控除や上場株式等の譲渡損失との損益通算の対象とはなりません。
「配当金」を受取りたい場合は、配当金自動取得サービスをご利用いただくと便利です。

配当金自動取得サービス・株主優待取得設定

全ての株式が対象?

マネックス証券で株式取引が可能な銘柄は、原則として貸株サービスの対象です。但し、「マネックスグループ(8698)」や外国株式など一部の銘柄は対象外となります。

非対象銘柄

株主優待はもらえるの?

貸株サービスを利用すると、貸出した株式の所有権は貸出し先に移転するため、権利確定日(決算日等)を越えて貸株をされると株主優待権利を失うことになります。
株主優待取得設定」をご利用いただくか、一定期間、貸株残高から外す指示をすることで、権利を取得することができます。

指示のポイント

※ 「株主優待自動取得サービス」を利用しても、株主優待権利を取得できない場合があります。ご利用の際は、必ず「ご留意事項」をご確認ください。

リスクはないの?

貸株サービスをご利用の場合、お客様はマネックス証券の信用リスクを負うことになります。具体的には、貸株サービスをご利用中にマネックス証券が倒産した場合には、お客様はマネックス証券に株式の時価相当額の返還請求権を持つ一般債権者になります。また、投資者保護基金による保護対象にはなりません。

誰でも申し込めるの?

信用取引口座を開設している場合はご利用いただけません。投信積立専用口座をご開設の場合もご利用いただけません。

貸株サービス ご利用ルール・ご注意

※「貸借料(貸株金利)」のことを、ウェブサイト上での説明の中で、「貸株金利」や単に「金利」と表示する場合があります。

「貸株サービス」をはじめるには…

口座をお持ちの方は

ログインして貸株サービスに申し込む

※ログイン後、「貸株サービス」からお申込みください。

口座をお持ちでない方は

口座開設・資料請求はこちら(無料)お取引の流れはこちら

貸株サービスの利用登録(無料)