本邦初!最先端AI技術を活用したファンドが登場

本邦初!最先端AI技術「ディープラーニング」を活用した海外株式ファンド
 AI(人工知能)活用型世界株ファンド(愛称:ディープAI) 当初申込期間 : 2017年9月11日(月)~2017年9月28日(木)15:00 継続申込期間 : 2017年9月29日(金)以降

AI~人工的に作られた知能を持つシステム~は、いまやパソコンやスマートフォンのみならず、自動車、洗濯機などにも活用され、私たちの生活に浸透しています。
人間の知能を完全再現するにはまだ時間が必要ですが、特定の分野において、AIは人間を凌駕する力を発揮しており、さらに活躍する範囲が広がると期待されています。
そんなAIの最先端技術である「ディープラーニング」を活用して銘柄選択を行う本邦初(※)の公募投資信託が登場しました。

(※)アセットマネジメントOne株式会社調べ

AI(人工知能)活用型世界株ファンド

ノーロード つみたてOK 100円積立 NISA
  • 主として、日本を除く世界の株式に実質的に投資を行います。
  • アセットマネジメントOneが独自に開発したディープラーニングモデルを用いて、相対的に投資魅力度が高いと判断される銘柄を抽出します。
  • モデルの解析結果に、ファンドマネジャーの判断によりニュースフロー等のテキスト解析や個別企業のファンダメンタルズ分析を融合させ、ポートフォリオを構築します。

AI(人工知能)活用型世界株ファンド イメージ動画(3分20秒)
(アセットマネジメントOne株式会社のウェブサイトに遷移します。)

当ファンドのポイント① ディープラーニングモデルで選ぶ

ディープラーニングとは、AIが自らデータの特徴を学習し、事象の認識や分類を行う手法を指します。
当ファンドの「ディープラーニングモデル」では、約20年におよぶ過去の株価・財務データを基にAIが銘柄の投資魅力度を自ら判断し、株価上昇が期待される銘柄を選別します。
人間には処理しきれない膨大な量のデータ分析や、人間が気づきにくい特徴を発見することなどが可能となります。

  • ※ 上記のデータはあくまでも一例であり、当該データを入力するとは限りません。
  • ※ 資金動向、市況動向等によっては、上記のような運用ができない場合があります。

出所:アセットマネジメントOne株式会社作成の販売用資料

  • ※ 上記グラフは一定の前提に基づくシミュレーション結果であり、当ファンドの運用実績ではありません。また、当ファンドの将来の投資成果等を示唆・保証するものではありません。
  • ※ 前提条件は次のとおり。世界の上場銘柄(除く日本)のうち、直近20日平均売買代金が5億円以上の銘柄が対象。3ヶ月ごとにリバランスを実施。銘柄抽出の際は、その時点において知りうる情報のみ入力。パフォーマンスは費用・税金等控除前、円ベース。
  • ※ 期間:ディープラーニングモデルによるシミュレーション(月次)、先進国・新興国投資比率(四半期)は2007年6月末~2017年6月末。年間リターンは2007年~2017年(年次、ただし2007年は6月末~12月末、2017年は2016年12月末~2017年6月末)。
  • ※ 世界株式はMSCI AC ワールド・インデックス(除く日本、税引前配当込、円ベース)を使用しています。ディープラーニングモデルとの値動きの違いをご理解いただくための一助とするものであり、当ファンドのベンチマークではありません。

出所:アセットマネジメントOne株式会社作成の販売用資料

AI(人工知能)活用型世界株ファンド

ノーロード つみたてOK 100円積立 NISA
  • 主として、日本を除く世界の株式に実質的に投資を行います。
  • アセットマネジメントOneが独自に開発したディープラーニングモデルを用いて、相対的に投資魅力度が高いと判断される銘柄を抽出します。
  • モデルの解析結果に、ファンドマネジャーの判断によりニュースフロー等のテキスト解析や個別企業のファンダメンタルズ分析を融合させ、ポートフォリオを構築します。

当ファンドのポイント② テキスト解析等で確かめる

当ファンドでは、「ディープラーニングモデル」による銘柄選択に、ニュースデータ等の「テキスト解析」による投資テーマ、注目銘柄等の情報やアナリストによる銘柄情報を融合させ、ポートフォリオ構築を行います。最新テクノロジーとアナリストによる定性分析の融合を図ることで、リターンの獲得を目指します。

資金動向、市況動向等によっては、上記のような運用ができない場合があります。
出所:アセットマネジメントOne株式会社作成の販売用資料

AI(人工知能)活用型世界株ファンド

ノーロード つみたてOK 100円積立 NISA
  • 主として、日本を除く世界の株式に実質的に投資を行います。
  • アセットマネジメントOneが独自に開発したディープラーニングモデルを用いて、相対的に投資魅力度が高いと判断される銘柄を抽出します。
  • モデルの解析結果に、ファンドマネジャーの判断によりニュースフロー等のテキスト解析や個別企業のファンダメンタルズ分析を融合させ、ポートフォリオを構築します。

マザーファンドのモデルポートフォリオ

モデルポートフォリオは、これから運用を開始する当ファンドのポートフォリオのイメージをつかんでいただくためのものです。当ファンドのマザーファンド運用方針に基づいて2017年6月末時点で作成されたものですが、実際のポートフォリオではありません。

  • ※ 2017年6月末時点
  • ※ 比率の合計は、四捨五入の関係で100%とならない場合があります。
  • ※ 配分比率は、マザーファンドのモデルポートフォリオ全体を100%として算出しています。
  • ※ サイズ別配分比率は大型が時価総額100億米ドル以上、中型が20億米ドル以上100億米ドル未満、小型が20億米ドル未満の企業を示します。
  • ※ 業種は世界産業分類基準(GICS)に基づいています。

出所:アセットマネジメントOne株式会社作成の販売用資料

AI(人工知能)活用型世界株ファンド

ノーロード つみたてOK 100円積立 NISA
  • 主として、日本を除く世界の株式に実質的に投資を行います。
  • アセットマネジメントOneが独自に開発したディープラーニングモデルを用いて、相対的に投資魅力度が高いと判断される銘柄を抽出します。
  • モデルの解析結果に、ファンドマネジャーの判断によりニュースフロー等のテキスト解析や個別企業のファンダメンタルズ分析を融合させ、ポートフォリオを構築します。

AI(人工知能)活用型世界株ファンドの取引に関する重要事項

<リスク>

当ファンドは、主に値動きのある日本を除く世界の株式を実質的な投資対象としています。当ファンドの基準価額は、組み入れた有価証券等の値動きや為替相場の変動等の影響により上下するため、これにより元本損失が生じることがあります。当ファンドは、投資元本および分配金の保証された商品ではありません。

<手数料・費用等>

当ファンドをご購入の際には申込手数料はかかりませんが、換金時に直接ご負担いただく費用として、申込受付日の翌営業日の基準価額に0.3%を乗じた額の信託財産留保額がかかります。また、当ファンドの保有期間中に間接的にご負担いただく費用として、純資産総額に対して年率1.5552%(税込)を乗じた額の信託報酬のほか、その他の費用がかかります。その他費用については、運用状況等により変動するものであり、事前に料率、上限額等を示すことができません。手数料(費用)の合計額については、申込金額、保有期間等の各条件により異なりますので、事前に料率、上限額等を表示することができません。

<その他>

当ファンドご購入の際には、当社ウェブサイトに掲載の「目論見書補完書面」「投資信託説明書(交付目論見書)」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。