サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。

お客様からのご意見・ご要望への回答

投資信託(詳細) ※掲載順

2016年8月10日フィデリティ・USリート・ファンドA/Bの申込手数料をノーロード(申込手数料0円)にしてほしい。

フィデリティ・USリート・ファンドA/Bの申込手数料をノーロード(申込手数料0円)にしてほしい。

対応済み7月20日15時30分(NISA口座においては14時)以降のお申込み受付分より、フィデリティ・USリート・ファンドA/Bの申込手数料をノーロード(申込手数料0円)といたしました。

フィデリティ・USリート・ファンドがノーロード化!(7月20日最新情報)


2015年5月11日外貨建てMMFの取扱い通貨を増やしてほしい。

外貨建てMMFの取扱い通貨を増やしてほしい。

対応済み4月5日より、新たにニュージーランドドル建て・カナダドル建ての外貨建てMMFのお取扱いを開始いたしました。

外貨建てMMFにニュージーランドドル・カナダドルが登場! (4月5日最新情報)


2015年3月9日DC向けインデックスファンドを取扱いしてほしい。

DC向けインデックスファンドを取扱いしてほしい。

対応済み 2月8日より順次、三井住友アセットマネジメントの確定拠出年金(DC)向けインデックスファンド、8ファンドのお取扱いを開始いたしました。

三井住友アセットDC向けファンド 取扱開始(2月12日最新情報)


2016年3月9日ピクテの「iTrust」シリーズを取扱いしてほしい。

ピクテの「iTrust」シリーズを取扱いしてほしい。

対応済みピクテのインターネット専用ファンド「iTrust」シリーズの取扱いを開始いたしました。

信託報酬を抑えたアクティブファンドが遂に登場。「iTrust」(2月8日最新情報)


2015年11月11日レバレッジの高い投資信託を取り扱ってほしい。

レバレッジの高い投資信託を取り扱ってほしい。

対応済み日本最大(※)のレバレッジファンド「楽天日本株4.3倍ブル」の取り扱いを開始いたしました。
(※)2015年10月現在、マネックス証券調べ
また、「下げ相場の時、保有している株式や投資信託の価格下落リスクを回避したい」、「上昇相場だけでなく、下げ相場でも収益を狙いたい」という方向けに、「楽天日本株トリプル・ベアⅡ」の後継ファンド、「楽天トリプル・ベアⅢ」の取り扱いも開始いたしました。

日本株最大倍率「楽天日本株4.3倍ブル」登場(10月23日最新情報)


2015年11月11日ノーロード投資信託を増やしてほしい。

ノーロード投資信託を増やしてほしい。

対応済み2015年10月27日お申し込み分より、計8本のファンドがノーロード(申込手数料0%)でご購入いただけるようになりました。

USハイインカム・ストラテジーなど計8ファンドがノーロードに!(10月26日最新情報)


2015年9月9日「i-mizuhoインデックスシリーズ」を取扱銘柄に追加してほしい。

「i-mizuhoインデックスシリーズ」を取扱銘柄に追加してほしい。

対応済み2015年8月7日(金)より、世界最大級の資産運用会社、ブラックロックが運用するインデックスファンドシリーズ「i-mizuhoインデックスシリーズ」の取扱いを開始いたしました。
今後順次、21ファンドをお取扱いしてまいります。

シンプルで低コストの「i-mizuhoインデックスシリーズ」(8月7日最新情報)


2015年9月9日投資信託の注文画面に手数料も表示してほしい。

投資信託の注文画面に手数料も表示してほしい。

対応済み投資信託の注文内容確認画面に、以下の情報が追加になりました。

投資信託の注文内容確認画面が変わりました(8月27日最新情報)


2015年7月8日ラサールグローバルリートなど、人気のある投資信託について、申込み手数料を無料にしてほしい。

ラサールグローバルリートなど、人気のある投資信託について、申込み手数料を無料にしてほしい。

対応済みラサール・グローバルREITファンド(毎月分配型)」などの、計4ファンドが2015年6月5日(金)15:30以降(NISAでは14:00以降)のお申込み受付分より、申込手数料がノーロード(申込手数料0円)となりました。

