サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。

信用取引 保証金

保証金とは

保証金とは、信用取引で新規売買を行う際に必要となる担保金のことです。保証金には、現金のほかに株式や投資信託を保証金代用証券とすることができます。

保証金は現金および保有している株式・投資信託の時価額に一定の掛目をかけた評価額の合計で計算されます。

投資信託の対象銘柄は、国内株式投資信託(分配金受取コース)の銘柄に限られます。

代用証券の掛目

保証金代用証券は、前営業日の時価評価額に以下の掛目を乗じた額で計算されます。

区分 掛目
東京・名古屋各証券取引所1・2部上場銘柄
マザーズ・JASDAQ・セントレックス上場銘柄
80%
札幌・福岡各証券取引所上場銘柄(Q-Board、アンビシャス含む) 50%
投資信託( ※ ) 80%
上場投信・上場投資証券 80%

原則として、国内株式型投資信託のうち分配金受取コースの銘柄
公社債投信(当社取扱銘柄)は掛目85%

マネックスなら、信用取引の保証金代用証券として、投資信託(※)もご利用いただけます。対象銘柄を保有いただくと、自動的に信用取引の保証金代用証券となり、効率的な資産運用にご活用いただけます。

対象銘柄は、国内株式投資信託(分配金受取コース)の銘柄です。

必要な保証金額

信用取引を行うためには、最低で30万円超の保証金が必要です。また、建玉の30%に相当する保証金が必要になります。

必要な保証金率の例
信用取引で約定金額1,000万円(※)の買い建てをする場合、必要な保証金は300万円

「スタート信用」の場合は建玉上限金額は500万円となります。

追加保証金

追証が発生した場合の解消方法

建玉代金合計に対する実質的な保証金の割合(保証金維持率)が25%を下回った場合は、追加保証金の入金などにより、保証金維持率を30%以上に回復する必要があります。

条件 保証金維持率25%を下回った場合※ 保証金維持率20%を下回った場合 保証金額30万円を下回った場合
入金期日 翌々営業日 翌営業日
解消方法

以下のいずれかの方法により保証金維持率を30%にする。

  • 追加保証金の入金
  • 株価変動による代用証券、建玉評価損の減少
  • 一部建玉決済

以下のいずれかの方法により保証金維持率を30%にする。

  • 追加保証金の入金
  • 一部建玉決済

以下の方法により保証金額を30万円にする。

  • 追加保証金の入金

保証金維持率の「確定値」が30%を回復した場合について、追証は解消されます。「確定値」とは、夕方の値洗い処理後(17時頃)の概算値ではなく、翌朝にウェブサイトに表示される「確定値」を表します。
投資信託を代用証券として差し入れている場合、当該代用証券の評価時価の更新、評価額合計の再計算は翌朝5時頃に行われます。そのため概算値が30%以上となった場合でも、確定値が30%を下回る可能性がございますのでご注意ください。

 また、追証発生日の翌日に保証金維持率が20%を下回るか、もしくは保証金金額が30万円を下回った場合は、それぞれのルールに従い、解消する必要があります。

次へ(リスク管理)