サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。

お客様からのご意見・ご要望への回答

口座管理(詳細)※掲載順

2016年7月13日売却損益明細を見やすくしてほしい。

ご案内売却損益明細の期間指定(受渡日)の初期表示値を当年1月からに変更しました。
今後、配当金等の合計額や月別の譲渡損益額および還付額の表示等、順次対応する予定です。

売却損益明細に関するお客様要望の対応状況(6月2日最新情報)


2016年1月13日債券・外貨建てMMFの売却損益を画面で確認したい。

債券・外貨建てMMFの売却損益を画面で確認したい。

対応済み2015年12月31日より債券・外貨建てMMFの売却損益を画面上でご確認いただけるようになりました。

「譲渡履歴」等の画面リニューアルのお知らせ(12月22日最新情報)


2015年6月10日NISA口座で保有する残高についても、証券総合取引口座の残高照会画面で
確認できるようにしてほしい。

NISA口座で保有する残高についても、証券総合取引口座の残高照会画面で確認できるようにしてほしい。

対応済み5月28日より、証券総合取引口座の残高照会画面で、NISA口座の残高(外国株のNISA残高は除く)を確認できるようになりました。


2015年3月11日債券の電子交付サービスの画面推移が分かりづらいので、分かり易くしてほしい。

債券の電子交付サービスの画面推移が分かりづらいので、分かり易くしてほしい。

対応済み2月27日より、国内株式、投資信託の電子交付サービス画面に、債券の電子交付ページへのリンクを追加いたしました。


2012年1月31日届出印が分からず住所変更ができない不便を解消してほしい。

届出印が分からず住所変更ができない不便を解消してほしい。

対応済み2012年1月17日(火)より氏名変更および住所変更のお手続きは、お届印以外の印鑑(ゴム印、シャチハタ不可)でも承れることとなりました。スムーズな住所変更手続きが可能となりました。

※ 変更後の住所が確認できる証明書類を受け入れ、かつ、変更後の住所宛に、変更手続き完了の通知を転送不要郵便でお届けすることにより、「認印」でも手続を可能とするものです。


2011年11月30日保有している株式の合併、株式移転、株式交換、併合を知らせてほしい

保有している株式の合併、株式移転、株式交換、併合を知らせてほしい

対応済み2011年11月1日より、合併、株式移転、株式交換、株式併合等の株式情報ページに掲載されている非存続銘柄を保有している場合、残高照会画面にその銘柄情報を表示する機能を追加しました。


2010年8月5日中国株の取引に関する書類をウェブで確認できるようにしてほしい。

中国株の取引に関する書類をウェブで確認できるようにしてほしい。

対応済み中国株取引の「取引報告書」や「取引残高報告書」など、確定申告等で必要となる書類をウェブサイト上で確認できる「電子交付サービス」の取扱いを5月より開始いたしました。ご利用いただく場合は、当社ウェブサイト上で取引書類の交付方法を「郵送交付」から「電子交付」に変更していただく必要がございます。(利用料無料)

詳細はこちら


2010年8月5日残高照会画面の上部に出ている広告が邪魔です。

残高照会画面の上部に出ている広告が邪魔なので表示しないでほしい。残高照会画面をプリントアウトすると紙を余計に使ってしまいます。

対応済みバナー広告の右上に「×」ボタンを設定しました。一度ご覧いただいたバナー広告は「×」ボタンをクリックしていただくことにより次回以降は表示されることがなくなります。


2010年8月5日ゆうちょダイレクトの手数料を無料にしてほしい。

即時入金サービスの「ゆうちょダイレクト」の手数料も無料にしてほしい。

対応済み「ゆうちょダイレクト」による即時入金サービスの振込手数料をご要望にお応えし5月1日より無料(当社負担)にいたしました。


2010年8月5日加入者口座コードがわかるように画面に載せてほしい。

加入者口座コードがわかるように画面に載せてほしい。

対応済み株式移管に必要な「加入者口座コード」をお客様のMY PAGE→口座管理・残高照会→登録内容の確認・変更画面で確認ができるようになりました。


2010年3月5日特定管理口座の契約状況をもっとわかりやすく表示してほしい。

特定管理口座の契約状況をもっとわかりやすく表示してほしい。

対応済み2010年1月より、「源泉徴収あり」の特定口座において上場株式等の配当等を受入れることができるようになりました。これに伴い、特定口座画面(MYPAGE→口座管理・残高照会→特定口座)をリニューアルし、特定口座の契約状況が確認しやすくなりました。

対応済み2010年1月より、「源泉徴収あり」の特定口座において上場株式等の配当等を受入れることができるようになりました。これに伴い、特定口座画面(MYPAGE→口座管理・残高照会→特定口座)をリニューアルし、特定口座の契約状況が確認しやすくなりました。

