NISA

NISA(一般NISA)とは

NISA(一般NISA)とは、個人投資家のための税制優遇制度です。
3タイプあるNISAの中で1年間に投資できる金額が最も多いほか、購入できる商品のラインアップが豊富なため、思いどおりの運用を楽しむことができます。

↓お申込方法

目次

NISA(一般NISA)のメリット

メリット1:年間120万円まで非課税で投資できる

NISA(一般NISA)は年間で120万円まで投資が可能となっており、現在の非課税投資制度では、1年間に投資できる金額が大きいのが特長。

年間120万円まで非課税で投資できる

メリット2:運用できる商品の選択肢が多い

投資信託だけでなく、国内株式、米国株式、中国株式にも投資できます。

運用できる商品の選択肢が多い

メリット3:自分の好きなタイミングで投資できる

年間120万円の非課税枠の使い方は、お客様次第。毎月10万円ずつの積立でも、120万円を1回の取引で使い切ってもOK。

NISA(一般NISA)のデメリット

デメリット1:非課税期間が短い

運用益が非課税となる期間が5年と短く、長期の運用には適していません。

デメリット2:他の口座との損益通算ができない

NISA口座で発生した損失は、他の口座で保有する商品の譲渡益や配当金等と損益通算ができません。また、損失の繰越控除もできません。

損益通算・繰越控除とは

手数料

NISA口座の開設・維持費

諸費用
口座開設・管理・
維持費
無料(0円)
配当金受取方法の
登録・変更の手数料
「株式数比例配分方式」
「登録配当金受領口座方式」
無料(0円)
※ 配当金受取方法は証券総合取引口座で確認することができます。
※ 非課税口座(NISA口座・ジュニアNISA口座)で配当金等を非課税でお受取りになるには、「株式数比例配分方式」の登録が必要です。

株式手数料を恒久的に実質無料化

国内株式の売買手数料

国内株式売買手数料(単元株)

恒久的に 0

※ 単元未満株の売買手数料は、約定金額の0.5%(最低手数料 48円)(税抜)です。

米国株式・中国株式の売買手数料

NISA口座における米国株式・中国株式の手数料・費用は、課税口座と同じ扱いとなります。
ただし、買付時の国内取引手数料(税込)については、恒久的に全額キャッシュバックいたします。

国内取引手数料(税抜)
米国株式 約定代金の0.45%
(最低0米ドル~上限20米ドル)
中国株式 約定代金の0.25%
(最低45香港ドル~上限450香港ドル)

買付時の国内取引手数料は
恒久全額キャッシュバック!

実質 0

米国株の手数料・費用等

中国株の手数料・費用等

外国株買付時国内取引手数料キャッシュバックの詳細

投資信託に関する手数料

具体的な費用の料率、金額等は銘柄ごとに異なりますので、各ファンドのページにてご確認ください。なお、投信つみたてによる購入の場合は、購入時の申込手数料(税込)を全額キャッシュバックします。

投信つみたてが実質ノーロード ゼロ投信つみたて

※ NISA口座およびジュニアNISA口座(未成年者口座)は、マネックスポイントの付与対象外です。

その他詳細は手数料と費用をご確認ください。

こんな方にオススメ

投資経験がある方

対象となる商品が多く、年間の非課税枠も大きいため、投資経験があり、また手元にまとまった資金のある方にオススメです。

投資経験がある方

近い将来に運用の目的がある方

投資できる期間が5年(ロールオーバーにより最長10年)と、相対的に短いため、近い将来に住宅購入の頭金などの目的がある方にオススメです。

近い将来に運用の目的がある方

マネックス証券のNISAの魅力

手数料が・・・・・・・

NISA口座とジュニアNISA口座(未成年者口座)における国内株式の売買手数料(単元未満株を除く)は、恒久的に無料。
NISA口座における外国株式買付時の国内取引手数料(税込)は、恒久的に実質無料。

