2018年 NYダウと米ドル/円の推移を大予想

2018年 NYダウと米ドル/円の推移を大予想

2017年もあと数日を残すところとなりました。そして、いよいよ2018年が幕をあけます。
2017年は、NYダウが年初に20,000ドルを突破。その勢いを崩さぬまま、直近では一時25,000ドル近くまで上昇しました。はたして、2018年もこの勢いは続くのでしょうか。
一方、近年まれに見る低ボラティリティ相場にとなった米ドル/円。FXを中心に取引する投資家の方は、来年こそは大相場を期待したいところではないでしょうか。
はたして来年の米国株、米ドル/円の動きはどうなるのか。米国株や為替に精通する3名の有識者による、2018年の相場展望レポートをお届けいたします。

広瀬氏、江守氏、志摩氏のNYダウと米ドル/円のレンジ予想

NYダウ 米ドル/円
予想レンジ 2018年末 予想レンジ 2018年末
広瀬隆雄氏
(コンテクスチュアル・インベストメンツ マネージング・ディレクター)
22,074ドル~
28,206ドル
24,527ドル 107円~115円 110円
江守哲氏
(エモリキャピタルマネジメント株式会社 代表取締役)
24,000ドル~
29,000ドル
28,500ドル 105円~120円 112.50円
志摩力男氏
(元ヘッジファンドマネージャー)
22,000ドル~
28,000ドル
25,000ドル 100円~123円 110円

広瀬隆雄氏「2018年、米国株は横ばい、米ドル/円は若干ドル安」

  1. 2018年の米国株式は横ばいを予想している
  2. 米ドル/円については若干のドル安を予想している
  3. 税制改革で個人の所得税は軽減されるので消費にはプラス
  4. 商工業向け融資の延滞率の低さは企業の内容も健全であることを示唆
  5. 物価は安定しておりFRBが慌てて利上げする必要は無い
  6. 市中金利が低く、株式も横ばいなら高配当・高利回りの投資対象の魅力が増す

レポートの続きを読む

広瀬 隆雄 氏

コンテクスチュアル・インベストメンツ マネージング・ディレクター

広瀬 隆雄 氏

三洋証券、S.Gウォーバーグ証券(現UBS証券)、ハンブレクト&クィスト証券(現J.P.モルガン証券)を経て、2003年、投資顧問会社・コンテクスチュアル・インベストメンツLLCを設立。マネージング・ディレクターとして活躍している。米国企業の動向に精通。米国カリフォルニア州在住。

江守哲氏「米国株は2018年も好調。米ドル/円は動きづらい状況か」

2018年の米国株は引き続き堅調に推移すると考えられます。その背景には、持続的な景気拡大と企業業績の拡大が挙げられます。これらを支えると考えられるのが、トランプ政権が最重要政策に据えた税制改革法です。税制改革法案が議会を通過し、トランプ大統領は17年12月22日に署名して、成立しました。

レポートの続きを読む

江守 哲(えもり てつ)氏

エモリキャピタルマネジメント株式会社 代表取締役

江守 哲 氏

大手商社、外資系企業、投資顧問会社等を経て独立。コモディティ市場経験は25年超。現在は運用業務に加え、為替・株式・コモディティ市場に関する情報提供・講演などを行っている。
著書に「LME(ロンドン金属取引所)入門」(総合法令出版)など
共著に「コモディティ市場と投資戦略」(勁草書房)

志摩力男氏「NYダウは上値28,000ドル。米ドル/円は難しい相場か」

<2017年はどんな1年だったか>
1年前の今頃を振り返ると、トランプ経済政策への期待から米ドル/円は118円台で取引されていました。当然、「来年はどこまで円安が進むのか?」的な議論が主流でした。しかし結果的には、1月初めが米ドル/円の高値で、その後長い調整相場となりました。

レポートの続きを読む

志摩 力男氏

志摩 力男 氏

元ヘッジファンドマネージャー。
慶應義塾大学経済学部卒。1988 年~1995 年 ゴールドマン・サックス証券会社2006 年~2008 年 ドイツ証券等大手金融機関にてプロップトレーダー(自己勘定トレーダー)を歴任、その後香港にてマクロヘッジファンドマネージャー。世界各地のヘッジファンドや有力トレーダーと交流があり、現在も現役トレーダーとして活躍。

米国株取引をはじめるには・・・

米国株取引をはじめるには・・・

米国株取引をご利用いただくには、外国株取引口座の開設が必要です。

お申込みにあたっては、事前に各商品の取引ルール、ご注意および契約締結前交付書面等の内容をご確認ください。

FX PLUS(外国為替証拠金取引)をはじめるには・・・

FX PLUSは、マネックス証券の「証券総合取引口座」と「FX PLUS取引口座」の2つの口座を開設すると、ご利用いただけます。もちろんどちらも口座開設・維持費は無料です。


