6月1日取扱開始「ひふみ年金」の特徴と運用実績をご紹介

マネックス証券iDeCoで「ひふみ年金」取扱開始

6月1日より、マネックス証券の個人型確定拠出年金iDeCoで、「ひふみ年金」の取扱いを開始いたしました。
ひふみ年金は、レオス・キャピタルワークス株式会社が日本株式を中心に運用するアクティブファンドで、個人投資家から人気の高い「ひふみプラス」や「ひふみ投信」と同じ「ひふみ投信マザーファンド」で運用する投資信託です。

姉妹ファンドである「ひふみプラス」「ひふみ投信」との違いや、ファンドの特色、運用実績等をご紹介します。
この機会に、マネックス証券のiDeCoへの加入をご検討してはいかがでしょうか?

資産形成のポイントと「ひふみ」の運用

ひふみ年金とは?

ひふみ年金は、確定拠出年金制度を通じて「ひふみ」をご購入いただける投資信託です。

ひふみ年金

「ひふみ年金」は、姉妹ファンドである「ひふみプラス」「ひふみ投信」と同じ「ひふみ投信マザーファンド」に投資しているため、投資方針、組入銘柄等に相違はありません。
ひふみ年金の購入単位は1円以上1円単位となります。

ひふみ年金 主な特徴

1.確定拠出年金制度を利用して資産形成

確定拠出年金(DC)は、国民年金などの公的年金に上乗せし、加入者自らが将来の年金資金を運用する私的年金制度です。確定拠出年金には事業主が実施する「企業型DC」と個人が自ら加入する「個人型DC(iDeCo)」があります。ひふみ年金は、確定拠出年金制度を利用するお客様の豊かな老後に向けた資産形成を応援します。

個人型DCにご加入いただけるお客様と各上限金額

ひふみ年金

※1企業型DCのみを実施する場合は、企業型DCへの事業主掛金の上限を年額42万円(月額3.5万円)とすることを規約で定めた場合に限り、個人型DCへの加入が認められます。

※2企業型DCと確定給付型年金を実施する場合は、企業型DCへの事業主掛金の上限を年額18.6万円(月額1.55万円)とすることを規約で定めた場合に限り、個人型DCへの加入が認められます。

2.税制面でのメリットが大きい

確定拠出年金制度を利用した場合、原則として60歳まで引き出すことができません。しかし、それを補う大きな税制優遇措置が拠出時、運用時、受取時に適用されます。

ひふみ年金

障害給付金として受取る場合は所得税・住民税ともに非課税

3.信託報酬率が低い

お客様にご負担いただく信託報酬率を低く設定し、お客様の長期にわたる資産形成を応援します。

信託報酬率

ひふみ年金 ひふみ投信 ひふみプラス
0.82080
(税抜0.7600%)
1.0584
(税抜0.9800%)
1.0584
(税抜0.9800%)

ひふみ投信はレオス・キャピタルワークス株式会社から直接ご購入いただく投資信託のため、マネックス証券で取扱いはございません。

出所:レオス・キャピタルワークスのウェブサイトより引用

「守りながらふやす」ひふみの運用、ファンドの特色

「ひふみ年金」はマザーファンドを通じて信託財産の長期的な成長を図るため、次の仕組みで運用します。

ひふみ年金

出所:レオス・キャピタルワークス作成の交付目論見書より引用

ひふみ年金の運用実績

当ファンドの運用実績 ≪基準価額・純資産総額の推移≫

ひふみ年金

過去の実績を示したものであり、将来の成果を示唆・保証するものではありません。

出所:レオス・キャピタルワークス作成、基準日2018年4月27日の月次レポートより引用

マネックス証券iDeCo加入手続きの流れ

マネックス証券のiDeCoで「ひふみ年金」を買うには、まず加入手続きをする必要がございます。以下の手順にて加入手続きをお願いいたします。

加入手続きの流れ

STEP1

まずは、書類請求をしてください

マネックス証券のウェブサイトで書類をお申し込みください。

iDeCo申込書請求

STEP2

必要書類を返送してください

お届けした書類(加入申出書)に記入・押印していただき、同封の封筒に入れてポストに投函してください。iDeCoの実施機関(国民年金基金連合会)で審査がありますので、手続きが完了するまで1~2ヶ月ほどかかります。

