1. 市況レポート

アナリスト夜話(やわ)

大槻 奈那

チーフ・アナリスト大槻 奈那が、金融市場でのさまざまな出来事を女性目線で発信します。

大槻 奈那 プロフィール

第30回 北朝鮮の軍事技術力のレベルとその狙い

この週末、9月9日の北朝鮮建国記念日は結局何事もなく通過し、世界中が胸をなでおろしたことでしょう。

それにしても、北朝鮮の軍事技術というのはどの程度なのでしょうか。現在、核兵器の保有を宣言しているのは、「核クラブ」と呼ばれる米、露、英、仏、中、印、パキスタン、北朝鮮の8カ国です。

一方、自国の衛星を打ち上げた国、いわゆる「宇宙クラブ」には、米、露、英、仏、日、中、印、イスラエル、イラン、北朝鮮、韓国の11カ国が名を連ねています。

これらをみると、大国以外で「宇宙クラブ」と「核クラブ」の両方に入っている国は北朝鮮のみです。北朝鮮は、軍事科学力では、世界有数ということになります。GDPはわずか160億ドル(1.7兆円)で、世界116位の国にそこまでの力が得られたのはなぜなのでしょうか。

原子爆弾やロケットの物理学上の原理は100年前にわかっていて、しかも高度なナノテクノロジーなどは必要ありません。このため、実は、少数の技術者の工夫で開発できるようです。

北朝鮮の軍事技術開発のリーダーは、"天才"と称される金正植(キムジョンシク)という50歳代の科学者です。この人物を含む少数の開発チームを、平壌中心部の「未来科学者通り」という区画の高層マンションに無償で住まわせるなど厚遇しているようです。

爆弾やミサイルは、超最先端の科学技術が必要ない割に心理的効果が大きいため、こうした少数の研究開発者の厚遇で、効率的に世界に威力を示すことができます。今のところ、北朝鮮の相次ぐミサイル発射は、攻撃それ自体よりも、世界に脅威を示し国民の求心力を高めることが主眼なのかもしれません。

とはいえ、今の進歩速度を考えると、アメリカに届くミサイルを完成させるのは時間の問題でしょう。いずれにしても、何らかの和平に向けた対話が行われるまでは、警戒度を上げておくことが重要だと思われます。

【お知らせ】「メールマガジン新潮流」(ご登録は無料です。)

チーフ・ストラテジスト広木 隆の<今週の相場展望>とコラム「新潮流」とチーフ・アナリスト大槻 奈那が金融市場でのさまざまな出来事を女性目線で発信する「アナリスト夜話」などを毎週原則月曜日に配信します。

コラムをお読みになったご感想・ご意見をお聞かせください。
ご質問の場合は、「コラム名」を明記のうえ、以下より投稿してください。

過去のコラム


マネックスレポート一覧

当社の口座開設・維持費は無料です。口座開設にあたっては、「契約締結前交付書面」で内容をよくご確認ください。
当社は、本書の内容につき、その正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。記載した情報、予想および判断は有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。
提供する情報等は作成時現在のものであり、今後予告なしに変更または削除されることがございます。当社は本書の内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。本書の内容に関する一切の権利は当社にありますので、当社の事前の書面による了解なしに転用・複製・配布することはできません。内容に関するご質問・ご照会等にはお応え致しかねますので、あらかじめご容赦ください。