FX PLUS(外国為替証拠金取引)を試してみたいお客様

本物の口座と同じ為替レートや取引ルールで仮想取引できる、「デモ取引口座」もご用意しています。仮の資産でお試し取引ができるので、初めてでも安心です。
「デモ取引口座」は、証券総合取引口座をお持ちでない方もご利用いただけます。

FX PLUS デモ取引口座の詳細・お申込

FX PLUS(外国為替証拠金取引)をはじめるには・・・

こちらから簡単にお申込みできます。お申込み日からお取引が可能です。

米国上場有価証券等のお取引に関する重要事項

<リスク>

米国株式および米国ETF、REIT、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等(以下「米国株式等」)の売買では、株価等の価格の変動、外国為替相場の変動等、または発行者等の信用状況の悪化等により、元本損失が生じることがあります。米国ETF等の売買では、裏付けとなっている資産の株式相場、債券相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等(これらの指数を含む。)や評価額の変動により、元本損失が生じることがあります。国外株式等の場合には、その国の政治的・経済的・社会的な環境の変化のために、元本損失が生じることがあります。なお、外国為替相場の変動により、外貨お預り金の円換算価値が下がり、円ベースでの元本損失が生じることがあります。

<手数料等(税抜)>

米国株式等の売買では、約定代金に対し0.45%(ただし最低手数料5米ドル、手数料上限20米ドル)の国内取引手数料がかかります。また、上記取引手数料のほか売却時のみ現地取引費用がかかります。現地取引費用は、市場状況、現地情勢等に応じて決定されますので、その金額等および手数料等の合計額等をあらかじめ表示することはできません。また、米国ETF等の売買では、保有期間に応じて信託報酬その他手数料がかかることがあります。なお、円貨お預り金と外貨お預り金の交換時に所定の為替手数料がかかります。

<その他>

お取引の際は、当社ウェブサイトに掲載の「上場有価証券等書面」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。また、米国株式等は、国内金融商品取引所に上場されている場合や国内で公募・売出しが行われた場合等を除き、日本の法令に基づく企業内容等の開示が行われておりませんので、取引を行うにあたっては十分にご留意ください。

FX PLUS(店頭外国為替証拠金取引)に関する重要事項

<リスク>

FX PLUSでは、取引対象である通貨の価格の変動により元本損失が生じることがあります。また、取引金額が預託すべき証拠金の額に比して大きいため(具体的な倍率は当社ウェブサイトをよくご確認ください)、取引対象である通貨の価格の変動により、その損失の額が証拠金の額を上回る(元本超過損)ことがあります。 さらに、取引対象である通貨の金利の変動により、スワップポイントが受取りから支払いに転じることがあります。FX PLUSは、店頭取引であるため、当社・カバー先の信用状況の悪化等により元本損失が生じることがあります。FX PLUSでは、損失が一定比率以上になった場合に自動的に反対売買により決済されるロスカットルールが設けられていますが、相場の急激な変動により、元本超過損が生じることがあります。加えて、相場の急激な変動により、意図した取引ができない可能性があります。

<手数料等>

FX PLUSでは、10,000通貨以上の取引では取引手数料はかかりません。10,000通貨未満の取引では1,000通貨あたり30円の取引手数料がかかります。当社は、通貨ペアごとにオファー価格(ASK)とビッド価格(BID)を同時に提示します。オファー価格とビッド価格には差額(スプレッド)があり、オファー価格はビッド価格よりも高くなっています。流動性の低下、相場の急激な変動により、スプレッドの幅は拡大することがあります。

<証拠金>

FX PLUSでは、取引通貨の為替レートに応じた取引額に対して一定の証拠金率以上で当社が定める金額の証拠金(必要証拠金)が必要となります。一定の証拠金率とは以下のとおりです。ただし、相場の急激な変動等の事由が発生した場合には当社判断により変更することがあります。
(個人口座)
原則4%(HKD/JPY およびZAR/JPYでは8%)
(法人口座)
金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号の定める定量的計算モデルにより金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率です。ただし、金融先物取引業協会の算出した為替リスク想定比率が、当社が通貨ペアごとに定める最低証拠金率(原則1%、ZAR/JPYおよびHKD/JPYでは8%)を下回る場合には、当社が通貨ペアごとに定める最低証拠金率を優先させることとします。

<その他>

お取引の際は、当社ウェブサイトに掲載の「契約締結前交付書面」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。

情報提供に関するご留意事項

本情報は、マネックス証券株式会社(以下「当社」といいます)が信頼できると考える情報源から提供されたものですが、当社はその正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。本情報は有価証券やデリバティブ取引等の価値についての判断の基準を示す目的で提供したものではなく、有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。本情報に含まれる過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。
本情報は作成時現在のものであり、今後予告なしに変更または削除されることがございます。
当社は本情報の内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようにお願いいたします。なお、本情報は当社の事前の書面による了解なしに転用・複製・配布することはできません。内容に関するご質問・ご照会等にはお応え致しかねますので、あらかじめご容赦ください。