1. 市況レポート

アナリスト夜話(やわ)

大槻 奈那

チーフ・アナリスト大槻 奈那が、金融市場でのさまざまな出来事を女性目線で発信します。

大槻 奈那 プロフィール

第28回 CoCo債価格急落は「炭鉱のカナリア」?

先週、銀行債に突然異変が起こりました。年初来、銀行債の価格は財務の改善で、ほぼ一貫して上昇し続けてきました。ところが、先週後半から、世界の銀行の債券価格が下落(取引利回りは上昇)し始め、株式もやや下落しています。

特に売られているのが、銀行債のなかでもCoCo債と呼ばれる、資本に近い永久債です。Contingent Convertible Bondの略で、銀行の資本が劣化すると株式に強制的に転換されたり、価値がゼロになったりするという高リスク債です。
その代わり利回りが高いので、「バンク・キャピタル・ファンド」などの投信に組み込まれ、マイナス金利下の日本でも、地銀や個人に人気を博しています。


例えば、ドイツ銀行が2014年11月に発行したCoCo債の場合、年初来価格は上昇・利回りは低下し続けましたが、先週初頭に反転し、利回りは約60bpも上昇しました。金融情報のフィナンシャル・アドバイザリー・サービス社によれば、先週末は、CoCo債だけでなく、一部の米国のジャンク債の利回りも急落したようです。

景気サイクルの中で、回復期に先行して上昇するのが株式です。一方、後退期に真っ先に下落するのが、こうした高リスク債券です。かつて、炭鉱の危機を察知するために、カナリアが使われましたが、金融・クレジット市場でその役割を果たすのがこれらの高リスク債です。

世界の総債務残高は、世界金融危機以降、平均年518兆円ずつ増え、1京8,000兆円という天文学的数字に膨れ上がりました。金利の上昇で企業の利払い負担も上昇し始めました。今回は、夏場の薄い市場に大口の利食いが出ただけの、一時的な動きである可能性もありますが、炭鉱のカナリアの鳴き声にもそろそろ注意を払い始めた方がいいかもしれません。

【お知らせ】「メールマガジン新潮流」(ご登録は無料です。)

チーフ・ストラテジスト広木 隆の<今週の相場展望>とコラム「新潮流」とチーフ・アナリスト大槻 奈那が金融市場でのさまざまな出来事を女性目線で発信する「アナリスト夜話」などを毎週原則月曜日に配信します。

コラムをお読みになったご感想・ご意見をお聞かせください。
ご質問の場合は、「コラム名」を明記のうえ、以下より投稿してください。

過去のコラム


マネックスレポート一覧

当社の口座開設・維持費は無料です。口座開設にあたっては、「契約締結前交付書面」で内容をよくご確認ください。
当社は、本書の内容につき、その正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。記載した情報、予想および判断は有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。
提供する情報等は作成時現在のものであり、今後予告なしに変更または削除されることがございます。当社は本書の内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。本書の内容に関する一切の権利は当社にありますので、当社の事前の書面による了解なしに転用・複製・配布することはできません。内容に関するご質問・ご照会等にはお応え致しかねますので、あらかじめご容赦ください。