アナリスト陣の緊急レポートをお読みください

アナリスト陣の緊急レポートをお読みください

マーケットの急落を受けて、マネックス証券のアナリスト陣が今後の見通しや注目銘柄についてレポートでお伝えしています。ぜひご参考ください。

広木隆のマーケット・スナップショット

広木隆

「節分天井・彼岸底」米国株の下落にいつまで付き合うか

米国株が高値を切り上げていくなか、日本株がさっぱり上がらない時、「米国株は最高値なのにどうして日本株は冴えないのですか?」という質問を受けた。それに対する僕の答えは、......

大槻奈那のグローバル・マクロ・ウォッチ

大槻奈那

米国債利回り:大型予算可決で高止まりも、株価下落リスクは遠のく

  • 米国で2年間の歳出および債務上限引き上げで与野党が合意した。3月初旬に政府の資金が枯渇し、2011年のような米国の格下げ→金利上昇が懸念されていたが、今回の合意で一旦は安心感。
  • それでも債券価格は下落(金利上昇)。政府債務リスクが再び意識され始めた模様。歳出上限引き上げ額は従来想定を上回る。来週発表の1.5兆ドル以上のインフラ投資の負担も加わるためだ。
  • 当面は......

金山敏之の投資のヒント

金山敏之

決算集計速報 PART6 強気の上方修正で株価が上昇した銘柄は

先月下旬からスタートした3月決算企業の第3四半期決算発表が先週から本格化しています。こうしたなか先月31日が決算発表前半のピークとなりましたが、今週もまだまだ多くの企業が決算を発表しておりTOPIX500採用銘柄に限っても昨日と一昨日で70社近い企業が決算を発表しました。そこで今回は......

益嶋裕の日本株銘柄フォーカス

益嶋裕

東証2部・新興市場で成長銘柄を探す

私の日本株に対する見方は前回のレポートで書いたことと変わっていません。好調な日本企業の業績を背景に考えると、足元の急落は売られ過ぎであると思っています。そして......
当社は、本書の内容につき、その正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。記載した情報、予想および判断は有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。
提供する情報等は作成時現在のものであり、今後予告なしに変更または削除されることがございます。当社は本書の内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。本書の内容に関する一切の権利は当社にありますので、当社の事前の書面による了解なしに転用・複製・配布することはできません。内容に関するご質問・ご照会等にはお応え致しかねますので、あらかじめご容赦ください。