2019年は5G元年!「THE 5G」注目ポイントをご紹介

2019年は5G元年!「THE 5G」注目ポイントをご紹介

1980年代から急速に発展を遂げた通信技術は、さらなる発展を遂げ、私たちの未来の生活を大きく変えようとしています。 AIやIoT(*1)などを普及させるために欠かせない通信インフラである「第5世代移動通信システム(5G)」。その本格導入に向けて、国内外の5G関連企業の動きが加速しており、2019年以降は5G関連のインフラや通信サービスの需要拡大が期待されています。
さらに発展が続けば、5Gを活用した新たなビジネス領域が広がり、世界のIoT分野における2025年の経済効果は、最大で約1,336兆円(*2)まで拡大することが見込まれています。

通信技術の発展によって恩恵を受けることが期待される企業を主な投資対象とする「次世代通信関連 世界株式戦略ファンド(愛称:THE 5G)」の注目ポイントをご紹介します。

*1IoTとは...Internet of Things(モノのインターネット)の略称で、世の中に存在する様々な物体(モノ)が通信機能を持ち、インターネット接続を通じて情報のやり取りが可能になることをいいます。

*2各IOT分野のおける2025年の経済効果の予測(最大値)を合計(出所)三井住友トラスト・アセットマネジメント作成の販売用資料(2019年1月)

次世代通信関連 世界株式戦略ファンド(愛称:THE 5G)

つみたてOK 100円積立 NISA
  • 通信技術の発展によって業績面で恩恵を受けることが期待される世界の企業(次世代通信関連企業)の株式に投資を行います。
  • 投資銘柄は、次世代通信関連企業の中から、ファンダメンタルズ分析を通じて、成長性や株価の割安度を検証したうえで選定します。
  • 主要投資対象ファンドの運用は、ニューバーガー・バーマン・グループの運用会社であるニューバーガー・バーマン・インベストメント・アドバイザーズ・エル・エル・シーが行います。
  • 組入外貨建資産については、原則として為替ヘッジを行いません。

もうすぐ、5Gが世界を変えます。

5Gはロボット、IoT、AI、自動運転を進化させる通信技術、あらゆる情報技術分野において成長の可能性の根幹を担う息の長い投資テーマです。

5Gはロボット、IoT、AI、自動運転を進化させる通信技術、あらゆる情報技術分野において成長の可能性の根幹を担う息の長い投資テーマです

5Gはロボット、IoT、AI、自動運転を進化させる通信技術、あらゆる情報技術分野において成長の可能性の根幹を担う息の長い投資テーマです

2018年6月末現在

(出所)各種資料を基に三井住友トラスト・アセットマネジメント作成

今、話題の5Gとは?

<動画公開中>THE 5G Movie

三井住友トラスト・アセットマネジメント作成のファンド紹介動画です。

5Gとは、第5世代(5th Generation)移動通信システムの略称です。IoT*社会を支える基盤技術とされており、 5Gの導入により高速・大容量データの送受信が可能となります。

* IoT(Internet of Things)とは

モノのインターネットと呼ばれ、世の中に存在する様々な物体(モノ)が通信機能を持ち、インターネット接続を通じて情報のやり取りが可能になることをいいます。IoTの実現により、私たちの生活は劇的に変化するといわれています。

(出所)各種資料を基に三井住友トラスト・アセットマネジメント作成

上記は移動通信システムの変遷のイメージ図であり、全ての特徴を網羅したものではありません。また、将来の運⽤成果を⽰唆あるいは保証するものではありません。

5Gの実現で可能になる3つの技術要件

(出所)各種資料を基に三井住友トラスト・アセットマネジメント作成

上記は移動通信システムの変遷および5Gの特徴の概要を表したイメージ図であり、全ての特徴を網羅したものではありません。また、将来の運用成果を示唆あるいは保証するものではありません。

いよいよ目前に迫る5G元年

5G(第5世代移動通信システム)の本格導入に向け、動きが加速してきました。北米やアジアを中心に実証実験などが活発化、2018年10月に米国では通信事業者大手ベライゾン・ワイヤレスが世界初となる5Gサービスを開始し、11月には周波数帯オークションが開始されるなど、米国を皮切りにいよいよ5G商戦が開幕です。

5G関連企業が徐々に5G商用化に向けて具体的な動きをみせる中、5Gの国際標準規格や周波数帯の割り当てなども進み技術要件が明確化されることで、5G関連の技術・製品の開発も進み、2019年から5G商用化のペースは⼀段と加速することが考えられます。

目下、世界では北米やアジアを中心に2020年前後の5G商用化に向けて準備を進めるインフラ整備期との位置づけとなり、基地局や端末など関連機器の製造元企業は商機の拡大が期待されます。国内外の通信機器大手は新興企業も交えて、激しい受注合戦を繰り広げており、市場の構造は5Gにより変化する可能性があります。

