サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。

レバレッジとは

レバレッジとは

FX(外国為替証拠金)取引の1番の特長は、『レバレッジ効果』です。

レバレッジとは日本語で『てこの原理』の事を意味していて、小さな力(少額の資金)で大きな物(大きな金額)を動かす(売買する)ことができます。

「FX PLUS」では「1倍」「25倍」というようにレバレッジを指定することはできませんが、保有している建玉に対して、FX口座にお預け入れの証拠金額を調節することでFX口座全体でレバレッジを調節していただくことができます。

レバレッジとはお預け入れの証拠金額に対して何倍のお取引ができるか?ということを意味しており、下記の計算によって求められます。

レバレッジ=取引額÷FX口座にお預けいただく証拠金額

つまり、レバレッジはお客様がお預け入れの証拠金額と取引金額で調整していただくことになります。

普通に外貨投資をすると・・・

FX取引をすると・・・

マネックス証券では、最大約25倍(FX PLUS法人口座は約100倍)までレバレッジを利用して取引をすることができます。

例えば

※ これは、レバレッジを10倍で、取引していることになります

上記計算には、スワップポイント等は考慮しておりません。

【ポイント】  ・FX取引は少額の資金で大きな金額の取引ができる