東京証券取引所とマネックス証券が共催セミナーを行います

東京証券取引所×マネックス・ユニバーシティ 「資産形成革命塾~来たる2017年に備える~」 東証ホールにて12月21日18時半開始!

この度、東証とマネックス・ユニバーシティの共催で「資産形成革命塾~来たる2017年に備える~」と題したセミナーを開催する運びとなりました。
ファイナンシャルプランナーの深野康彦氏をお迎えし基調講演を行っていただくほか、東京証券取引所の担当社員がETFを活用した資産形成方法についての基礎知識を解説いたします。また、マネックス・ユニバーシティの山田真一郎および益嶋裕が「株道場@東証」と題し、決算書を投資に活かす方法を基礎からわかりやすく解説いたします。

お申込みは終了しました

出演者紹介

深野 康彦

有限会社ファイナンシャルリサーチ代表 ファイナンシャルプランナー

深野 康彦

1962年生まれ。大学卒業後、クレジット会社を経て独立系FP会社に入社。FP業界歴28年(2016年4月現在)を誇る。金融資産運用設計を研鑽して1996年に独立。現在の有限会社ファイナンシャルリサーチは2006年に設立(起業2社目)。さまざまなメディアやセミナーを通じて、資産運用のほか、住宅ローンや生命保険、あるいは税金や年金などのお金周り全般についての相談業務や啓蒙を幅広く行っている。日本経済新聞夕刊「投信番付」のほか連載多数。新聞・マネー雑誌、経済誌などへの執筆・取材協力および金融商品などのデータ提供を行いながら、テレビ、ラジオにも多数出演している。

山田 真一郎

マネックス証券トレードステーション推進室長兼マネックス・ユニバーシティ

山田 真一郎

マネックス証券の証券業務部・商品サービス部・営業本部などを経て、香港マネックスBOOM証券マーケティング部。その後マネックス証券で米国株取引サービスやアルゴリズム取引サービス開発を担当し、現職で「トレードステーション」の開発・営業を担当。趣味は48グループ全般。日本証券アナリスト協会検定会員。日本テクニカルアナリスト協会 認定テクニカルアナリスト(CMTA®)。

益嶋 裕

マネックス証券フィナンシャル・インテリジェンス部兼マネックス・ユニバーシティ

益嶋 裕

2008年4月に新卒第4期生としてマネックス証券に入社。マーケティング部で日本株や中国株のマーケティングを担当後、2013年7月より現職。現在は米国経済についてのレポート「米国マーケットの最前線」の執筆や各種ウェブコンテンツの作成に携わりながら、オンラインセミナーにも出演中。日本証券アナリスト協会検定会員。

セミナー内容

セミナー名 「資産形成革命塾~来たる2017年に備える~」
日時 12月21日(水) 18:00開場 18:30開演 20:30終了
場所 東京証券取引所ビル 2階 東証ホール
東京都中央区日本橋兜町2-1
定員 180名
参加費 無料
セミナー内容 18:30-18:35 オープニング
18:35-19:15 基調講演:「資産形成はじめの一歩~株とETFからはじめてみよう~」
講師:深野康彦氏
19:15-19:30 「東証マネ部!ではじめるETF」
講師:東京証券取引所 担当社員
19:30-19:40 休憩
19:40-20:30 「株道場@東証~2017年に向け決算書を活用して投資力を飛躍的に高める~」
講師:マネックス証券 山田 真一郎 益嶋 裕
プレゼントクイズ
  • 出演者および講演内容は予告なく変更になる可能性がありますのであらかじめご了承ください。
  • お申込みの締め切りは、2016年12月12日(月)23時です。
  • 参加ご希望のお客様が定員を上回る場合には抽選といたします。
  • 抽選の結果は、2016年12月14日(水)ごろまでにメールにてお知らせいたします。抽選に落選されたお客様は大変申し訳ございませんがご参加いただくことはできません。
  • お申込みいただいた氏名を受付時のお客様確認の目的に限り、株式会社東京証券取引所に提供いたします。お申込みにあたってあらかじめご了承頂きますようお願い申し上げます。

お申込みは終了しました

本セミナーでは、セミナーでご紹介する商品等の勧誘を行うことがあります。
マネックス証券株式会社および説明者は、セミナーおよび関連資料等の内容につき、その正確性や完全性について意見を表明し、保証するものではございません。情報、予想および判断は有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。
提供する情報等は作成時または提供時現在のものであり、今後予告なしに変更・削除されることがございます。当社および説明者はセミナーおよび関連資料等の内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。
銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようにお願いいたします。なお、セミナーおよび関連資料等は当社および情報提供元の事前の書面による了解なしに複製・配布することはできません。記載内容に関するご質問・ご照会等にはお応え致しかねますので、あらかじめご容赦ください。

国内上場有価証券取引に関する重要事項

<リスク>

国内株式および国内ETF、REIT、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等(以下「国内株式等」)の売買では、株価等の価格の変動や発行者等の信用状況の悪化等により元本損失が生じることがあります。また、国内ETF等の売買では、裏付けとなっている資産の株式相場、債券相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等(これらの指数を含む。)や評価額の変動により、元本損失が生じることがあります。信用取引では、元本(保証金)に比べ、取引額が最大3.3倍程度となる可能性があるため、価格、上記各指数等の変動、または発行者の信用状況の悪化等により元本を上回る損失(元本超過損)が生じることがあります。

<保証金の額または計算方法>

信用取引では、売買金額の30%以上かつ30万円以上の保証金が必要です。

<手数料等(税抜)>

国内株式等のインターネット売買手数料は、「取引毎手数料」の場合、約定金額100万円以下のときは、成行で最大1,000円、指値で最大1,500円が、約定金額100万円超のときは、成行で約定金額の最大0.1%、指値で約定金額の最大0.15%を乗じた額がかかります。ただし、信用取引では、「取引毎手数料」の場合、約定金額が200万円以下のときは、成行・指値の区分なく最大800円が、約定金額200万円超のときは、成行・指値の区分なく最大1,000円がかかります。また、「一日定額手数料」の場合、一日の約定金額300万円ごとに最大2,500円かかります。約定金額は現物取引と信用取引を合算します。(非課税口座では「取引毎手数料」のみ選択可能ですのでご注意ください。)単元未満株のインターネット売買手数料は、約定金額に対し0.5%(最低手数料48円)を乗じた額がかかります。国内ETF等の売買では、保有期間に応じて信託報酬その他手数料がかかることがあります。国内株式等の新規公開、公募・売出し、立会外分売では、購入対価をお支払いただきますが、取引手数料はかかりません。

<その他>

お取引の際は、当社ウェブサイトに掲載の「契約締結前交付書面」「上場有価証券等書面」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。