安心へのニーズが成長を加速する iTrustセキュリティ

安心へのニーズが成長を加速する「iTrustセキュリティ」

ピクテ投信投資顧問が設定するインターネット専用のアクティブ・ファンド・シリーズ「iTrustノーロード」シリーズから世界のセキュリティ関連企業に投資する「iTrustセキュリティ」が登場しました。
技術革新やグローバル化が進む中、安心へのニーズは日々高まりをみせています。セキュリティ関連市場の長期的な成長を享受することを目指す当ファンドを皆様のポートフォリオに加えてみてはいかがでしょうか。

iTrustセキュリティ

ノーロード つみたてOK 100円積立 NISA
  • 世界のセキュリティ関連企業の株式に投資します。
  • 「暮らしの安心」「移動の安心」「情報の安心」といった日常生活に欠かせない「安心」へのニーズに応える製品やサービスを提供する企業をセキリュティ関連企業とし投資を行います。
  • 特定の銘柄、国や通貨に集中せず、分散投資します。

【当初申込期間】
2018年12月6日(木)~2018年12月20日(木) 15:00 ※申込受付日ベース

生活に不可欠なセキュリティ

快適な生活を送るうえで、安全・安心はすべての前提です。そして、セキュリティ関連製品・サービスは、日常生活の安全・安心を支えるべく様々な場面で活躍しています。

セキュリティ関連製品・サービスの活躍の場

セキュリティ関連製品・サービスの活躍の場

上記はイメージ図です。

(出所):ピクテ投信投資顧問作成資料

広がるセキュリティ

技術革新やグローバル化が進む中、安心へのニーズは日々高まりをみせています。そうした動きの中、様々な領域でセキュリティ関連市場が広がりを見せています。

情報の安心

デジタル化が加速し、ネットショッピングや電子決済(キャッシュレス決済)を利用する機会が増えています。こうした便利なサービスを安心して利用できるためのサイバー・セキュリティなどへのニーズが高まっています。

世界のeコマース(電子商取引)市場の推移
期間:2016年~2021年、2018年以降は予測

情報の安心を支える製品・サービスの例

出所:「平成29年度我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備(電子商取引に関する市場調査)報告書」(平成30年4月、経済産業省)のデータを使用しピクテ投信投資顧問作成

(出所):ピクテ投信投資顧問作成資料

移動の安心

グローバル化を背景に人やモノの移動が活発化する中、空港や港湾などのインフラ施設に高い安全性が求められています。また、自動車の運転支援システムをはじめとした事故を未然に防ぐ技術が生まれるなど、技術革新と成長が見込まれています。

世界の安全運転支援システムの市場規模

移動の安心を支える製品・サービスの例

出所:首相官邸ウェブサイトのデータを使用しピクテ投信投資顧問作成

(出所):ピクテ投信投資顧問作成資料

暮らしの安心

消費者に支持される安全性の高い製品を確保することは、企業にとっての重要な課題となっています。規制強化の動きなどもあり、消費者が利用する製品の品質や規格を維持・管理するための検査機器・サービスへのニーズが高まっています。

国際基準(規格)数の推移
期間:1995年~2015年

暮らしの安心を支える製品・サービスの例

出所:ISO(国際標準化機構)のデータを使用しピクテ投信投資顧問作成

(出所):ピクテ投信投資顧問作成資料

類似戦略の運用実績

「iTrustセキュリティ」と同様に、世界のセキュリティ関連株式に投資を行うピクテ社の類似運用戦略は、長期的に先進国株式を上回るパフォーマンスを積み重ねてきました。

[ご参考] 類似運用戦略のパフォーマンス
日次、米ドルベース
期間:2006年10月31日~2018年9月28日

[ご参考] 類似運用戦略のリスク・リターン
年率、日次、米ドルベース
期間:2006年10月31日~2018年9月28日

ピクテ社の類似運用戦略:iTrustセキュリティと同様の運用を行うルクセンブルグ籍ファンド(Pictet-Security-I USD(費用等控除後))、設定日は2006年10月31日

先進国株式:MSCI世界株価指数(配当込み、ネット)

出所:ブルームバーグ、ピクテ・アセット・マネジメントのデータを使用しピクテ投信投資顧問作成

上記のピクテ社の類似運用戦略は、「iTrustセキュリティ」の運用実績を示すものではありません。
また、データは過去の実績であり、将来の運用成果等を示唆あるいは保証するものではありません。

ピクテ社独自の「ピュリティ」を重視した銘柄選択

ピクテ社独自の「ピュリティ(関連事業比率)」を重視した分析を行い、事業全体に占めるセキュリティ関連事業比率を重視したスクリーニングで、セキュリティ関連市場の長期的な成長を享受するポートフォリオを目指します。

成長を取り込む運用プロセス

マザーファンドにおける投資プロセス。

投資プロセスは2018年9月末現在のものです。今後変更される場合があります。

(出所):ピクテ投信投資顧問作成資料

ご注意

当コンテンツに記載の情報は過去のもの、もしくは予測であり、将来の市場環境や運用成果等を示唆・保証するものではありません。

iTrustセキュリティ

ノーロード つみたてOK 100円積立 NISA
  • 世界のセキュリティ関連企業の株式に投資します。
  • 「暮らしの安心」「移動の安心」「情報の安心」といった日常生活に欠かせない「安心」へのニーズに応える製品やサービスを提供する企業をセキリュティ関連企業とし投資を行います。
  • 特定の銘柄、国や通貨に集中せず、分散投資します。

【当初申込期間】
2018年12月6日(木)~2018年12月20日(木) 15:00 ※申込受付日ベース

iTrustセキュリティの取引に関する重要事項

<リスク>

当ファンドは、主に値動きのある国内外の株式等を実質的な投資対象としています。当ファンドの基準価額は、組み入れた有価証券等の値動きや為替相場の変動等の影響により上下するため、これにより元本損失が生じることがあります。当ファンドは、投資元本および分配金の保証された商品ではありません。

<手数料・費用等>

当ファンドご購入の際の申込手数料や換金時に直接ご負担いただく信託財産留保額はかかりませんが、保有期間中に間接的にご負担いただく費用として、純資産総額に対して年率1.4364%(税込)を乗じた額の信託報酬がかかります。また、純資産総額の年率 0.054%(税込)相当を上限とした額の信託事務に要する諸費用のほか、その他の費用がかかります。その他費用については、運用状況等により変動するものであり、事前に料率、上限額等を示すことができません。手数料(費用)の合計額については、申込金額、保有期間等の各条件により異なりますので、事前に料率、上限額等を表示することができません。

<その他>

当ファンドご購入の際には、当社ウェブサイトに掲載の「目論見書補完書面」「投資信託説明書(交付目論見書)」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。