外国株式のラインアップが・・・・・・

米国株式は3,500銘柄以上!中国株式は香港市場のほぼ全銘柄を取扱い。(2019年10月現在)

投資信託のラインアップが・・・・・・

NISA口座にて買付可能な投資信託のラインアップは1,150本以上。(2019年10月現在)幅広い投資信託を取扱っています。

ご留意事項

NISA口座は1人1口座まで

銀行口座や証券口座は、1人で複数の金融機関にそれぞれ口座を持つことができますが、つみたてNISAを含むNISA口座は、1人1口座(1金融機関)でしか開設することができません。

他社で開設されているNISA口座をマネックス証券に移される場合

つみたてNISA/NISA(一般NISA)は選択制

つみたてNISAとNISA(一般NISA)は同じ年(1月~12月)に併用することはできません。

NISA(一般NISA)⇔つみたてNISAの変更

お申込方法

NISA(一般NISA)をはじめるには

一般NISAでのお取引には、マネックス証券の「証券総合取引口座」の開設が必要です。

証券総合取引口座をお持ちでない方

[口座開設・維持費は無料]

証券総合取引口座をお持ちの方

金融機関変更(一般NISA・つみたてNISAのみ)・再開設をしたいお客様

金融機関変更・再開設

NISA(一般NISA)をはじめるには

NISA(一般NISA)のお取引は、NISA口座を開設するとご利用いただけます。

[NISA口座開設・維持費は無料]

金融機関変更(一般NISA・つみたてNISAのみ)・再開設をしたいお客様

金融機関変更・再開設

お問合せは
「はじめてのお客様ダイヤル」へ

新規口座開設の手続き方法やマネックスのサービスについてのご質問にお答えします。

携帯・PHSから(通話料有料)

03-6737-1667

平日:8:00~17:00

固定電話から(通話料無料)

0120-430-283

NISA口座、ジュニアNISA口座の開設およびお取引に関するご留意事項

口座開設および金融機関変更に関して

・NISA口座、ジュニアNISA口座(未成年者口座)および課税未成年者口座は、同一年(1月~12月)において、1人1口座(1金融機関)までの開設となります。NISA口座は金融機関変更が可能ですが、ジュニアNISA口座および課税未成年者口座は不可となります。その年の買付けが既に行われている場合、金融機関変更はできません。また、NISA口座の残高を他金融機関へ移管することはできません。・NISA、つみたてNISAは選択制であり、同一年に両方の適用を受けることはできません。・ジュニアNISA口座および課税未成年者口座の開設には、親権者様(法定代理人)および未成年者ご本人様の証券総合取引口座の開設が必要です。マネックス証券では、当該親権者様のみがジュニアNISA口座および課税未成年者口座における運用管理者となることが可能です。

お取引に関して

・上場株式などの配当金等を非課税で受け取るためには、「株式数比例配分方式」をご選択いただく必要があります。・投資信託の分配金のうち特別分配金については従来より非課税です。・投資信託の分配金の再投資買付は非課税投資枠を使用します。超過している場合は分配金受取となります。・外国株のお取引にはNISA口座および外国株取引口座の開設が必要です。ジュニアNISA口座における外国株の取扱いは未定です。・年間の非課税投資枠はNISAが120万円、つみたてNISAは40万円、ジュニアNISAは80万円となります。売却しても非課税投資枠は再利用できません。また、非課税投資枠の残額(未使用分)は翌年以降に繰り越せません。・NISA口座およびジュニアNISA口座で発生した損失は、特定口座・一般口座で保有する商品の譲渡益や配当金等と損益通算できず、また繰越控除もできません。・NISA口座およびジュニアNISA口座および課税未成年者口座に関する取引報告書や取引残高報告書等の書面は、すべて電子交付サービスでのご提供となります。

その他

マネックス証券におけるNISA、つみたてNISA、ジュニアNISA取扱商品や、その他の口座開設およびお取引に関するご留意事項につきましては、当社ウェブサイトにてご確認ください。

その他のご留意事項