第三者調査で約定率100%、実質業界1位のFX PLUS

第三者調査で約定率100%、実質業界1位のFX PLUS

当社FX PLUS(外国為替証拠金取引サービス)の、主力注文方法であるストリーミング注文における「約定率」は、矢野経済研究所が2017年7月に実施した「米ドル/円」取引の調査により、100%であることが証明されました。

「約定率」とは、お客様の注文に対して、約定拒否(注文を拒否してしまう事)やスリッページ(提示レートと異なるレートで約定すること・詳細は以下参照)がなく、ストリーミング注文の定義通り、必ず提示レートで約定するかどうかの割合のことです。当社FX PLUSの米ドル/円取引において「約定率100%」であったということは、つまり注文が約定拒否やスリッページすることなく、必ず提示レートで約定できたことを表しております。

なお、当社FX PLUSのストリーミング注文では、システム設計の仕様上スリッページが一切起こり得ない設計となっておりますが、このたびの調査で、実際にお客様側でもスリッページが起こらなかったことが証明されています。

またFX業界においても、当然のことながら「約定率100%」であるという事は、約定率が実質的にTOP=1位であることを約定調査の範囲で証明しております。昨今は手数料やスプレッドではなく、「本当に投資家が取引したいレートで取引できるかどうか」≒「レート品質」がFXサービスを検討するうえで重要なファクターであるとのご意見も多く見られます。そんな中、当社のレート品質が最高位であることも、この調査で明らかになりました。

今後とも当社FX PLUSでは「レート品質」の維持向上に努め、お客様にご満足いただけるサービス提供にまい進いたします。

約定拒否/スリッページとは?

約定拒否とは...?

注文を行っても、FX業者で受け付けず、拒否してしまう事を言います。提示レートがあるにもかかわらず約定しないので、本来得られるはずの利益がふいになったり、損失が膨らむことがあります。

約定拒否とは?

スリッページとは...?

注文した価格と約定した価格がずれてしまい、お客様の意図したレートとは異なる為替レートで約定してしまう現象です。当然、不利なスリッページになる事もあり、FXにおけるサービス品質の、重要基準として注目されています。

スリッページとは?

約定率調査の詳細

調査した機関 株式会社矢野経済研究所
調査の期間 2017年7月24日(月)~7月25日(火)の2日間
日本時間の20時~21時の1時間程度
調査の対象先 マネックス証券 FX PLUS ストリーミング注文
調査対象通貨ペア 米ドル/円(USD/JPY)
調査時の取引単位 1万通貨単位(1万ドル)
調査の内容 ストリーミング注文で、売買時の約定率を調査する
(1日約350約定×2日=700約定)
調査の結果 全ての注文において、約定拒否やスリッページは皆無。
全ての注文において、提示レートで約定した。
よって、約定率は100%と計測された。

矢野経済研究所とは

1958年創業の、マーケティング・リサーチ分野のパイオニアであり、大手の市場調査会社。その調査レポートは、客観性、中立性の堅持を経営理念とするその堅牢な姿勢で、あらゆる業界からの信頼を得る。

FX PLUS(外国為替証拠金取引)をはじめるには・・・

FX PLUSは、マネックス証券の「証券総合取引口座」と「FX PLUS取引口座」の2つの口座を開設すると、ご利用いただけます。もちろんどちらも口座開設・維持費は無料です。


FX PLUS(外国為替証拠金取引)を試してみたいお客様

本物の口座と同じ為替レートや取引ルールで仮想取引できる、「デモ取引口座」もご用意しています。仮の資産でお試し取引ができるので、初めてでも安心です。
「デモ取引口座」は、証券総合取引口座をお持ちでない方もご利用いただけます。

FX PLUS デモ取引口座の詳細・お申込

FX PLUS(外国為替証拠金取引)をはじめるには・・・

こちらから簡単にお申込みできます。お申込み日からお取引が可能です。

FX PLUS(店頭外国為替証拠金取引)に関する重要事項

<リスク>

FX PLUSでは、取引対象である通貨の価格の変動により元本損失が生じることがあります。また、取引金額が預託すべき証拠金の額に比して大きいため(具体的な倍率は当社ウェブサイトをよくご確認ください)、取引対象である通貨の価格の変動により、その損失の額が証拠金の額を上回る(元本超過損)ことがあります。 さらに、取引対象である通貨の金利の変動により、スワップポイントが受取りから支払いに転じることがあります。FX PLUSは、店頭取引であるため、当社・カバー先の信用状況の悪化等により元本損失が生じることがあります。FX PLUSでは、損失が一定比率以上になった場合に自動的に反対売買により決済されるロスカットルールが設けられていますが、相場の急激な変動により、元本超過損が生じることがあります。加えて、相場の急激な変動により、意図した取引ができない可能性があります。

<手数料等>

FX PLUSでは、10,000通貨以上の取引では取引手数料はかかりません。10,000通貨未満の取引では1,000通貨あたり30円の取引手数料がかかります。当社は、通貨ペアごとにオファー価格(ASK)とビッド価格(BID)を同時に提示します。オファー価格とビッド価格には差額(スプレッド)があり、オファー価格はビッド価格よりも高くなっています。流動性の低下、相場の急激な変動により、スプレッドの幅は拡大することがあります。

<証拠金>

FX PLUSでは、取引通貨の為替レートに応じた取引額に対して一定の証拠金率以上で当社が定める金額の証拠金(必要証拠金)が必要となります。一定の証拠金率とは以下のとおりです。ただし、相場の急激な変動等の事由が発生した場合には当社判断により変更することがあります。
(個人口座)
原則4%(HKD/JPY およびZAR/JPYでは8%)
(法人口座)
金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号の定める定量的計算モデルにより金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率です。ただし、金融先物取引業協会の算出した為替リスク想定比率が、当社が通貨ペアごとに定める最低証拠金率(原則1%、ZAR/JPYおよびHKD/JPYでは8%)を下回る場合には、当社が通貨ペアごとに定める最低証拠金率を優先させることとします。

<その他>

お取引の際は、当社ウェブサイトに掲載の「契約締結前交付書面」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。

情報提供に関するご留意事項

本情報は、マネックス証券株式会社(以下「当社」といいます)が信頼できると考える情報源から提供されたものですが、当社はその正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。本情報は有価証券やデリバティブ取引等の価値についての判断の基準を示す目的で提供したものではなく、有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。本情報に含まれる過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。
本情報は作成時現在のものであり、今後予告なしに変更または削除されることがございます。
当社は本情報の内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようにお願いいたします。なお、本情報は当社の事前の書面による了解なしに転用・複製・配布することはできません。内容に関するご質問・ご照会等にはお応え致しかねますので、あらかじめご容赦ください。