くりっく株365 株価指数証拠金基準額について

東京金融取引所は、くりっく株365における取引所株価指数証拠金取引の証拠金基準額算出方法を、2018年12月17日(月)より、24週HV(ヒストリカルボラティリティ)に基づいて証拠金基準額を算出する方式に戻すことを決定いたしましたのでお知らせいたします。

ただし、FTSE100は変更ありません。

証拠金基準額の変更について

変更後の証拠金基準額については、12月16日(日)18時以降の予約注文分より適用となります。お客様におかれましては、あらかじめご認識いただき、保有ポジションや投資資金等のご確認など適切なご対応をお願いいたします。

商品 現行
(2018年12月14日引けまで)
相場変動に応じた算出方式
(2018年12月17日予約注文分から)
日経225証拠金取引 76,000円 61,330円
DAX®証拠金取引 42,000円 26,760円
NYダウ証拠金取引 83,000円 59,550円
FTSE100証拠金取引 26,000円 26,000円
(変更なし)

詳細については、取引所からのお知らせをご確認ください。

東京金融取引所からのお知らせ(株価指数証拠金基準額について)

くりっく株365HP-株価指数証拠金基準額

取引のリスクについて

くりっく株365をはじめるには

くりっく株365は、マネックス証券の「証券総合取引口座」と「くりっく株365口座」の2つの口座を開設すると、ご利用いただけます。もちろんどちらも口座開設・維持費は無料です。

証券総合取引口座をお持ちでない方

[口座開設・維持費は無料]

証券総合取引口座をお持ちの方

ログイン後、くりっく株365口座開設画面へ遷移します

「くりっく株365」は、すべてのお客様の投資運用に適合するものではございません。お客様によっては、投資商品として適合しない場合がございますのでご注意をお願いいたします。お客様の「くりっく株365」の性質・リスク・費用に対する正確なご理解を前提とし、現在の収入や金融資産の状況、投資資金の運用期間や目的を十分にご考慮のうえ、お取引のご判断をお願い申し上げます。

また、くりっく株365口座の開設には一定の審査がございます。審査の結果によっては開設できない場合もございますので、あらかじめご了承ください。

くりっく株365をはじめるには

くりっく株365口座をお持ちでないお客様は、まず、くりっく株365口座をお申込みください。開設後は、くりっく株365口座情報へのアクセスやくりっく株365取引画面へのログインができます。

くりっく株365口座をお持ちでない方

くりっく株365口座開設画面へ遷移します

「くりっく株365」は、すべてのお客様の投資運用に適合するものではございません。お客様によっては、投資商品として適合しない場合がございますのでご注意をお願いいたします。お客様の「くりっく株365」の性質・リスク・費用に対する正確なご理解を前提とし、現在の収入や金融資産の状況、投資資金の運用期間や目的を十分にご考慮のうえ、お取引のご判断をお願い申し上げます。

また、くりっく株365口座の開設には一定の審査がございます。審査の結果によっては開設できない場合もございますので、あらかじめご了承ください。

くりっく株365(取引所株価指数証拠金取引)に関する重要事項

<リスク>

くりっく株365の取引対象である株価指数は、需給関係、対象株式の相場、配当予想額、為替相場、金利相場の変動等に伴って変動するため、これにより元本損失が生じることがあります。くりっく株365では、取引金額が証拠金の額に比して大きいため、取引対象である株価指数の変動により、差し入れた証拠金の額を上回る損失(元本超過損)が発生することがあります。くりっく株365では、損失が一定比率以上になった場合に自動的に反対売買により決済されるロスカットルールが設けられていますが、相場の急激な変動により、元本超過損が生じることがあります。

<手数料等>

くりっく株365では、片道1枚あたり141円(税抜)の取引手数料がかかります。

<証拠金>

くりっく株365では、証拠金の額は、東京金融取引所が定める1枚あたりの証拠金基準額に、当社が定める金額(東京金融取引所が定める1枚あたりの証拠金基準額の2倍を上限額とします。)を加算した額に建玉数量を乗じて算出します。証拠金の額は、東京金融取引所でリスクに応じて算定する証拠金基準額および取引対象である株価指数の価格に応じて変動するため、取引金額の証拠金に対する比率は、常に一定ではありません。詳細はくりっく株365のウェブサイトでご確認ください。

<その他>

お取引の際は、当社ウェブサイトに掲載の「契約締結前交付書面」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。