特定口座画面リニューアルのお知らせ


2010年1月19日中国株のパスワードがゼロなのかオーなのかわかりづらい。

中国株の初期パスワードに「0」(ゼロ)が入っていると、ゼロなのか「O」(オー)なのかわからない。

対応済みアルファベットと数字の判別がつくように、パスワードの下にフリガナを表示しました。


2009年4月23日配当金の自動受取サービスを行って欲しい。

配当金の自動受取サービスを行って欲しい。

対応済みマネックス証券では、ウェブサイト上で配当金の受取方法を選択できるサービスを開始いたしました。
マネックスの証券口座での受取や指定した銀行口座での受取など、より便利になった配当金の受取方法をウェブサイト上から簡単に変更できます。

配当金の受取方法をウェブサイトから変更できます


2008年11月27日マイページのお預り資産評価額を、
表示・非表示選択ができるとありがたい。

マイページのお預り資産評価額を、表示・非表示選択ができるとありがたい。

対応済み2008年11月7日より、マイページのお預り資産評価額を非表示にすることができるようになりました。周囲に第三者がいる状況でも、お預り資産評価額の欄を気にすることなくマイページにアクセスできます。

マイページのお預り資産評価額を非表示にできます


2008年2月25日特定口座開設書類を請求する際に、一般口座の株式の扱いも分かるようにして欲しい。

特定口座開設書類をウェブサイトから請求し開設できたが、一般口座にある株式は自動的に特定口座へ移管されると思っていた。特定口座を開設すれば、一般から特定への移管も予想できるので、資料請求時に「一般口座からの移管には別途手続が必要」との説明が分かるようにあって然るべきではないですか。

対応済み特定口座開設書類の請求画面に、一般口座で保有している分は別途移管申請が必要なことを記載いたしました。


2007年8月28日印鑑変更書類の説明を分かりやすくして欲しい。

届出印を紛失したため、印鑑変更手続きの検索及び確認方法を調べたが、ログイン前後で回答が変わり、印鑑変更書類の説明がわかりづらかった。分かりやすくして欲しい。

対応済み説明がわかりづらく申し訳ありませんでした。ご指摘を頂き、早速キーワード検索で簡単に印鑑変更手続きの説明をご覧いただけるようにし、説明文も分かりやすくしました。


2007年6月21日保有銘柄の並び替えができるようにして欲しい。

残高照会画面で、保有銘柄の並び替えができたり、カテゴリー別にわけることができるようにしてほしいです。保有数が多くなると、非常に見にくいです。

検討結果残高照会画面での対応ではございませんが、ダウンロード型リアルタイム・トレーディングツール「マネックストレーダー」シリーズで、銘柄名だけでなく市場や評価損益等でのソートが可能です。
マネックストレーダー」は無料でご利用いただけますので、是非、ご活用ください。


2007年4月16日買付金額に対する値上がり・値下がり率を表示してほしい。

口座管理画面にて評価損益が表示されていますが、買付金額に対する値上がり・値下がり率のパーセンテージを表示してほしい。

対応済み2007年4月16日にリリースしたマネックストレーダーで同機能が提供されています。是非ご活用ください。


2006年12月13日タンス株を入庫したら知らせて欲しい。

タンス株をマネックス証券で入庫したら、知らせていただくと安心します。連絡をいただけないでしょうか。

対応済みタンス株券入庫のお客様に対し、お客様からの書類を受付けた日の夕方頃にメッセージボードへその旨を掲載すると同時に、メッセージ掲載をお知らせするメールを送信する運用を開始いたしました。


2006年9月27日マネックス証券で買った銘柄の簡易出入庫を簡素化して欲しい。

一般口座から特定口座への簡易出入庫について、マネックス証券で買った銘柄なのに、一筆添えたり、取引報告書をプリントアウトしなくてはいけないのは非常に手間がかかります。もっと簡素化できないでしょうか。

検討結果一般口座にある残高がどこでどのように取得されたかに関わらず、「取得日・取得価額を記載させた書類とその内容を証明する確認書類」が必要と、租税特別措置法・所得税法等に定められていて例外規定はありません。そのため、当社で購入された残高であっても簡略化を図ることは出来ません。ご面倒ですが所定の手続きをお願いいたします。


2006年9月27日年間取引報告書を再発行して欲しい。

年間取引報告書を再発行して欲しい。

対応済み9月から、お客様からのご依頼にもとづき個別に再発行ができるようになりました。


2006年9月13日TOB情報を、保有者に知らせて欲しい。

ある銘柄のTOBについて、他の証券会社ではまだ間に合うと言われたのに、マネックス証券では受付が終了していた。その株式を持っている人にはマネックス証券から事前に、何らかの方法で受け付け締め切りなどの情報を知らせてほしい。きめ細かい連絡も運用のリターンを上げるためにマネックスができることではないですか。

