アジアの高成長に投資!「アジア厳選投資」の魅力とは

スパークス・新・国際優良アジア株ファンド

お知らせ

「スパークス・新・国際優良アジア株ファンド」は、2018年5月18日(金)付のお申込受付分(※)より、購入時のお申込み手数料をノーロードといたしました。

2018年5月17日(木)16:30以降にお申込みいただいたご注文より適用されます。

成長性高まるアジア市場。選び抜かれたアジアの優良企業への集中投資で、圧倒的成長をとらえるファンドとして「スパークス・新・国際優良アジア株ファンド (愛称:アジア厳選投資)」は設定されました。

成長著しいアジア市場で、強固なビジネスモデルを持ち、品質の向上とブランド認知により今後グローバルで高いシェアを獲得する可能性の高い「新・国際優良企業」に投資します。なお、当ファンドの主要投資対象国は中国、香港、台湾、韓国、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ、インド、インドネシアなどです。

ぜひ2018年の資産運用にご検討してはいかがでしょうか。

スパークス・新・国際優良アジア株ファンド(愛称 アジア厳選投資)

ノーロード つみたてOK 100円積立 NISA
  • 強固なビジネスモデルから長期的、安定的にキャッシュフローを生み出し、今後、世界的に評価される可能性の高いアジア企業を中心に投資します。
  • ベンチマークは設けず、30銘柄程度に厳選投資を行います。
  • 原則として短期的な売買は行わず、長期保有することを基本とします。
  • 実質的な組入外貨建資産については、原則として為替ヘッジを行いません。

「アジア厳選投資」の投資魅力と特徴

「アジア厳選投資」の特徴

  1. 日本を除くアジアの新・国際優良企業に投資します。
  2. 厳選投資します。
  3. 長期投資します。

「アジア厳選投資」は、ベンチマークを設けず、30銘柄程度に厳選して投資を行うのが大きな特徴です。運用会社であるスパークス・アセット・マネジメントの企業調査能力を最大限に発揮し「厳選投資」のポートフォリオを構築します。
成長著しいアジア市場で強固なビジネスモデルを持ち、品質の向上とブランド認知により今後グローバルで高いシェアを獲得する可能性の高い「新・国際優良企業」に投資いたします。

アジアの「新・国際優良企業とは」


出所:スパークス・アセット・マネジメント作成の交付目論見書
  1. 強固なビジネスモデル
    長期的、安定的なキャッシュフロー
  2. アジアでの圧倒的な成長
    需要の拡大と高度化
  3. 品質の向上とブランド認知
    アジア水準から世界水準へ

アジア市場での投資機会

主に「消費拡大」「インフラ需要の増大」「革新的なテクノロジー」を投資機会として、アジア市場のダイナミックな成長を捉えます。

出所:スパークス・アセット・マネジメント作成の販売用資料

厳選投資とは?

当ファンドは、過度な分散はせず、徹底的に調査した確信度の高い銘柄に厳選して投資します。

一般的なアクティブ・ファンド

分散投資

ベンチマークを意識しながら多数の銘柄に投資

市場平均と

大きく変わらないリターン特性になる

傾向がある

当ファンド

厳選投資

確信度の高い銘柄に厳選して投資

市場平均と

異なるリターン特性になる

傾向がある

(出所)スパークス・アセット・マネジメント作成の販売用資料

上記は当ファンドの投資戦略の理解を深めていただくためのイメージ図です。全てのケースに当てはまるものではなく、当ファンドの将来の結果をお約束するものではありません。

「アジア厳選投資」の魅力を90秒でご紹介

アジアの選び抜かれた企業へ集中投資する、「スパークス・新・国際優良アジア株ファンド(愛称:アジア厳選投資)。
その投資魅力を90秒動画でご紹介いたします。ぜひご覧ください。

スパークス・アセット・マネジメント作成のファンド紹介動画です。

スパークス・新・国際優良アジア株ファンド(愛称 アジア厳選投資)

ノーロード つみたてOK 100円積立 NISA
  • 強固なビジネスモデルから長期的、安定的にキャッシュフローを生み出し、今後、世界的に評価される可能性の高いアジア企業を中心に投資します。
  • ベンチマークは設けず、30銘柄程度に厳選投資を行います。
  • 原則として短期的な売買は行わず、長期保有することを基本とします。
  • 実質的な組入外貨建資産については、原則として為替ヘッジを行いません。

スパークス・新・国際優良アジア株ファンド(愛称 アジア厳選投資)の取引に関する重要事項

<リスク>

当ファンドは、主に値動きのある海外の株式等を実質的な投資対象としています。当ファンドの基準価額は、組み入れた有価証券や為替相場の変動等の影響により上下するため、元本損失が生じることがあります。当ファンドは、投資元本及び分配金の保証された商品ではありません。

<手数料・費用等>

当ファンドをご購入の際には申込手数料はかかりませんが、換金時に直接ご負担いただく費用として、申込受付日の翌営業日の基準価額に0.3%を乗じた額の信託財産留保額がかかります。さらに、当ファンドの保有期間中に間接的にご負担いただく費用として、純資産総額に対して年率1.89%(税込)を乗じた額の信託報酬のほか、純資産総額に対して年率0.108%(税込)以内の率を乗じた額の監査費用等がかかります。その他費用については、運用状況等により変動するものであり、事前に料率、上限額等を示すことができません。手数料(費用)の合計額については、申込金額、保有期間等の各条件により異なりますので、事前に料率、上限額等を表示することができません。

<その他>

当ファンドご購入の際には、当社ウェブサイトに掲載の「目論見書補完書面」「投資信託説明書(交付目論見書)」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。