投資力が劇的にアップするセミナーをオンデマンドで!

マネックス・ユニバーシティ presents 入門!株道場豪華版 全10回のセミナーをオンデマンドでご覧いただけます!

2016年8月~10月にかけて全10回で行いました、お客様の投資力を劇的に高める「入門!株道場 豪華版」。おかげさまでご覧頂いた皆様から大変ご好評をいただきました。レオス・キャピタルワークスの藤野英人氏など豪華講師陣が出演する全10回の内容は「マネックス オンデマンド」でご覧いただけますので改めてご紹介いたします。

「入門!株道場 豪華版」全10回の内容

第1回「銘柄選び、基礎の基礎」
講師:マネックス証券 山田 真一郎

  • 株式投資で最も大切な点とは?
  • 銘柄選びで重要な4つの指標
  • 銘柄は横比較が重要

第2回「ファンダメンタルズこそ投資の王道」
講師:マネックス証券 益嶋 裕

  • 会社四季報の活用法を徹底レクチャー
  • 営業利益と純利益どちらを重視?
  • 講師の超絶オススメ投資書籍をご紹介

第3回「企業決算を投資に活かそう」
講師:マネックス証券 益嶋 裕

  • 利益と株価の関係は?
  • 決算短信の活用術
  • セグメント業績をチェックしよう

第4回「決算書類を読む技術」
講師:マネックス証券 山田 真一郎

  • 分析に向いているのは大型株or小型株?
  • 仮説を立てて分析しよう
  • あの会社の新規事業事例を徹底分析

第5回「米国経済の基礎」
講師:ニッセイ基礎研究所 窪谷 浩 氏

  • 米国経済が注目される理由とは?
  • 利上げ時期はいつになる?
  • 大統領選動向

第6回「人生をエンジョイするための株式投資入門」
講師:金融経済アナリスト 春山 昇華 氏

  • 投資は人生の○○である!
  • 銘柄選びでいちばん大切なこと
  • 投資初心者が参考にできるオススメ銘柄

第7回「それでも米国株投資に興味がわかない?」
講師:エグゼトラスト株式会社 川田 重信 氏

  • 米国株の適者生存の仕組みとは
  • あの時S&P500に投資していたら
  • 今後も米国企業は投資家を潤す

第8回「日本株のマーケットを俯瞰する」
講師:マネックス証券 山田 真一郎

  • 株式市場は全体の関係が大切
  • 株式市場全体を見渡す
  • 各社の関係を投資に活かす

第9回「下げ相場時代の投資戦略」
講師:太田忠投資評価研究所株式会社 太田 忠 氏

  • 下げ相場を想定した投資戦略とは
  • 分散投資の重要性
  • 逆指値注文の活用法

第10回「プロファンドマネジャーが語る成長企業の見つけ方」
講師:レオス・キャピタルワークス株式会社 藤野 英人 氏

  • 長期的に利益と株価は一致する
  • 成長株を見つけるためのテクニック
  • 個人投資家にお薦めの情報収集

外部講師出演セミナーは一定期間経過後に掲載を終了いたします。

「入門!株道場 豪華版」に参加されたお客様の声をご紹介します

「入門!株道場 豪華版」にご参加いただいたお客様に回答いただいたアンケートの一部をご紹介します。

誤字の修正等を除き原文をそのまま掲載しております。

  • 本日初めて視聴しました。藤野さんのお話が聴けて、ありがたかったです。情報収集の幅が広がり、楽しみ・やる気・元気が出ました!
  • 投資手法が簡潔にまとめられており大変理解しやすかったです。
  • 投資に対するユニークかつ役に立つ視点を教えられたような気がします。
  • 太田様の話は、身につまされる思いで聞きました。やはり損切りを勇気をもってすべきと感じました。
  • 成長を持続する企業の基本のキを、改めて学びました。生活を豊かにするものや楽しさや愉快さのサービスや技術を継続的に提供する企業の経営者のリーダーシップとその人間性が銘柄選択にとても大切な要素だと思いました。大変に参考になりました。
  • 今回のような基礎的なセミナーはとても有難いです。忙しいビジネスパーソンにとって投資について集中して多くの時間を割いたり、広範囲にわたる情報を即時に得ることは難しいので、繰り返しプロファンドマネージャーによるオンラインセミナーを気軽に自宅で受講できるマネックス証券で、今後も楽しみながら勉強し、是非投資に活かしたいと思います。
  • 基礎の勉強ができるので、非常によいと思う。
  • 業種によってPERがかなり違うことがわかりました。参考になりました。

