先週株を買い越したのは?部門別売買状況が確認可能に

先週株を買い越したのは?部門別売買状況が確認可能に

主要オンライン証券で初めて(※)海外投資家や個人投資家、信託銀行など投資主体別の売買動向を確認できる「投資部門別売買状況」と株価の推移をマネックス証券の投資情報でご覧いただけるようになりました。特に海外投資家は日本市場の売買シェアのうち6割~7割程度のシェアを占めており、その動向が株価に与える影響が大きいとされています。今後の株価動向を予測する上で重要な情報である「投資部門別売買状況」をぜひご活用ください。

2018年10月23日現在、マネックス証券調べ。主要オンライン証券とは、SBI証券・カブドットコム証券・松井証券・楽天証券・マネックス証券を示しています。

投資部門別売買動向と株価の推移を独自にグラフ化

マネックス証券の投資情報内で「投資部門別売買状況」と株価の推移がご覧いただけるようになりました。通常最新データの更新は日本取引所グループが最新データを発表後数時間以内に行います。日本取引所グループが最新データを発表するのは原則として週の第4営業日の15時です。マネックス証券にログイン後の「投資情報」の「投資部門別売買動状況」からご確認ください。

投資部門別売買動向と株価の推移を独自にグラフ化

サービスの実現はお客様のお声から!

本サービスが実現したのは大切なお客様の声からです。マネックス証券の日本株ツイッターでマーケット・アナリストの益嶋が本サービスについて、実現してほしい方に「リツイート」をお願いしたところ、非常にたくさんの「リツイート」や「いいね」をいただきました。多くのお客様から必要とされている機能であることが確認でき、マネックス証券のシステム開発チームが独自開発を行いました。ぜひマネックス証券の日本株ツイッターをフォローし、今後実現してほしいサービスなどをお寄せください。

実際のツイート

実際のツイート

日本株専門ツイッターページを見る

ご意見をお寄せください

本サービスや今後対応してほしいサービスなどについてぜひご意見をお寄せください。

投資部門別売買状況についてのアンケートに回答する

情報提供に関するご留意事項

本情報は、マネックス証券株式会社(以下「当社」といいます)が信頼できると考える情報源から提供されたものですが、当社はその正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。本情報は有価証券やデリバティブ取引等の価値についての判断の基準を示す目的で提供したものではなく、有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。本情報に含まれる過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。
本情報は作成時現在のものであり、今後予告なしに変更または削除されることがございます。
当社は本情報の内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようにお願いいたします。なお、本情報は当社の事前の書面による了解なしに転用・複製・配布することはできません。内容に関するご質問・ご照会等にはお応え致しかねますので、あらかじめご容赦ください。