ラサールグローバルREITなど計4ファンドがノーロードに!(6月8日最新情報)


2014年12月10日分配金実績カレンダーで分配金利回りも確認できるようにしてほしい。

分配金実績カレンダーで分配金利回りも確認できるようにしてほしい。

対応済み新たに「分配金利回り」(税引前)の項目を追加し、より使いやすくなりました。

分配金実績カレンダーに 『分配金利回り』 が追加されました!(11月10日最新情報)


2014年10月8日スイスの株式に投資するファンドを取り扱ってほしい。

スイスの株式に投資するファンドを取り扱ってほしい。

対応済みすぐれた技術力、ブランド力に強みを持つスイスの株式に投資するファンド「UBSスイス株式オープン」の取扱いを開始いたしました。

すぐれた技術力、ブランド力が強み!UBSスイス株式オープン(9月10日最新情報)


2014年9月10日過去の分配実績でファンドを検索できるようにしてほしい。

過去の分配実績でファンドを検索できるようにしてほしい。

対応済み過去の分配実績でファンドを検索できるようにしてほしい。

分配金実績カレンダーで、分配実績が一目瞭然!(8月12日最新情報)


2014年3月12日投資信託のページをスマートフォンから見やすくしてほしい。

投資信託のページをスマートフォンから見やすくしてほしい。

対応済み投資信託ページの投信銘柄ランキング、お気に入りボード等がスマートフォンに対応となりました。
ファンド検索、お取引に至るまで、スマートフォンからも、見やすく、スムーズにお使いいただけるように改善いたしました。

投資信託のお取引 スマートフォンからも快適に!(3月4日最新情報)


2014年1月15日「ニッセイ外国株式インデックスファンド」を取扱銘柄に追加してほしい。

「ニッセイ外国株式インデックスファンド」を取扱銘柄に追加してほしい。

対応済みかねてより、お客様からご要望をいただいておりました「ニッセイ外国株式インデックスファンド」の取扱いを2013年12月13日より開始いたしました。
今、お持ちのファンドとあわせて、どうぞご検討ください。

新規取扱ファンド(2013年7月以降)


2013年4月30日積立てできる投資信託の銘柄を、もっと増やしてほしい。

積立てできる投資信託の銘柄を、もっと増やしてほしい。

対応済みこのたび、積立可能な投資信託を30銘柄追加いたしました。
これにより2013年3月末現在で、当社取扱いの積立可能な投資信託の本数は520本、うちノーロードは151本となりました。

今回、追加した積立可能ファンドは、日本などの先進国へ投資するファンドから中国などの新興国へ投資するファンドまで、投資対象地域も幅広くお選びいただけます。
また、投資対象資産についても、債券型、株式型などバラエティに富んだファンドをご用意いたしました。

これから投資の第1歩を踏み出したい方にも、既に投信積立てで資産運用をされている方にも、銘柄選定の選択肢がさらに広がりました。
是非、この機会に投信積立のお申込みをご検討ください。

投信積立なら、ラインナップ充実のマネックス!!


2013年1月31日投資信託のファンド検索で詳細条件を指定して検索できるなど使いやすいファンド検索画面にしてほしい。

投資信託のファンド検索で詳細条件を指定して検索できるなど使いやすいファンド検索画面にしてほしい。

対応済みこのたび、投資信託選びの強力なツールとして、「ファンド検索サイト(β版)」をあらたにリリースしました。

新しいファンド検索は、より細かい条件指定で検索できるなど検索機能が充実したほか、各ファンドの紹介ページもグっと見やすくなりました。お客様のファンド選びに、使いやすくなった「ファンド検索」をぜひご活用ください。

当サイトでは新しい機能を順次リリースしてまいります。どうぞご期待ください!

ファンド検索が使いやすくなって新登場!