IoT(Internet of things):モノのインターネット (出所)当資料作成時の各種情報を基に三井住友トラスト・アセットマネジメント作成

(出所)三井住友トラスト・アセットマネジメント作成の販売用資料(2018年11月30日)より

「THE 5G」の投資戦略

5G実現で大きく恩恵を受ける企業に投資

2018年6月末現在。上記は5Gの推進段階に応じて着目される成長産業分野であり(文字の大きさでイメージしています)、今後変更となる場合があります。

通信インフラ

通信サービス

IoT機器・装置

写真はイメージです。

2018年以降は予測値

(出所)総務省「平成28年版および平成30年版情報通信白書」のデータを基に三井住友トラスト・アセットマネジメント作成

上記は過去のデータであり、将来の運用成果を示唆あるいは保証するものではありません。

(出所)三井住友トラスト・アセットマネジメント作成の販売用資料(2019年1月)より

次世代通信関連 世界株式戦略ファンド(愛称:THE 5G)の運用状況

次世代通信関連 世界株式戦略ファンド(愛称:THE 5G)の運用状況(2019年3月29日時点)

2019年3月29日時点の基準価額(1万口当たり)は10,596円、純資産総額は2643.38億円です。

データは、当初設定日から作成基準日までを表示しています。

基準価額(分配金再投資)は、分配金(税引前)を再投資したものとして計算しています。

基準価額は、信託報酬控除後です。

ファンドの騰落率は、分配金(税引前)を再投資したものとして計算しています。

主要投資対象ファンドの概要(2019年3月29日時点)

当ファンドの主要投資対象ファンドである「Next Generation Connectivity Fund JPY Unhedged Class」の状況です。

対純資産総額比です。

対純資産総額比です。

対純資産総額比です。

対純資産総額比です。

産業分野は、ニューバーガー・バーマン・インベストメント・アドバイザーズ・エル・エル・シーの基準による分類です。

モノのインターネットと呼ばれ、世の中に存在する様々な物体(モノ)が通信機能を持ち、インターネット接続を通して情報のやり取りが可能になることをいいます。

「Next Generation Connectivity Fund JPY Unhedged Class」の資産内容等は、三井住友トラスト・アセットマネジメントがニューバーガー・バーマン・インベストメント・アドバイザーズ・エル・エル・シーからの情報提供に基づき作成しておりますが、掲載データに関する情報の正確性、信頼性、完全性を保証するものではありません。

最新の月次レポート もご確認ください。

過去の実績を示したものであり、将来の成果を示唆・保証するものではありません。

出所:三井住友トラスト・アセットマネジメント作成の月次レポート(2019年3月29日)より引用

組入銘柄のご紹介(2019年3月29日時点)

株価とEPS(1株当たり利益)の推移は、2016年1⽉31⽇〜2019年2⽉20⽇、⽇次、2019年以降のEPS予測値は当資料作成時点のBloomberg予測値(会計年次ベース)。図・写真はイメージです。

(出所)Bloombergのデータを基に三井住友トラスト・アセットマネジメント作成

上記は特定の有価証券への投資を推奨しているものではありません。また、今後当ファンドが当該有価証券に投資することを保証するものではありません。過去のデータであり、将来の運⽤成果を⽰唆あるいは保証するものではありません。

出所:三井住友トラスト・アセットマネジメント作成の5G通信 vol.24 「いよいよ需要が顕在化、好決算に沸く5G関連銘柄」(2019年2月25日)より引用

次世代通信関連 世界株式戦略ファンド(愛称:THE 5G)

つみたてOK 100円積立 NISA
  • 通信技術の発展によって業績面で恩恵を受けることが期待される世界の企業(次世代通信関連企業)の株式に投資を行います。
  • 投資銘柄は、次世代通信関連企業の中から、ファンダメンタルズ分析を通じて、成長性や株価の割安度を検証したうえで選定します。
  • 主要投資対象ファンドの運用は、ニューバーガー・バーマン・グループの運用会社であるニューバーガー・バーマン・インベストメント・アドバイザーズ・エル・エル・シーが行います。
  • 組入外貨建資産については、原則として為替ヘッジを行いません。

次世代通信関連 世界株式戦略ファンド(愛称:THE 5G)の取引に関する重要事項

<リスク>

当ファンドは、主に値動きのある国内外の株式等を実質的な投資対象としています。当ファンドの基準価額は、組み入れた有価証券等の値動きや為替相場の変動等の影響により上下するため、これにより元本損失が生じることがあります。当ファンドは、投資元本および分配金の保証された商品ではありません。

<手数料・費用等>

当ファンドご購入の際には、申込金額に対して最大3.24%(税込)を乗じた額の申込手数料がかかります。また、換金時に直接ご負担いただく信託財産留保額はかかりませんが、当ファンドの保有期間中に間接的にご負担いただく費用として、純資産総額に対して年率1.8264%程度(税込)を乗じた額の信託報酬のほか、その他の費用がかかります。その他費用については、運用状況等により変動するものであり、事前に料率、上限額等を示すことができません。手数料(費用)の合計額については、申込金額、保有期間等の各条件により異なりますので、事前に料率、上限額等を表示することができません。

<その他>

当ファンドご購入の際には、当社ウェブサイトに掲載の「目論見書補完書面」「投資信託説明書(交付目論見書)」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。