対応済みTOB、上場廃止等の特別な情報については、その株式を保有しておられる個々のお客様のメッセージボードに応募方法の手順や注意点を掲載するようにしました。また、メッセージボード掲載と同時に該当するお客様へ、メッセージボードをご覧頂くようお知らせするメールの配信も行うようにしました。


2007年8月17日更新住所変更書類を新住所に送るようネット上でリクエストしたい。

引越し後に住所変更届の送付を希望する場合に、コールセンターでの受付だけでなく、インターネットからも新住所を入力しての請求ができるようにして欲しい。

対応済み「登録内容の確認・変更」画面をリニューアルいたしました。これまで、お客様のご登録情報の変更手続きには変更届の提出が必要でしたが、リニューアルにより、お客様のご連絡先や勤務先、内部者情報などがウェブサイト上で変更できるようになりました。住所変更につきましても、「登録内容の確認・変更」画面の「名前・住所」の「更新」ボタンをクリックいただき、新住所をご登録の上送付先を新住所にご指定いただければ手続き書類をお送りいたします。住所変更をされた際はご利用ください。

「登録内容の確認・変更」画面リニューアル


2006年8月24日出金用振込先指定口座変更届の記入欄がわかりづらい。

出金用振込先指定口座変更届が送られてきたが、記入欄に「口座番号」の表記箇所が2箇所ある。一方がマネックス証券の口座番号のことならそのように区別して表示して欲しい。

対応済み紛らわしい表記になっていて申しわけありませんでした。2006年4月にご指摘の箇所は「当社口座番号」の表記に改訂いたしました。


2006年11月14日取引残高報告書の発行時期が1、4、7、10月では不便です。

取引残高報告書の発行時期が1、4、7、10月では不便です。

対応済み平成18年から取引残高報告書の作成時期を、3、6、9、12月末作成に統一しました。郵送する書面だけでなく、ウェブサイト上での電子交付も同様に変更しました。
詳細は、ウェブサイト上の「商品サービス一覧」→「電子交付サービス(サービス対象一覧)」をご覧ください。


2006年10月31日残高照会画面が見づらい。

残高照会画面が見づらい。

対応済みお客様により快適にお取引いただくため、2006年10月20日にリニューアルしました。

詳細


2005年6月24日株式の買付限度額がわからない。

株式の買付限度額がわからない。

対応済みご要望にお応えして、6月24日より、ログイン後MY PAGEにお客様の「買付限度額」を表示するようにいたしました。これとあわせ、MY PAGEのレイアウトをより見やすく使いやすくリニューアルしました。

リニューアル後の画面はこちらをご覧ください


2005年6月17日残高照会画面の取得単価が四捨五入でなく切捨表示になっている。

残高照会画面の取得単価が四捨五入でなく切捨表示になっている。

検討結果現在、小数部は非表示(切捨て表示)しておりますが、損益は小数部を加味して計算しています。このため、損益表示は、取得単価を四捨五入してしまうよりも実際の損益に近い値となっています(端数処理の関係で一致しない場合もあります。)のでこのままとさせていただきます。
ただし、特定口座でお預りしている残高については取得単価の端数処理を切り上げるよう変更し、その取得単価をもとに譲渡損益を計算します。


2005年5月17日特定口座譲渡履歴画面が見づらい。

特定口座譲渡履歴画面が見づらい。

検討結果「特定口座譲渡履歴」画面の表示が2段に分かれることについては、スペースの問題もあり、慎重に検討しています。「口座管理」→「取引履歴・損益」→「取引履歴」画面は1行表示となっています。また、旧マネックス証券の口座をお持ちのお客様には「取引履歴」画面より「全取引履歴」のcsvダウンロードがご利用いただけます。旧日興ビーンズ証券の口座をお持ちのお客様は、合併以降の履歴のみダウンロードが可能です。


2005年6月6日残高照会画面で「時価更新」ボタンをクリックしないと時価をリアルタイム表示せず面倒。

残高照会画面で「時価更新」ボタンをクリックしないと時価をリアルタイム表示せず面倒。

対応済みお客様からのご要望にお応えして、「残高照会」画面を表示したときにリアルタイムの時価で評価額が計算されるように修正しました。


2005年5月17日MMFの残高が株式の買付限度額に算入されない。

MMFの残高が株式の買付限度額に算入されない。

ご案内恐れ入りますが、マネックス・ビーンズ証券では、お預り金とMRFのみを買付限度額として計算します。MMFの残高を株式の買い代金に充てたい場合は、株式注文前にMMFの売却をしていただきますようお願いします。


回答一覧

お客様からの声への当社の取り組みについて