2012年5月31日スマートフォンで外貨建てMMFの取引をしやすく改善してほしい。

スマートフォンで外貨建てMMFの取引をしやすく改善してほしい。

対応済み2012年4月2日(月)より、スマートフォン専用の外貨建てMMF取引画面のご提供を開始いたしました。ますます普及が進むスマートフォンからのお取引利便性が向上しています。「スマホなら、マネックス証券。」今後もマネックス証券では、スマートフォン向けサイトの拡充を行い、お客様の利便性向上に努めてまいります。

スマートフォンで外貨建てMMFがお取引しやすくなりました


2012年3月30日投資信託の取扱い銘柄を増やしてほしい。

投資信託の取扱い銘柄を増やしてほしい。

対応済みマネックス証券では、2月に一挙55銘柄の投資信託について、新たな購入のお申込み受付を開始いたしました。
新興国の株式や債券に投資するファンドやコモディティ、複数の資産に分散投資するバランス型ファンドなど、バラエティ豊かな商品を追加しています。また、ノーロード(申込手数料無料)のファンドも新たに14銘柄がお取引いただけるようになりました。
これにより、当社での取扱本数(※)は429本、うちノーロードは144本となっています。
※ 2012年2月24日現在 外貨建てMMF、MMF、MRF、公社債投信などを含みます。

55銘柄が仲間入り!投資信託の商品ラインアップを大幅強化


2012年1月31日カブロボファンドの運用成績を分かり易く掲載してほしい。

カブロボファンドの運用成績を分かり易く掲載してほしい。

対応済みお客様のご要望にお応えして、月に1回、先月分のカブロボファンドの株式売買銘柄と運用成績を最新情報にて公開いたしました。

【カブロボファンド】12月売買銘柄&運用ロボット成績を公開!


2011年12月30日新興国のインデックスファンドを取扱ってほしい。

新興国のインデックスファンドを取扱ってほしい。

対応済み「ネット証券専用ファンドシリーズ」第2弾の投資信託として、「アジア新興国株式インデックス」の取扱いを開始いたしました。

ネット証券専用ファンドシリーズ(第2弾)3ファンドの詳細を公開


2011年11月30日1,000円から購入できる投資信託を増やしてほしい

1,000円から購入できる投資信託を増やしてほしい

対応済みお客様のご要望にお応えして、マネックス証券では、毎月の投信積立を、1,000円以上1円単位からお申込み可能となり、さらに手軽に投信積立を始めていただけるようになりました。また、銘柄選択の幅が広がり少ない資金でもより細やかな分散投資が可能となります。

【さらに便利に】投信積立が1000円から可能に!


2011年10月26日外貨建てMMFの購入・売却為替レートをメールで知らせてほしい。

外貨建てMMFの購入・売却為替レートをメールで知らせてほしい。

対応済み外貨建てMMF(米ドル、ユーロ、豪ドル)について、気になるその日のご購入・ご売却為替レートを1日1回、セッション開始時にメールにてお知らせします。
下記の最新情報よりサービス概要やご注意事項をご確認のうえ、お申込みください。

タイミングを逃さない!外貨建てMMFアラートメール登場


2011年10月26日投資信託のランキングに「分配金利回りランキング」を追加してほしい。

投資信託のランキングに「分配金利回りランキング」を追加してほしい。

対応済み投資信託のランキング一覧に「分配金利回りランキング」を追加いたしました。
投資信託の銘柄選びに、ぜひご活用ください。

投資信託 ランキング一覧に「分配金利回りランキング」が新登場!


2011年7月20日東日本大震災の復興を支援する投資信託を取扱ってほしい。

東日本大震災の復興を支援する投資信託を取扱ってほしい。

対応済みこの度、ネット証券4社共同プログラム【資産倍増プロジェクト】4社で取扱う投資信託 第一号といたしまして、「ネット証券専用ファンドシリーズ 日本応援株ファンド(日本株) (愛称:スマイル・ジャパン)」の取扱いを6月20日より開始いたしました。
本ファンドの信託報酬の約半分は東日本大震災の義援金として寄付されます。

ネット証券専用投信「スマイル・ジャパン」販売開始!


