サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。

リスク管理

信用取引のリスク管理

信用取引では持っている資金以上の取引ができるため、現物取引以上にリスク管理に注意した方が良いと言えます。

以下の2つを理解して、リスクを取り過ぎないようにしていきましょう。

レバレッジをかけることは必須ではない

高性能なレーシングカーも、運転技術を考えず、めいっぱいのスピードを出しては危険です。

信用取引も同様で、保証金の約3.3倍の取引ができるからといって、最大3.3倍の取引をめいっぱいする必要はありません。


逆指値を活用しよう

大きなリターンを追求できる信用取引は、反面、リスクも大きくなります。

マネックス証券では、万一の場合に損失がふくらまないようにするための仕組みとして、逆指値注文をご用意しております。

逆指値注文とは

銘柄Aの例

保証金を110万円持っている状態で、銘柄Aを購入した場合の例を見てみましょう。

銘柄Aの株価推移

2008/7/1に信用買いし、1,000株×2,815円=281.5万円の買い建玉を建てた状態

2008/7/8に株価2,715円まで下落(評価損が10万円発生)

2008/10/10に株価2,195円まで下落(評価損が62万円発生)

このケースでは実質保証金が必要保証金を下回り、かつ、保証金維持率が25%を下回ったため、36.45万円の追証が発生します。
追証が発生した場合、追加証拠金の入金などを行っていただくことにより、保証金維持率を30%以上に回復する必要があります。

保証金維持率 ・・・ (110-62)万円÷281.5万円×100= 17.05%

必要保証金 ・・・ 281.5万円×30%= 84万4,500円

追証発生額 ・・・ 84万4,500円-48万円= 36万4,500円

逆指値注文を使っていれば、損失を抑えられた相場です!→逆指値注文とは

パターン1 逆指値で利益確保を狙った場合

含み益が出たら、利益確保の逆指値を出しておきましょう。

2008/9/10に高値3,250円をつけたタイミングで200円下の3,050円に逆指値注文を出しておけば、23万5千円の利益を得ることができたはずです。

利益確保の方法を詳しく見る

パターン2 逆指値でリスク管理を行った場合

値上がりを期待して買い建てたので、約定と同時に100円下の2,715円に万が一に備えた売りの逆指値を出しておけば、10万円の損失で済んだはずです。

上記の例では、手数料・費用・税金は考慮していません。

逆指値を上手く使って、利益を確保しよう!

信用取引では、早めの損切りを心がけよう!

信用取引をはじめるには

信用取引は、マネックス証券の「証券総合取引口座」と「信用取引口座」の2つの口座を開設すると、ご利用いただけます。もちろんどちらも口座開設・維持費は無料です。

証券総合取引口座をお持ちでない方

[口座開設・維持費は無料]

証券総合取引口座をお持ちの方

信用取引アクティブ派の方にオススメ

ログイン後、信用取引口座申込画面へ遷移します

信用取引初心者の方にオススメ

ログイン後、「スタート信用」申込画面へ遷移します

信用取引では、元本(保証金)に比べ、取引額が大きくなる可能性があるため、価格の変動等により元本を上回る損失(元本超過損)が生じることがあります。信用取引を利用するときは、その仕組みをよく知り、お客様自身の判断と責任において行うようお願いいたします。

また、信用取引口座の開設には一定の審査がございます。審査の結果によっては開設できない場合もございますので、あらかじめご了承ください。

信用取引をはじめるには

信用取引口座をお持ちでないお客様は、まず、信用取引口座をお申込みください。開設後は、信用取引口座情報へのアクセスや信用取引画面へのログインができます。

信用取引アクティブ派の方にオススメ

信用取引口座申込画面へ遷移します

信用取引初心者の方にオススメ

「スタート信用」申込画面へ遷移します

信用取引では、元本(保証金)に比べ、取引額が大きくなる可能性があるため、価格の変動等により元本を上回る損失(元本超過損)が生じることがあります。信用取引を利用するときは、その仕組みをよく知り、お客様自身の判断と責任において行うようお願いいたします。

また、信用取引口座の開設には一定の審査がございます。審査の結果によっては開設できない場合もございますので、あらかじめご了承ください。