実践的な投資手法をご紹介するセミナー動画集

入門!株道場実践投資術編

2017年5月~7月にかけて全8回で行いました、お客様の投資力を劇的に高める「入門!株道場 実践投資術編」。おかげさまでご覧頂いた皆様から大変ご好評をいただきました。大ヒット投資書籍の著者であるDUKE。氏など、豪華講師陣によるセミナーは「マネックス オンデマンド」でご覧いただけますので改めてご紹介いたします。

「入門!株道場 実践投資術編」全8回の内容

開催日 タイトル 講師 ご視聴はこちら
第1回 5月16日(火) 行動経済学で考える"負けない"投資術その1 岩澤誠一郎氏

オンデマンド

第2回 5月23日(火) 行動経済学で考える"負けない"投資術その2

オンデマンド

第3回 6月1日(木) チャート分析を極めるその1 小次郎講師

オンデマンド

第4回 6月6日(火) チャート分析を極めるその2

オンデマンド

第5回 6月13日(火) 覚えておきたい板読み投資術 (基礎編) 坂本慎太郎氏

オンデマンド

第6回 6月20日(火) 覚えておきたい板読み投資術 (実践編)

オンデマンド

第7回 6月27日(火) 実践ファンダメンタルズ投資術 DUKE。氏

オンデマンド

第8回 7月4日(火) 2人のプロトレーダーによる特別対談 坂本慎太郎氏/DUKE。氏

オンデマンド

出演講師の紹介

DUKE。氏

DUKE。氏

個人投資家。テクノファンダメンタル派。米国公認会計士。慶應義塾大学を卒業後、東証1部上場企業に入社。管理会計、経営計画に長く携わり、経営陣への収益分析報告の責任者を務める。2003年に株式投資を始め、手痛い大失敗を繰り返すも、ライブドアショック、リーマンショックを乗り越える。その後、ウィリアム・オニールの投資法に出会い、開眼。以来、自身の「新高値ブレイク投資術」の改善を続けている。2014年、株式投資での累計利益が1億円を突破。2016年前半の日経平均株価がマイナスに沈む厳しい環境下でも、1億円の利益を達成。
好奇心が旺盛で、旅行と新しいことが大好き。将来、宇宙旅行にも行く予定。個人投資家に役立つ情報発信を目指して、ツイッターやブログを更新中。
ツイッター:@investorduke(https://twitter.com/investorduke)
ブログ:DUKE。のサーフィンインベストメント(http://investorduke.blog.fc2.com/)
著書:「1勝4敗でもしっかり儲ける新高値ブレイク投資術」(東洋経済新報社)、「深堀り 新高値ブレイク投資術<DVD>」(パンローリング)

坂本 慎太郎 氏

坂本 慎太郎 氏

日系証券会社のディーラーとして株式と先物の売買を経験。2008年から社債・地方債・財投機関債のファンドマネージャーを経験した後、運用計画の策定・株式のストラテジスト、株式のファンドマネージャーとして運用に携わる。
現在はこころトレード研究所を運営し、株・為替・商品先物・不動産等の投資を行う。

岩澤 誠一郎 氏

名古屋商科大学教授 経済学部長

岩澤 誠一郎 氏

1963年生まれ。早稲田大学政治経済学部経済学科卒。MBA(ボストン大学)、米ハーバード大学で経済学博士号取得。野村證券等で証券アナリスト、数量分析アナリスト、日本株ストラテジストとして名を馳せたのち、大学に身を転じる。専門は、行動経済学、行動ファイナンス。
日本株のトップ・ストラテジストとしての経験と、最先端の行動経済学者としての見識から、投資に活かせる行動経済学を解説していただきます。

手塚 宏二 氏

小次郎講師(手塚 宏二 氏)

小次郎講師の名前で投資教育活動を展開。
タートルズのトレード手法をベースとした小次郎講師流の手法を元に私塾の小次郎講師投資塾や投資の学校など通じて精力的に「勝てる投資家を育てる」活動を展開している。現在門下生は2千人を超える。

マネックス・ユニバーシティとは

マネックス証券は創業以来、投資理論から実践的な投資手法までさまざまなコンテンツを幅広く個人投資家の皆さまに提供して参りました。マネックス・ユニバーシティはその中心を担う存在として活動して参りましたが、2016年8月1日よりメンバーを大幅に拡充するとともに、執行役員チーフ・アナリストの大槻奈那が長となり、これまで以上に投資教育に力を入れて参ります。今後のマネックス・ユニバーシティの活動にぜひご期待ください。

オンラインセミナーの視聴推奨環境について

オンラインセミナーの視聴推奨環境について

マネックス証券ではオンラインセミナーの視聴にあたり、以下の環境を推奨しております。

視聴に先立ち、ぜひブイキューブの接続テストサイトで動作環境をチェックください。

国内上場有価証券取引に関する重要事項

<リスク>

国内株式及び国内ETF、REIT、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等(以下「国内株式等」)の売買では、株価等の価格の変動や発行者等の信用状況の悪化等により元本損失が生じることがあります。また、国内ETF等の売買では、裏付けとなっている資産の株式相場、債券相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等(これらの指数を含む。)や評価額の変動により、元本損失が生じることがあります。信用取引では、元本(保証金)に比べ、取引額が最大3.3倍程度となる可能性があるため、価格、上記各指数等の変動、又は発行者の信用状況の悪化等により元本を上回る損失(元本超過損)が生じることがあります。

<保証金の額又は計算方法>

信用取引では、売買金額の30%以上かつ30万円以上の保証金が必要です。

<手数料等(税抜)>

<手数料等(税抜)>

<手数料等(税抜)>

国内株式等のインターネット売買手数料は、「取引毎手数料」の場合、約定金額100万円以下のときは、成行で最大1,000円、指値で最大1,500円が、約定金額100万円超のときは、成行で約定金額の0.1%、指値で約定金額の0.15%を乗じた額がかかります。また、「一日定額手数料」の場合、一日の約定金額300万円ごとに最大2,500円かかります(NISA口座ではご選択いただけません)。単元未満株のインターネット売買手数料は、約定金額に対し0.5%(最低手数料48円)を乗じた額がかかります。国内ETF等の売買では、保有期間に応じて信託報酬その他手数料がかかることがあります。国内株式等の新規公開、公募・売出し、立会外分売では、購入対価をお支払いただきますが、取引手数料はかかりません。

<その他>

お取引の際は、当社ウェブサイトに掲載の「契約締結前交付書面」「上場有価証券等書面」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。
本セミナーでは、セミナーでご紹介する商品等の勧誘を行うことがあります。
マネックス証券株式会社及び説明者は、セミナー及び関連資料等の内容につき、その正確性や完全性について意見を表明し、保証するものではございません。情報、予想及び判断は有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。
提供する情報等は作成時又は提供時現在のものであり、今後予告なしに変更・削除されることがございます。当社及び説明者はセミナー及び関連資料等の内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。
銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようにお願いいたします。なお、セミナー及び関連資料等は当社及び情報提供元の事前の書面による了解なしに複製・配布することはできません。記載内容に関するご質問・ご照会等にはお応え致しかねますので、あらかじめご容赦ください。