STEP3

手続完了

審査が完了しましたら、以下の通知が封書でご自宅に届きます。

国民年金基金連合会から 個人型年金加入確認通知書
日本インベスター・ソリューション・アンド・テクノロジー(JIS&T社)から
  • 口座開設のお知らせ
  • コールセンター/インターネットパスワード設定のお知らせ

STEP4

掛金の引落しがスタート

ご指定の口座から掛金の引落しが始まります。毎月26日(休日の場合は翌営業日)に引落し(口座振替)がされます。

iDeCo(個人型確定拠出年金)に関する重要事項

ご注意

  • 当社のウェブサイトの記載内容はiDeCo(個人型確定拠出年金)の紹介を目的としてマネックス証券が作成したものであり、制度のすべてを説明したものではありません。また、作成時点における法令その他の情報に基づき作成しており、今後の改正等により、取扱が変更となる可能性があります。
  • 当社では税務相談はいたしかねます。具体的節税効果の詳細は税理士等専門家へご相談ください。

iDeCo(個人型確定拠出年金)の加入に際して、以下の点にご留意ください。

  • 運用の方法は、加入者ご自身の責任において選択していただくものです。マネックス証券は特定の運用方法を推奨するものではありません。
  • 将来の給付額は、どのように運用の方法を選択したかによって変動します。結果的に、掛金額の合計額(元本)を下回る可能性もあります。
  • 給付金は、原則として60歳未満では、受け取ることはできません。60歳から給付金を受け取るためには、通算加入者等期間(※1)が10年以上必要です。

    ※1 通算加入者等期間とは、確定拠出年金(企業型または個人型)の加入者等(掛金をかけている方、掛金はなく年金資産を運用している方の両者)であった期間のことをいいます。他の企業年金制度や退職金制度から資産の移換を行った場合には、その算定の基礎となった期間を含みます。

  • 加入者等は、いつでも運用商品の変更等の運用指図をすることができます。
  • 各種手数料は、掛金、個人別管理資産等(※2)から差し引かれます。マネックス証券における「加入・移換時の一時的な手数料」、「1ヶ月あたりの定期的な手数料」はかかりません。その他の手数料は以下のページにてご確認ください。
    iDeCo 手数料

    ※2 個人別管理資産とは、確定拠出年金で、個人別に管理される年金積立金のことをいいます。

  • 運営管理機関等が提供するサービス等は、変更される可能性があります。
  • iDeCo(個人型確定拠出年金)の詳細については「個人型年金規約」をご確認いただきますようお願いします。
    個人型年金規約(国民年金基金連合会のウェブサイトに移動します。)

ひふみ年金、ひふみプラスの取引に関する重要事項

<リスク>

当ファンドは、主に値動きのある国内外の上場株式を投資対象としています。当ファンドの基準価額は、組み入れた株式の値動き等(組入商品が外貨建てである場合には為替相場の変動も受けます)の影響により上下するため、これにより元本損失が生じることがあります。当ファンドは、投資元本および分配金の保証された商品ではありません。

<手数料・費用等>

当ファンドご購入の際には、申込手数料がかかりません。また、信託財産留保額はかかりませんが当ファンドの保有期間中に間接的にご負担いただく費用として、純資産総額に対して年率最大1.0584%(税込)を乗じた額の信託報酬のほか、その他の費用がかかります。その他費用については、運用状況等により変動するものであり、事前に料率、上限額等を示すことができません。手数料(費用)の合計額については、申込金額、保有期間等の各条件により異なりますので、事前に料率、上限額等を表示することができません。

<その他>

当ファンドご購入の際には、当社ウェブサイトに掲載の「目論見書補完書面」「投資信託説明書(交付目論見書)」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。