日経225先物・ミニの取引手数料を大幅引き下げ

日経225先物・ミニの取引手数料を大幅引き下げ

2019年8月13日(火)のお取引より、先物取引において「日経225先物」「日経225ミニ」の取引手数料を引き下げました。

日経225先物・ミニの取引手数料を大幅引き下げ

2019年8月13日(火)日中立会のお取引より、先物取引において「日経225先物」の取引手数料を1枚につき250円(税抜)に、「日経225ミニ」の取引手数料を1枚につき35円(税抜)に引き下げました。

日経225先物 330円→250円

日経225ミニ 50円→35円

主要ネット証券の手数料比較

2019年8月8日時点、主要ネット証券(※1)における2商品の取引手数料は以下のとおりです。

表.主要ネット証券における2商品の取引手数料(税抜)(※2、3)

日経225先物 日経225ミニ
当社 250円 35円
SBI証券 250円 35円
楽天証券 278円 38円
松井証券 300円 40円
カブドットコム
証券
300円 38円
GMOクリック
証券
260円 37円

※1本コンテンツの内の主要ネット証券は、SBI証券、楽天証券、松井証券、カブドットコム証券、GMOクリック証券、マネックス証券を指します。

※2記載の情報は、2019年8月8日に当社が確認した情報です。詳細は各社のウェブサイトにてご確認ください。

※3各社の取引手数料は大阪取引所立会での通常取引の手数料です。

併せて、証拠金率も見直します

また、必要証拠金に関する掛け目も、2019年8月13日(火)夜間立会より、原則1.0倍(※4)に変更いたします。

必要証拠金に関する掛け目 原則1.0倍

※4指数の変動状況などを考慮の上、当社は証拠金額に対する掛け目を任意で設定し、変更することがあります。現在の掛け目については、先物オプション取引口座の余力照会画面にてご確認ください。

先物って、いくらから取引できるの?

(ⅰ)日経225先物の場合

「日経225先物」は、日経平均株価(日経225)の1,000倍を1枚とします。
必要証拠金は、日本証券クリアリング機構が1週間ごとに定めるSPANに対して当社が定めた掛目をかけた金額となります。

以下、2019年7月30日時点の数値

  • SPAN証拠金額:690,000円
  • 当社の実際の掛け目:1.9倍
  • 日経225:21,570円

で算出。

必要証拠金

変更前:690,000円 × 1.9倍 = 1,311,000円

変更後:690,000円 × 1.0倍 = 690,000円

最低取引金額(1枚)

21,570円 × 1,000倍 = 21,570,000円

(ⅱ)日経225ミニの場合

「日経225ミニ」は、日経平均株価(日経225)の100倍を1枚とします。
必要証拠金は、日本証券クリアリング機構が1週間ごとに定めるSPANの10分の1に対して当社が定めた掛目をかけた金額となります。

以下、2019年7月30日時点の数値

  • SPAN証拠金額:690,000円
  • 当社の実際の掛け目:1.9倍
  • 日経225:21,570円

で算出。

必要証拠金

変更前:690,000円 ÷ 10 × 1.9倍 = 131,100円

変更後:690,000円 ÷ 10 × 1.0倍 = 69,000円

最低取引金額(1枚)

21,570円 × 100倍 = 2,157,000円

マネックス証券の先物・オプション取引

マネックス証券の先物・オプション取引では、スピード注文、投資情報、分析機能、速報ニュースなどを備えた無料の高機能ツール「マネックストレーダー」や、先物取引専用スマートフォンアプリ「マネックストレーダー先物 スマートフォン」をご利用いただけます。

先物・オプションの詳細

先物・オプションの詳細

先物・オプション取引をはじめるには

先物・オプション取引は、マネックス証券の「証券総合取引口座」と「先物・オプション取引口座」の2つの口座を開設すると、ご利用いただけます。もちろんどちらも口座開設・維持費は無料です。

証券総合取引口座をお持ちでない方

[口座開設・維持費は無料]

証券総合取引口座をお持ちの方

ログイン後、先物・オプション取引口座申込画面へ遷移します

先物・オプション取引は、大きなリターンが見込める反面、大きな損失を被る可能性もあるハイリスク・ハイリターンな取引で全てのお客様の投資運用に適合するものではございません。お客様によっては、投資商品として適合しない場合がございますのでご注意ください。お取引にあたっては、「先物・オプション取引規定」「指数先物・オプション取引に係る契約締結前交付書面」「先物・オプション取引ルール」「先物・オプション取引口座設定約諾書」をよくお読みになり、ルール・リスク等を十分にご理解していただく必要がございます。

また、先物・オプション取引口座の開設には一定の審査がございます。審査の結果によっては開設できない場合もございますので、あらかじめご了承ください。

先物・オプション取引をはじめるには

先物・オプション取引口座をお持ちでないお客様は、まず、先物・オプション取引口座をお申込みください。開設後は、先物・オプション取引口座情報へのアクセスや先物・オプション取引画面へのログインができます。

先物・オプション取引口座をお持ちでない方

先物・オプション取引口座申込画面へ遷移します

先物・オプション取引は、大きなリターンが見込める反面、大きな損失を被る可能性もあるハイリスク・ハイリターンな取引で全てのお客様の投資運用に適合するものではございません。お客様によっては、投資商品として適合しない場合がございますのでご注意ください。お取引にあたっては、「先物・オプション取引規定」「指数先物・オプション取引に係る契約締結前交付書面」「先物・オプション取引ルール」「先物・オプション取引口座設定約諾書」をよくお読みになり、ルール・リスク等を十分にご理解していただく必要がございます。

また、先物・オプション取引口座の開設には一定の審査がございます。審査の結果によっては開設できない場合もございますので、あらかじめご了承ください。

先物・オプション取引に関する重要事項

<リスク>

株価指数先物取引および株価指数オプション取引の価格は、対象とする株価指数の変動等により上下するため、これにより元本損失が生じることがあります。株価指数先物取引では、少額の証拠金で当該証拠金の額を上回る取引を行うことができることから、対象とする株価指数の変動等により、差し入れた証拠金の額を上回る損失(元本超過損)が生じることがあります。株価指数オプション取引では、買方が期限までに権利行使または転売を行わない場合、権利は消滅します。この場合、買方は投資資金の全額を失うことになります。他方、売方は、証拠金の額を上回る取引を行うこととなるため、市場価格が予想と反対の方向に変化したときの損失が限定されず、元本超過損を負うおそれがあります。オプションを行使できる期間には制限がありますのでご注意ください。

<手数料等(税抜)>

日経225先物取引では1枚あたり250円、日経225ミニは1枚あたり35円、JPX日経400先物は1枚あたり50円の取引手数料がかかります。日経225オプション取引では、売買代金の0.18%(ただし最低手数料180円)の取引手数料がかかります。なお、特別清算指数(SQ)で決済される時や日計り取引時にも前記手数料がかかります。

<証拠金>

株価指数先物取引および株価指数オプション取引(売建て)では、「SPAN(R)に基づき当社が計算する証拠金額×当社が定めた掛け目(※)-ネットオプション価値の総額」の証拠金を担保として差入れまたは預託していただきます(※当社は、指数の変動状況などを考慮の上、証拠金額に対する掛け目を任意で設定し、変更することがあります)。また、取引額の当該証拠金に対する比率は、証拠金の額がSPAN(R)により、先物取引全体の建玉から生じるリスクに応じて計算されることから、常に一定ではありません。

<その他>

お取引の際は、当社ウェブサイトに掲載の「契約締結前交付書面」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。