2011年3月25日投信積立の買付けがされたらメールで知らせてほしい。

投信積立の買付けがされたらメールで知らせてほしい。

対応済み毎月決まった金額で、投資信託をコツコツ積立てる投信積立プログラム。「買付けされたことを知らせてほしい!」というお客様の声にお応えして、投信つみたてのお買付けの都度、メールでお知らせするサービスを開始いたしました。

投信つみたてのお買付けをメールでお知らせ(2月24日最新情報)


2011年2月8日人民元建ての商品を取扱ってほしい。

人民元建ての商品を取扱ってほしい。

対応済み主として人民元建て債券に実質的な投資を行う「DIAM人民元債券ファンド」が当初募集で登場です。
当初募集期間は2月1日から2月23日17:00までとなっております。

DIAM人民元債券ファンド!当初募集は2011年2月1日~(1月19日最新情報)


2010年10月12日インドネシアやベトナムに投資している投資信託を取扱ってほしい。

インドネシアやベトナムに投資している投資信託を取扱ってほしい。

対応済み9月投資信託追加銘柄に、ご要望の多かった新興国への投資対象銘柄としてインドネシア、ベトナムに投資するファンドを追加いたしました。

9月の投資信託 追加銘柄 (2010年9月14日)


2010年3月5日プレミアム・ハイブリッドシリーズの最低投資金額を引下げてほしい。

プレミアム・ハイブリッドシリーズの最低投資金額を引下げてほしい。

ご案内ご好評をいただいているマネックス独自のオルタナティブ投資信託「プレミアム・ハイブリッド」シリーズ。このたび販売を開始した「プレミアム・ハイブリッド2010(愛称)」は、より投資しやすくするため、最低購入金額を従来の50万円より30万円に引下げました。

「プレミアム・ハイブリッド2010(愛称)」いよいよ登場!


2010年2月5日外貨建てMMFの休場日を簡単にわかるようにして欲しい。

外貨建てMMFの休場日を簡単にわかるようにして欲しい。

対応済み外貨建てMMFトップページの「現在のお取り引き為替レート」の項目に、営業日情報のリンクを追加し、カレンダーをご確認いただきやすく致しました。

対応済み外貨建てMMFトップページの「現在のお取り引き為替レート」の項目に、営業日情報のリンクを追加し、カレンダーをご確認いただきやすく致しました。


2010年1月19日投資信託の「eMAXIS(イーマクシス)」を取り扱って欲しい。

三菱UFJ国際投信の「eMAXIS(イーマクシス)」を取り扱って欲しい。

対応済み2009年12月11日より、低コストインデックス投資信託「イーマクシスシリーズ」の取り扱いを開始しました。

低コストインデックス投信「イーマクシスシリーズ」登場!


2010年1月19日少額で購入できる投資信託を取り扱って欲しい。

投資信託は1万円からしか購入できないが、自分なりのポートフォリオを組みたいため、もっと少額で購入(積立)出来るようにして欲しい。

対応済み2009年12月4日より、「STAMインデックスシリーズ」・「マネックス資産設計ファンド(育成型)」について、通常の買付けでも投信積立でも、最低購入金額がこれまでの10,000円から1,000円になりました。

STAMシリーズ&マネックス資産設計ファンドが1000円から!


2009年9月28日ETFの銘柄検索画面を「銘柄コード順」にして欲しい。

ETFの銘柄検索画面が銘柄コード順になっていないので探しづらい。

対応済み当初、「東証」→「大証」→「名証」のように市場を優先した表示順となっておりました。
お客様のご要望にお応えして、銘柄検索画面で「ETF(上場投資信託)」「REIT(不動産投資信託)」のリンクをクリックした際、国内ETFとREITの一覧については銘柄コードの表示順となるように対応しました。


2009年9月28日ブルベア型の投資信託をもっと充実させて欲しい。

空売りなど、ショート型の運用をする投資信託の商品の充実を望みます。

対応済み2009年9月より、お客様のご要望にお応えして、米国の代表的な商品取引所で行われるWTI原油先物取引と金先物取引のブルベア型のファンドを取扱を開始しました。

【New投信】原油&金の先物ファンド ブルベア型そろって登場!


