経済指標の予想と結果をヒストリカルチャート化!

経済指標の予想と結果をヒストリカルチャート化!

マネックス証券は2018年3月23日(金)より経済指標カレンダーをリニューアルし、経済指標の「予想」と「結果」についてヒストリカルチャートでの表示を開始しました。同時に、経済指標カレンダーの表示対象地域の拡充(インド、ブラジル、トルコ、韓国を追加)を行いました。

経済指標カレンダーを利用する

経済指標カレンダーを利用する

ヒストリカルチャートで経済指標の推移が見やすくなりました

マネックス証券の経済指標カレンダーは、各経済指標について、週次であれば「先週」「今週」「来週」、月次であれば「前月」「今月」「来月」の情報を表示しております。今回、経済指標カレンダーをリニューアルし、経済指標の「予想」と「結果」のヒストリカルチャートを追加します。これにより、経済指標の推移を以前に比べて長期的に、また「予想」と「結果」の差を視覚的に確認可能になります。マネックス証券のお客様は、各指標における「予想」と「結果」の傾向を踏まえたうえで、経済指標を投資の参考情報の一つとしてご利用いただけます。

以下のサンプルは、毎月上旬に発表される米国のISM製造業景況指数のヒストリカルチャートです。50が景気動向の判断基準とされ、50を上回ると景気拡大、50を下回ると景気後退局面と判断しますが、5年間のヒストリカルチャートで見ると、2016年9月以降では50を上回り、また、「結果」が「予想」をほぼ上回っていることが見て取れます。これにより、米国の景気拡大局面が続いていることが視覚的に確認できます。

経済指標カレンダーのヒストリカルチャートのサンプル

経済指標カレンダーのヒストリカルチャートのサンプル

経済指標カレンダーを利用する

経済指標カレンダーを利用する

経済指標の予想値、結果値をウェブサイト上でヒストリカルチャート表示でご覧いただけるのは、主要オンライン証券(※1)でマネックス証券が初めてとなります。また、スマートフォン最適化対応も合わせて行い、外出先からも逃さず情報を取得いただくことができます。

※12018年3月22日現在 マネックス証券調べ:大手ネット証券会社は、マネックス証券、株式会社SBI証券、楽天証券株式会社、カブドットコム証券株式会社、松井証券株式会社を指します。

画面のサンプル(PC)

サンプル

サンプル

画面のサンプル(スマートフォン)

サンプル

サンプル

情報提供に関するご留意事項

本情報は、マネックス証券株式会社(以下「当社」といいます)が信頼できると考える情報源から提供されたものですが、当社はその正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。本情報は有価証券やデリバティブ取引等の価値についての判断の基準を示す目的で提供したものではなく、有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。本情報に含まれる過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。
本情報は作成時現在のものであり、今後予告なしに変更または削除されることがございます。
当社は本情報の内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようにお願いいたします。なお、本情報は当社の事前の書面による了解なしに転用・複製・配布することはできません。内容に関するご質問・ご照会等にはお応え致しかねますので、あらかじめご容赦ください。