マネックストレーダー デスクトップ起動機能を追加

マネックストレーダーがデスクトップから
起動できるようになりました

お客様のご要望にお答えして、マネックス証券の提供するPC版株式・先物オプション取引ツール「マネックストレーダー」がデスクトップから直接起動できるようになりました。

マネックストレーダーとは

マネックストレーダーは、株式、先物・オプション取引に対応した高機能リアルタイムトレーディングツールです。初心者からアクティブ・トレーダーまで使える豊富な機能とスピーディな発注を追求できる注文画面を搭載しております。
マネックス証券に口座をお持ちのお客様なら、無料でご利用頂けます。

マネックストレーダーを利用する(ログイン後遷移します)

マネックストレーダーを利用する

デスクトップからの起動方法

①ショートカットの作成

デスクトップからマネックストレーダーを起動するには、まずデスクトップに起動用のショートカットを作成する必要があります。

マネックストレーダーを利用されていないお客様

1.利用契約

ログイン後の投資情報>ツールから、「情報ツール利用状況一覧」画面へ進み、マネックストレーダーの利用契約を申し込みます。

2.PCにマネックストレーダーをインストール

マネックストレーダーのインストールファイルをダウンロードし、PCへのインストールを行います。

3.デスクトップにショートカットを作成

インストール時に「デスクトップにショートカットを作成する」を選択します。

マネックストレーダーを利用されているお客様

1.ウェブサイトからマネックストレーダーを起動

ログイン後の投資情報>ツールから、「情報ツール利用状況一覧」画面へ進み、マネックストレーダーを起動します。

2.ショートカットを作成

起動後にショートカットを作成するか問われるため、「はい」を選択します。

デスクトップからの起動方法

②ショートカットからの起動

1.デスクトップのショートカットから起動

デスクトップに作成されたショートカットをダブルクリックします。

2.ログインIDとパスワードでログイン

マネックストレーダーのログイン画面が表示されます。マネックス証券のログインIDとパスワードを入力してログインすると、マネックストレーダーが起動します。

マネックストレーダーを利用する(ログイン後遷移します)

マネックストレーダーを利用する

国内上場有価証券取引に関する重要事項

<リスク>

国内株式および国内ETF、REIT、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等(以下「国内株式等」)の売買では、株価等の価格の変動や発行者等の信用状況の悪化等により元本損失が生じることがあります。また、国内ETF等の売買では、裏付けとなっている資産の株式相場、債券相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等(これらの指数を含む。)や評価額の変動により、元本損失が生じることがあります。信用取引では、元本(保証金)に比べ、取引額が最大3.3倍程度となる可能性があるため、価格、上記各指数等の変動、または発行者の信用状況の悪化等により元本を上回る損失(元本超過損)が生じることがあります。

<保証金の額または計算方法>

信用取引では、売買金額の30%以上かつ30万円以上の保証金が必要です。

<手数料等(税抜)>

国内株式等のインターネット売買手数料は、「取引毎手数料」の場合、約定金額100万円以下のときは、成行で最大1,000円、指値で最大1,500円が、約定金額100万円超のときは、成行で約定金額の最大0.1%、指値で約定金額の最大0.15%を乗じた額がかかります。ただし、信用取引では、「取引毎手数料」の場合、約定金額が200万円以下のときは、成行・指値の区分なく最大800円が、約定金額200万円超のときは、成行・指値の区分なく最大1,000円がかかります。また、「一日定額手数料」の場合、一日の約定金額300万円ごとに最大2,500円かかります。約定金額は現物取引と信用取引を合算します。(非課税口座では「取引毎手数料」のみ選択可能ですのでご注意ください。)単元未満株のインターネット売買手数料は、約定金額に対し0.5%(最低手数料48円)を乗じた額がかかります。国内ETF等の売買では、保有期間に応じて信託報酬その他手数料がかかることがあります。国内株式等の新規公開、公募・売出し、立会外分売では、購入対価をお支払いただきますが、取引手数料はかかりません。

<その他>

お取引の際は、当社ウェブサイトに掲載の「契約締結前交付書面」「上場有価証券等書面」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。

先物・オプション取引に関する重要事項

<リスク>

株価指数先物取引および株価指数オプション取引の価格は、対象とする株価指数の変動等により上下するため、これにより元本損失が生じることがあります。株価指数先物取引では、少額の証拠金で当該証拠金の額を上回る取引を行うことができることから、対象とする株価指数の変動等により、差し入れた証拠金の額を上回る損失(元本超過損)が生じることがあります。株価指数オプション取引では、買方が期限までに権利行使または転売を行わない場合、権利は消滅します。この場合、買方は投資資金の全額を失うことになります。他方、売方は、証拠金の額を上回る取引を行うこととなるため、市場価格が予想と反対の方向に変化したときの損失が限定されず、元本超過損を負うおそれがあります。オプションを行使できる期間には制限がありますのでご注意ください。

<手数料等(税抜)>

日経225先物取引では1枚あたり330円、日経225ミニは1枚あたり50円、JPX日経400先物は1枚あたり50円の取引手数料がかかります。日経225オプション取引では、売買代金の0.18%(ただし最低手数料180円)の取引手数料がかかります。なお、特別清算指数(SQ)で決済される時や日計り取引時にも前記手数料がかかります。

<証拠金>

株価指数先物取引および株価指数オプション取引(売建て)では、「SPAN(R)に基づき当社が計算する証拠金額×当社が定めた掛け目(※)-ネットオプション価値の総額」の証拠金を担保として差入れまたは預託していただきます(※当社は、指数の変動状況などを考慮の上、証拠金額に対する掛け目を任意で設定し、変更することがあります)。また、取引額の当該証拠金に対する比率は、証拠金の額がSPAN(R)により、先物取引全体の建玉から生じるリスクに応じて計算されることから、常に一定ではありません。

<その他>

お取引の際は、当社ウェブサイトに掲載の「契約締結前交付書面」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。
当社の口座開設・維持費は無料です。口座開設にあたっては、「契約締結前交付書面」で内容をよくご確認ください。