2009年6月30日気になる投資信託をお気に入りに登録したい。

気になる投資信託を登録していつでも簡単に見たい。またグラフなどを比較できる機能があれば便利です。

対応済みこのたび、気になった銘柄を登録できる「お気に入りボード」を追加しました。最大100銘柄まで登録が可能で、成績やコストの比較もできます。是非ご利用ください。

投資信託ページが更に使いやすくなりました


2009年5月28日資産設計ファンドの解説が難しい。

資産設計ファンドは初心者向けという割には、解説が難しい。
もっとやさしく解説して欲しい。

対応済みこのたび資産設計ファンドの運用会社DIAM社、イボットソン社、マネックス・ユニバーシティーの内藤によるオンラインセミナーが実施され、さらにその模様をオンデマンドでご提供しております。
基本資産配分比率の見直しや決定プロセス、またお客様からのご質問へのご回答など盛りだくさんな内容となっております。ぜひご覧ください。

『マネックス資産設計ファンド』第2回資産配分比率の見直し


2009年3月12日投資信託の商品一覧画面で基準価額の前日比も出して欲しい。

投資信託の商品一覧画面で基準価額の前日比も出して欲しい。

対応済みお客様のご希望にお応えして、投資信託の商品一覧画面で基準価格の前日比をご確認いただけるようになりました。またチェックしたファンドを並べて比較することもできます。投資信託をご検討の際のご参考としてお役立てください。


2009年3月12日投資信託の商品を検索しやすくして欲しい。

投資信託の商品を検索しやすくして欲しい。株の銘柄検索のように、ファンド名の一部でも入力すれば該当商品が検索出来るようにして欲しい。

対応済み数ある投資信託の中から、お客様がお探しの投資信託を見つけることができる「ファンド検索」機能を備えた画面が新たに加わりました。是非ご利用ください。

投資信託(ファンド)検索機能が強化されました!


2009年2月26日投資信託をマネックス証券に移管できるようにして欲しい。

他社に預けている投資信託をマネックス証券に移管したい。マネックス証券で保有したいので移管ができるようにして欲しい。

対応済み今まで他の金融機関(銀行・証券会社など)に預けていた投資信託を、マネックス証券にお預けいただけるようになりました。この機会に、是非当社での一括管理をご検討ください。

投資信託の移管ができるようになりました


2009年2月18日銀行からの自動積立に対応している投信を多くして欲しい。

銀行からの自動積立に対応している投信が少ない。もっと多くして欲しい。

対応済みお客様の登録金融機関から自動的に毎月投資信託を買い付ける「銀行de自動つみたて」の対象ファンドが一挙74銘柄増加、合計127銘柄となりました。また、証券総合口座からは141銘柄、《セゾン》カードからは140銘柄がつみたての対象となります。是非ご利用ください。

投信つみたて銘柄一覧


2008年12月16日国際株式型インデックスファンドをノーロードで取り扱いして下さい。

国際株式型インデックスファンドをノーロードで取り扱いして下さい。

対応済み2007年11月に日興アセットマネジメントの年金積立インデックスファンド海外株式(ヘッジなし)をノーロードにて取り扱い開始しました。さらに、2008年12月からは、住信アセットマネジメントが運用するSTAMインデックスシリーズのSTAMグローバル株式インデックス・オープンと、STAM新興国株式インデックス・オープンのノーロードでの取り扱いを開始しました。

今月は追加8銘柄すべてノーロード!(2008年12月5日)

新銘柄一挙11本、新登場!(2007年11月22日)


