「契約締結前交付書面」等 ご確認のお願い

「上場有価証券等書面」「信用取引に係る契約締結前交付書面」および「金銭・有価証券の預託、記帳及び振替に係る契約締結前交付書面」の改版からまもなく1年が経過いたします。当社では、書面の内容変更の有無にかかわらず、少なくとも年1回はお客様に書面の内容をご確認いただいております。これに合わせて、3月11日(土)に契約締結前交付書面を一部改定いたします。

証券総合取引口座を開設されているお客様におかれましては、取引前に改版後の書面をご確認くださいますようお願い申し上げます。

書面の確認方法について

  • 書面のご確認は、パソコンからのみとなります。携帯電話からはご確認いただけません
    携帯電話でご注文される方は、事前にパソコン上で書面をご確認いただきますようお願い申し上げます。(パソコン上で書面を確認していただくまでの間、株式のお取引ができなくなりますのでご注意ください。)
  • ログイン後のマイページからは、画面イメージのようにページ右下のリンクから契約締結前交付書面をご覧いただけます。

マイページ 画面イメージ

電子書面検索へ

電子書面検索 画面イメージ

電子書面一覧へ

電子交付書面一覧  画面イメージ

書面改定移行に、「未読/既読」覧が「未読」の書面が表示されます。対象商品名(現物株式、ETFなどを取引する場合は「上場有価証券等書面」)をクリックし、ご確認ください。

「金銭・有価証券の預託、記帳及び振替に関する契約のご説明」に関しましては、すべてのお客様に閲覧頂く必要がございます。

  • 書面改定(2017年3月11日(土)午前5:00)以降、書面をご確認いただいていない状態で売買注文を行おうとすると、本書面の確認画面が表示されます。その場合、表示される内容をご確認のうえ、「確認」ボタンをクリックすると通常どおり注文画面へ遷移します。

<本書面の交付説明の義務について>

本書面は、当社(金融商品取引業者)とお客様との情報格差を改善するための方策として、金融商品取引法(以下「金商法」)に定められた、金融商品取引契約の概要、手数料、リスク等を記載した書面です。金商法上、金融商品取引契約を締結するにあたり、お客様に交付・説明することが当社に義務付けられております。

金融商品取引契約は、金商法第2条第8項各号に掲げる行為を行うことを内容とする契約を指し、上場株式等の取引を行う際などに、あらかじめ本書面を交付いたします。

金商法施行日(施行日:平成19年9月30日)以降、上場有価証券等の売買等を行うお客様に対しては、原則として売買の都度、当該売買を行う前までに本書面を交付する必要がありますが、上場有価証券等の売買等を行う前1年以内に、お客様に対して本書面を交付している場合には、改めて本書面を交付することはありません。なお、手数料やリスクなど、金融商品取引契約の内容に直接的に影響を及ぼすと考えられる重要な事項について変更があったとき、ならびに、本書面の内容の変更の有無にかかわらず、少なくとも年1回はあらためて書面をご確認いただきます。(口座開設から1年未満のお客様に対しては、短い期間に再度ご確認いただくこととなりますがご了承ください。)

金商法では本書面の金融商品取引契約の内容について、お客様に理解していただくための説明義務がある旨が定められています。しかしながら当社はネット証券である性質上、お客様に直接口頭で説明するのは困難であることから、お客様ご自身で書面を事前によくお読みいただくことが、取引の重要な事項をご理解いただく唯一の方法となります。

お客様におかれましては、当社の対応についてご理解、ご了承くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。