国内外上場有価証券取引に関する重要事項(手数料等税抜)

  • 国内株式および国内ETF、REIT、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等(以下「国内株式等」)の売買では、株価等の価格の変動や発行者等の信用状況の悪化等により元本損失が生じることがあります。また、国内ETF等の売買では、裏付けとなっている資産の株式相場、債券相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等(これらの指数を含む。)や評価額の変動により、元本損失が生じることがあります。信用取引では、元本(保証金)に比べ、取引額が最大3.3倍程度となる可能性があるため、価格、上記各指数等の変動、または発行者の信用状況の悪化等により元本を上回る損失(元本超過損)が生じることがあります。信用取引では、売買金額の30%以上かつ30万円以上の保証金が必要です。国内株式等のインターネット売買手数料は、「取引毎手数料」の場合、約定金額100万円以下のときは、成行で最大1,000円、指値で最大1,500円が、約定金額100万円超のときは、成行で約定金額の最大0.1%、指値で約定金額の最大0.15%を乗じた額がかかります。ただし、信用取引では、「取引毎手数料」の場合、約定金額が200万円以下のときは、成行・指値の区分なく最大800円が、約定金額200万円超のときは、成行・指値の区分なく最大1,000円がかかります。また、「一日定額手数料」の場合、一日の約定金額300万円ごとに最大2,500円かかります。約定金額は現物取引と信用取引を合算します。(非課税口座では「取引毎手数料」のみ選択可能ですのでご注意ください。)単元未満株のインターネット売買手数料は、約定金額に対し0.5%(最低手数料48円)を乗じた額がかかります。国内ETF等の売買では、保有期間に応じて信託報酬その他手数料がかかることがあります。国内株式等の新規公開、公募・売出し、立会外分売では、購入対価をお支払いただきますが、取引手数料はかかりません。
  • 国外株式および国外ETF、REIT、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等(以下「国外株式等」)の売買では、株価等の価格の変動、外国為替相場の変動等、または発行者等の信用状況の悪化等により元本損失が生じるおそれがあります。国外ETF等の売買では、裏付けとなっている資産の株式相場、債券相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等(これらの指数を含む。)や評価額の変動により、元本損失が生じることがあります。国外株式等の場合には、その国の政治的・経済的・社会的な環境の変化のために、元本損失が生じることがあります。また、国外株式等は、国内金融商品取引所に上場されている場合や国内で公募・売出しが行われた場合等を除き、日本の法令に基づく企業内容等の開示が行われておりませんので、取引を行うにあたっては十分にご留意ください。なお、外国為替相場の変動により、外貨お預り金の円換算価値が下がり、円ベースでの元本損失が生じることがあります。中国株式等の売買では、約定金額に対し0.25%(最低手数料45香港ドル、上限手数料450香港ドル)の売買手数料がかかります。また、中国ETF等の売買では、保有期間に応じて信託報酬その他手数料がかかることがあります。米国株式等の売買では、約定代金に対し0.45%(ただし最低手数料5米ドル、手数料上限20米ドル)の国内取引手数料がかかります。また、上記取引手数料のほか売却時のみ現地取引費用がかかります。現地取引費用は、市場状況、現地情勢等に応じて決定されますので、その金額等および手数料等の合計額等をあらかじめ表示することはできません。また、米国ETF等の売買では、保有期間に応じて信託報酬その他手数料がかかることがあります。その他、円貨お預り金と外貨お預り金の交換時に所定の為替手数料がかかります。
  • お取引の際は、当社ウェブサイトに掲載の「上場有価証券等書面」「契約締結前交付書面」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。
本セミナーでは、セミナーでご紹介する商品等の勧誘を行うことがあります。
マネックス証券株式会社および説明者は、セミナーおよび関連資料等の内容につき、その正確性や完全性について意見を表明し、保証するものではございません。情報、予想および判断は有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。
提供する情報等は作成時または提供時現在のものであり、今後予告なしに変更・削除されることがございます。当社および説明者はセミナーおよび関連資料等の内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。
銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようにお願いいたします。なお、セミナーおよび関連資料等は当社および情報提供元の事前の書面による了解なしに複製・配布することはできません。記載内容に関するご質問・ご照会等にはお応え致しかねますので、あらかじめご容赦ください。