2008年11月27日購入後の投資信託のフォローアップセミナーを開いて欲しい。

投資信託を購入したらそれで終わりではなく、そのあとも、現状に関してのフォローアップのセミナーを4半期に1度でもいいから開いて欲しい。相場がこれだけ下がると心配してる人も多いのではないか。

ご案内現在、マネックス・オルタナティブ・インベストメンツ株式会社(MAI)が運用するファンドと、「ザ・ファンド@マネックス(愛称)」については、定期的にオンラインで報告会をさせていただいております。他のファンドにつきましては、全ファンドの実施は難しいですが、お客様のご要望が多いものや市況動向を鑑みて、順次対応しております。


2008年10月28日東証REIT指数に連動するインデックスファンドを取り扱って欲しい。

投資信託で資産を運用しているのですが、ポートフォリオに日本の不動産を組み入れたいと考えています。然しながら、御社の投資信託商品一覧を拝見するに、日本の不動産を対象とする投資信託は存在しないように思います。就きましては、例えば東証REIT指数に連動するインデックスファンドを取り扱って欲しい。

対応済み東証REIT指数への連動を目指した以下のETF2種の取引を開始いたしました。
・「NEXT FUNDS 東証REIT指数連動型上場投信」(1343)2008年9月18日より
・「上場インデックスファンドJリート(東証REIT指数)隔月分配型」(1345)2008年10月21日より


2008年10月28日SPDRゴールド・シェア (東証:1326) の買付けができなかった。取り扱いして欲しい。

SPDRゴールド・シェア (東証:1326) の買付けができなかった。取り扱いして欲しい。

対応済み2008年10月14日(火)より、金価格連動を目指すETF「SPDR®ゴールド・シェア」(1326)の取引を開始いたしました。

ETF2種(金、東証REIT隔月分配型)を取扱開始


2008年9月11日MSCIコクサイ・インデックス連動型ETFを、マネックスでも取り扱って欲しい。

バークレイズ・グローバル・インベスターズ・グループのMSCIコクサイ・インデックス連動型ETFを、マネックスでも取り扱って欲しい。

対応済み米国株のサービス開始と同時に取り扱いを始めました。


2008年7月22日ダブルのベアや、ダブルのブルなどの投信を取り扱って欲しい。

ダブルのベアや、ダブルのブルなどの投信を取り扱って欲しい。

対応済み2008年7月より、日本株のブル/ベアファンドの新たな顔ぶれとして「新光Wブル・日本株オープンII」と「新光Wベア・日本株オープンII」の取り扱いを始めました。

7月の新規ファンド 人気のブラジルファンドが新登場!さらにブル・ベアファンドに新顔!


2008年6月26日金鉱株ファンドの取り扱い予定はございますでしょうか。

金鉱株ファンドをお取り扱いされていないと思います。取り扱いの予定はございますでしょうか。

対応済み2008年6月より、南アフリカ、オーストラリア、カナダ、アメリカ等の金鉱企業の株式を中心にその他鉱業株式を主要投資対象とした『ブラックロック・ゴールド・ファンド』の取り扱いを開始しました。同時に、資源やコモディティの高騰に収益機会を見出すファンド3本の取り扱いも開始いたしました。

6月は新たに9銘柄が登場。資源関連ファンドが充実!


2008年5月29日日興アセットが「年金積立インデックスファンド新興国株式」を設定しました。是非、販売していただきたい。

日興アセットが「年金積立インデックスファンド新興国株式」を設定しました。是非、販売していただきたい。

対応済みご希望の「年金積立インデックスファンド海外新興国(エマージング)株式」(日興アセットマネジメント)の取り扱いを2008年5月16日から開始しました。同時に、同じく「年金積立」シリーズで新興国の債券に投資できる「年金積立インデックスファンド海外新興国(エマージング)債券」や、エマージング、ハイ・イールド、国内債券などの債券ファンドも取り扱いを開始しました。

