はじめての米国株 > 米国株投資までの3ステップ

米国株投資までの3ステップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Step1 まずは口座開設をしよう ~米国株投資に最適な証券会社は?~

米国株投資をはじめる場合、売買手数料、取引可能な時間帯など、様々なポイントがあると思う。
参考として大手インターネット証券会社の一つであるマネックス証券の米国株取引時のポイントを以下の図でまとめてみた。

マネックス証券の米国株取引サービスの特長

  マネックス証券
手数料(税抜) (約定代金の0.45%)
最低手数料5米ドル~
手数料最大20米ドル
取扱銘柄 3,346銘柄
時間外取引対応 あり

※2018年10月22日現在

最も気になる点は、売買手数料であろう。マネックス証券は約定代金の0.45%、最低5米ドル、最大20米ドルであり、米国株のオンライン取引が可能な証券会社の中でも最安水準を誇る。
マネックス証券 米国株 取引手数料

ではどのようにして米国株取引を開始できるのか。以下で口座開設方法を解説していこう。

ペーパーレス口座開設の流れ

まず、マネックス証券に証券総合取引口座をお持ちでない場合、郵送またはペーパーレスでの口座開設(無料)が必要となる。「マネックス証券ウェブサイトの米国株・中国株のTOP画面」から、口座開設ページに進む。ペーパーレス口座開設の場合は、必要事項をフォームに入力し、約3分で登録が完了。指定の証明書類をアップロードして提出することで、最短約3営業日で証券総合取引口座の開設が完了する。
郵送の場合には、必要事項をフォームに入力し、書類の請求が完了。その後、届いた書類を返送して、証券総合取引口座の開設完了だ。

その後、「米国株 お申込み方法」より、外国株取引口座を開設する(無料)。こちらは書類の手続きは不要で、ウェブサイト上で完了する。

証券総合取引口座の開設には多少の時間がかかるため、今すぐに利用する予定がない場合も、早めに開設しておくのが良いと言える。どちらも無料で開設できるため、開いておいて損はない。

Step2 為替振替もしくは円貨決済

米国株投資に利用する資金は、米国株を取引するため、もちろん米ドルとなる。では、米ドルを銀行などで事前に準備しないといけないか?と言うと、そうではない。
インターネット証券のウェブサイト上で、簡単に米ドルを購入できるのである。
マネックス証券では、下図の通り、外国株取引口座に円資金を入金し、米ドルを購入する。

米ドルを購入する際に注意したいのは、為替手数料である。
マネックス証券の場合、片道25銭の為替手数料がかかる。もちろん、銀行で両替する場合と比較すると安いのだが、何度も為替取引しているとその分為替手数料がかかってしまうため、ある程度利用できる資金を決め、米ドルを購入しておきたい。

マネックス証券の場合、一度米ドルを購入すると、その後の米国株の売買は、米ドルのみで行うことができるため、株式を売却した都度為替手数料がかかるということはない。売却して得た米ドルをそのまま口座に置いておき、再度株式の購入に利用できるというわけだ。

またマネックス証券では、円貨資金で直接米国株の買付けが可能な円貨決済サービスを提供している。この決済方法では米ドル資金用意のための注文前の為替振替が不要だ。
円貨の用意だけで快適に米国株の取引が行える。
米国(アメリカ)株 円貨決済

さあ、ここまで来れば、いよいよ取引する銘柄を決め、注文だ。

Step3 いざ注文!

資金が準備できれば、あとは銘柄を決めて注文に進む。銘柄については、もうお決まりであろうか。
銘柄探しで迷われている方は、是非「アメリカンドリームを体現した企業たち!」もご確認いただきたい。スクリーニング機能を使って未来のスター銘柄の探し方を紹介している。

さて、注文の操作方法であるが、マネックス証券の場合、下図のようなシンプルな画面で日本株の取引同様にかんたんに注文できる。指値・成行はもちろんのこと、日本株でもお馴染みの逆指値、ツイン指値(OCO注文)も利用できる。米国株は、値幅制限もなく、夜間に大きく動いてしまう可能性があるので、逆指値等を利用してリスク管理をしっかりとしておきたい。

※画面はサンプルであり特定銘柄を推奨するものではありません。

注文の有効期間や発注が可能な時間帯など、下図の通り、日本株と違って各社のサービス内容に差があるので、自身の取引スタイルにマッチしているのか比較することが重要だ。

下図の3つの点の比較から、やはり、マネックス証券が利便性が高いと感じる。

  マネックス証券 SBI証券 楽天証券
注文方法 指値・成行・逆指値
ツイン指値(OCO注文)
指値・成行 指値・成行
有効期間 最大90日間 発注日を含む
最長15米国営業日まで
当日中のみ
発注可能時間帯
(夏時間ベース)
※外貨決済の場合
24時間 10時30分~19時
19時30分~翌日5時
夏時間適用時
15時~翌日5時
夏時間適用時

※2018年10月22日現在、各社HPより、マネックス証券調べ