マネックス証券厳選!セレクトファンド

マネックス証券厳選!セレクトファンド 2017年 vol.2

マネックス証券では1,000本超※の投資信託を取扱っておりますが、この中からファンドを選ぶのは難しいもの。
そこで当社取扱いの投資信託を、運用実績(パフォーマンス)、コストや商品の独自性等、定量、定性の両面から評価し、「セレクトファンド」としてご紹介しています。

※2017年8月15日時点

マネックス証券厳選 セレクトファンドをチェック!

ログインするとご覧いただけます。

今回は2017年6月末時点のデータをもとに「セレクトファンド」の一部見直しを行っています。
ファンドを選ぶ際の一助としてご活用ください。

セレクトファンドとは

セレクトファンドを見る

投資信託取引に関する重要事項

<リスク>

投資信託は、主に値動きのある有価証券、商品、不動産等を投資対象としています。投資信託の基準価額は、組み入れた有価証券、商品、不動産等の値動き等(組入商品が外貨建てである場合には為替相場の変動を含む)の影響により上下するため、これにより元本損失が生じることがあります。投資信託は、投資元本および分配金の保証された商品ではありません。

<手数料・費用等>

投資信託ご購入の際には、申込金額に対して最大3.5%(税込3.78%)を乗じた額の申込手数料がかかります。また、購入時または換金時に直接ご負担いただく費用として、申込受付日またはその翌営業日の基準価額に最大1.2%を乗じた額の信託財産留保額がかかります。さらに、投資信託の保有期間中に間接的にご負担いただく費用として、純資産総額に対して最大年率2.60%(税込 2.6824%)(概算)を乗じた額の信託報酬のほか、その他の費用がかかります。また、運用成績に応じた成功報酬等がかかる場合があります。その他費用については、運用状況等により変動するものであり、事前に料率、上限額等を示すことができません。手数料(費用)の合計額については、申込金額、保有期間等の各条件により異なりますので、事前に料率、上限額等を表示することができません。

<その他>

お取引の際は、当社ウェブサイトに掲載の「目論見書補完書面」「投資信託説明書(交付目論見書)」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。