サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。

お客様からのご意見・ご要望への回答

先物・オプション(詳細)※掲載順

日経225Weeklyオプション、JPX日経インデックス400先物を追加してほしい。 2016年8月10日

日経225Weeklyオプション、JPX日経インデックス400先物を追加してほしい。

対応済み7月19日より、日経225Weeklyオプション、JPX日経インデックス400先物を追加いたしました。


先物取引専用のスマートフォン向けアプリを作ってほしい。2013年5月31日

先物取引専用のスマートフォン向けアプリを作ってほしい。

対応済みこの度、スマートフォン向け先物取引の専用アプリをリリースいたしました。

本アプリでは日経225先物と日経225ミニの注文ができます。

その他にも5つの主要指数や各種マーケット情報、8つのテクニカルチャート、ニュースなどをご提供、いつでもどこでも簡単に先物取引ができます。

先物・オプション取引口座をお持ちのお客様は無料でご利用いただけますので、この機会にぜひお試しください。


先物・オプション取引の損益を簡単に確認できるようにしてほしい。2012年6月29日

先物・オプション取引の損益を簡単に確認できるようにしてほしい。

対応済み先物・オプション取引の損益把握や確定申告の利便性向上のため、2012年2月より提供を開始した「実現損益照会」画面は、お客様より大変ご好評をいただいております。今回、期間(日付)指定の照会機能、CSV出力機能などを追加し、更に便利にご利用いただけるようになりました。是非、お取引損益の計算等にお役立てください。


先物・オプション取引の年間損益を集計して表示してほしい2012年2月29日

先物・オプション取引の年間損益を集計して表示してほしい。

対応済みお客様のご要望にお応えして、先物・オプションの2011年の取引分について、実現損益を集計して確定申告をサポートする機能をリリースいたしました。 さらに、今後は期間指定の実現損益集計などサービス拡充を検討しております。ご期待ください!


携帯サイトから先物取引の複数気配が見れるようにしてほしい2011年6月28日

携帯サイトから先物取引の複数気配が見れるようにしてほしい。

対応済みお客様のご要望にお応えして、携帯電話からも先物取引の板情報(複数気配)をご覧いただけるように対応いたしました。
マネックス証券の先物・オプション取引の手数料は業界最低水準。ぜひお取引をご検討ください。

先物・オプショントップ


先物取引の建玉指定の際に、「安い方から」など優先順位を選べるようにしてほしい2010年9月7日

先物取引の建玉指定の際に、「安い方から」など優先順位を選べるようにしてほしい。

対応済み8月6日より先物・オプション取引の「決済建玉指定」画面に決済順序ボタンを追加し、条件を選んで簡単に優先順位をつけていただくことが可能となりました。


先物・オプション取引の注文上限枚数を引き上げてほしい2010年8月5日

先物・オプション取引の1回あたりの注文上限枚数を引き上げてほしい。

対応済み先物・オプション取引で、より大きな収益機会を期待するお客様のご要望にお応えするため、注文上限数を変更いたしました。


先物・オプション取引の逆指値注文を現物株式と同様の仕組みにして欲しい2010年2月5日

先物・オプションの逆指値注文でトリガー条件が成立した時は、指値注文もできるようにして欲しい。

対応済み逆指値注文でトリガー条件が成立した時は、指値注文もできるようになりました。 また、これまでにマネックス証券にお寄せいただいた先物・オプション取引に関する様々なご要望にお応えして、先物・オプション取引が1月25日にリニューアルいたしました。


先物・オプション手数料をまた半額にして欲しい2007年10月12日
(2008年4月14日更新)

先物・オプション手数料について、また半額などの投資家に有利なキャンペーンをして欲しい。

対応済み半額ではありませんが、イブニングセッションの開始を記念して、2007年9月18日(火)からミニ日経225先物が一枚105円(税込み)になるなど、お得な先物・オプションキャンペーンを実施してきましたが、2008年4月1日から、この業界最低水準のキャンペーン手数料を正規料金化いたしました。この機会に是非ご利用をご検討ください。


ミニ先物を取扱って欲しい2006年8月24日

先物のミニを取扱って欲しい。

対応済み2006年8月7日(月)より、取扱いを開始しました。詳しくは最新情報「先物・オプション取引「ミニ日経225」の取扱いを開始しました」をご覧ください。


回答一覧

お客様からの声への当社の取り組みについて