5月は新たに9銘柄が登場!年金積立シリーズなど


2008年5月16日ラテンアメリカ全体を対象とする投信を取り扱いしてください。

ラテンアメリカ全体を対象とする投信を取り扱いしてください。

対応済み2008年4月18日より、ブラックロック・ラテンアメリカ株式ファンドの取扱いを開始しました。同時に、世界中の様々な資産への分散投資を可能にする銘柄のラインナップの充実を図りました。お客様のポートフォリオの一部として、ご資産運用にお役立てください。

5銘柄新登場!ラテンアメリカ等注目地域に投資


2008年3月25日海外リートなど幅広い商品を希望します。

BRICs投信やAvest-Eなどの成績の良い海外アクティブファンド、海外リートなど幅広い商品を希望します。

対応済みBRICs投信やAvest-Eに加えて、3月14日(金)より、世界のリート市場の値動きに連動する投資成果を目指す「STAM グローバルREITインデックス・オープン」の取り扱いを開始いたしました。

インデックスファンドが更に充実!


2007年12月13日「銀行de自動つみたて」の用紙に『最新の目論見書を必ず確認するように!』と書いておいて欲しい。

「銀行de自動つみたて」の用紙に大きな文字で目立つように『最新の目論見書を必ず確認するように!』と書いておいて欲しい。以前確認していたので、今回も事前に確認しなくはいけないとは思わなかった。そのために不備になって余計な時間を費やしてしまった。

対応済み最新版の「投信積立プログラム変更届」の書面に、「最新の投資信託説明書(目論見書)をご確認ください」と赤字で注意書きを目立つように記載しました。


2007年11月30日更新どの投資信託が乗り換え優遇対象なのか分かり易くして欲しい。

投資信託の乗り換えに際して、どのファンドが乗り換え優遇対象になり、どのファンドが優遇対象にならないのか分かりづらいので分かり易くして欲しい。

対応済み10月30日に各ファンドのファンド概要画面の「購入情報」欄に「償還乗換優遇制度」に関する項目を新設し、「対象」または「非対象」を記載していますので、ファンド単位にご確認くださいますようお願いします。


2007年8月17日更新投信の分配金明細を全て電子交付にして欲しい。

投信の分配金明細を全て電子交付にして欲しい。

対応済み電子交付サービスの対象書類として、国内株式投資信託(再投資型)の「分配金お支払通知書」、「再投資明細書」を追加いたしました。
これにより、「電子交付サービス/取引報告書」を契約済みの場合は、これまで書面で交付していた「分配金お支払通知書/再投資明細書」がウェブサイト上でご確認いただけるようになりました。

電子交付サービスの対象書類を追加しました


2007年2月28日
(2008年3月11日更新)
もっとたくさんの投資信託を毎月積立できるようにして欲しいです。

欧州新成長国株式ファンドを投信積立銘柄にして欲しいです。ノーロードで将来有望なファンドだと思い購入しましたが、毎月積立が出来ないことがわかり残念です。毎月自分で購入作業をすることは面倒ですし、価格変動の誘惑に駆られ購入の意思決定がきちんと出来るか不安です。もっとたくさんの投資信託を毎月積立できるようにして欲しいです。

対応済み毎月1万円から、ご希望の金額、タイミングで自動買い付けができる投資信託の積み立てラインナップを増やし、ご希望の欧州新成長国株式ファンドは積み立てが可能になりました。また、この度、あらたに4銘柄が、「自動つみたて」(MRFまたはお預かり金から引き落とし)と、「カードde自動つみたて」(《セゾン》カードの代金引落し口座から引き落とし)をご利用いただけるようになりました。どちらもお申込みはウェブサイト上から可能です。

投資信託の積み立てに4銘柄追加


2006年9月13日商品先物のファンド商品はありますか。

商品先物のファンド商品はありますか。

対応済み2006年6月1日より、ニッセイアセットのコモディティファンドを販売しております。


回答一覧

お客様からの声への当社の取り組みについて