要ブックマーク!2019年の重要イベントは、これだ!

要ブックマーク!2019年の重要イベントは、これだ!

2019年1月4日の大発会は日経平均が452円下落する大荒れスタートとなりました。波乱が多そうな今年のマーケットを乗り切るためにも、重要なイベントは忘れずにチェックしておきたいところ。そこでマーケットへの影響が大きそうな2019年の重要なイベントや株式市場の権利付き最終日、FOMCのスケジュールなど投資に役立つ情報をまとめました。ぜひ本ページをブックマークし毎月チェックしてみてください。

本コンテンツは2019年1月4日時点の報道等から作成しておりその正確性や完全性について保証するものではございません。また、イベントの予定が変更されてもその変更が本コンテンツに反映されているとは限りません。最新の情報は必ずご自身で報道等をご確認賜りますようお願いいたします。

1月:安倍晋三総理とプーチン露大統領が首脳会談を予定

重要イベント

  • 22日:安倍晋三首相がロシア訪問、プーチン大統領と首脳会談
  • 下旬:米大統領の一般教書演説
  • 下旬:通常国会招集

その他イベント

  • 7日:2歳以上の国外に出る人に1人1,000円の出国税開始
  • 22日-25日:世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)
  • 23日:日銀金融政策決定会合の結果発表および「経済・物価情勢の展望」の発表
  • 30日:連邦公開市場委員会(FOMC)結果発表

2月:トランプ米大統領が予算教書を発表

重要イベント

  • 1日:日欧経済連携協定(EPA)が発行
  • 月内:米大統領が2020会計年度の予算教書を発表
  • 月内:パウエルFRB議長が半期に1度の議会証言

その他イベント

  • 10日:自民党大会
  • 24日:天皇陛下御在位30年記念式典
  • 25日-28日:携帯電話見本市「モバイル・ワールド・コングレス2019」(バルセロナ)

3月:米中貿易戦争の休戦期限&英国がEUを離脱

重要イベント

  • 1日:米国と中国が12月1日に設定した90日の猶予期間が終了
  • 5日:中国の全国人民代表大会(全人代)が開幕
  • 29日:英国がEUを離脱する見込み

その他イベント

  • 10日:米国で夏時間が開始
  • 15日:日銀金融政策決定会合の結果発表
  • 20日:連邦公開市場委員会(FOMC)結果発表
  • 31日:欧州で夏時間が開始

4月:「平成」の後の新元号が発表に

重要イベント

  • 1日:新元号が発表
  • 7日:統一地方選(都道府県および政令指定都市)開催
  • 月内:石油輸出国機構(OPEC)総会開催

その他イベント

  • 1日:改正出入国管理法が施行(外国人労働者の受け入れ拡大)
  • 21日:統一地方選(政令指定都市以外)
  • 25日:日銀金融政策決定会合の結果発表および「経済・物価情勢の展望」の発表
  • 27日-5月6日:新天皇即位に伴う10連休
  • 30日:天皇陛下退位

5月:新天皇即位および新元号がスタート

重要イベント

  • 1日:新天皇即位
  • 23日:欧州議会選挙

その他イベント

  • 1日:連邦公開市場委員会(FOMC)結果発表

6月:G20首脳会合が大阪で開催

重要イベント

  • 20日-21日:EU首脳会議
  • 28日-29日:20カ国・地域(G20)首脳会合を大阪で開催

その他イベント

  • 11日-13日:ゲーム見本市「E3」がロサンゼルスで開催
  • 19日:連邦公開市場委員会(FOMC)結果発表
  • 20日:日銀金融政策決定会合の結果発表
  • 月内:通常国会期末

7月:株式取引の受渡が1日短縮・参議院選挙開催

重要イベント

  • 16日:株式等の決済期間短縮化(3営業日後から2営業日後に短縮)実施
  • 月内:参議院選挙開催
  • 月内:パウエルFRB議長が半期に1度の議会証言

その他イベント

  • 24日:東京オリンピック開幕まで1年
  • 30日:日銀金融政策決定会合の結果発表および「経済・物価情勢の展望」の発表
  • 31日:連邦公開市場委員会(FOMC)結果発表

8月:G7首脳会議がフランスで開催

重要イベント

  • 24日-26日:G7首脳会議がフランスで開催
  • 月内:ジャクソンホールで年次シンポジウム

その他イベント

  • 25日:東京パラリンピック開幕まで1年

9月:2026年冬季五輪の開催地が決定

重要イベント

  • 月内:2026年冬季五輪の開催地が決定

その他イベント

  • 10日:アリババ(BABA)のジャック・マー氏が退任
  • 12日-15日:東京ゲームショウ2019が開催
  • 18日:連邦公開市場委員会(FOMC)結果発表
  • 19日:日銀金融政策決定会合の結果発表
  • 20日:ラグビー・ワールドカップ日本大会が開幕

10月:消費税率を10%に引き上げ

重要イベント

  • 1日:消費税率を8%から10%に引き上げ
  • 31日:ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁が退任

その他イベント

  • 1日:楽天がKDDIと提携して携帯電話事業に参入
  • 27日:欧州夏時間終了
  • 30日:連邦公開市場委員会(FOMC)結果発表
  • 31日:日銀金融政策決定会合の結果発表および「経済・物価情勢の展望」の発表
  • 月内:ノーベル賞受賞者発表

11月:アジア太平洋経済協力会議(APEC)の首脳会議が開催

重要イベント

  • 1日:新欧州中央銀行(ECB)総裁が就任
  • 16日-17日:アジア太平洋経済協力会議(APEC)の首脳会議が開催

その他イベント

  • 3日:米国の夏時間が終了
  • 11日:中国の「独身の日」

12月:年末までにフランシスコ・ローマ法王が来日へ

重要イベント

  • 月内:フランシスコ・ローマ法王が来日し広島や長崎を訪問
  • 月内:中国で中央経済工作会議が開催

その他イベント

  • 11日:連邦公開市場委員会(FOMC)結果発表
  • 19日:日銀金融政策決定会合の結果発表
  • 30日:東証などの取引所が年内取引最終日(大納会)

2019年の配当や株主優待等の権利付き最終日は?

配当や株主優待といった株主の権利を取得するためには「権利付最終日」の時点で株式を保有していることが必要です。月末が権利確定となっている銘柄の権利付最終日と権利落ち日をまとめましたのでぜひご参考ください。

権利確定日が月末ではない銘柄もございますのでご注意ください。

国内株式の権利付最終日はどこで確認できますか?

月末が権利確定日の銘柄の権利付最終日と権利落日

権利付最終日 権利落ち日
1月 1月28日(月) 1月29日(火)
2月 2月25日(月) 2月26日(火)
3月 3月26日(火) 3月27日(水)
4月 4月23日(火) 4月24日(水)
5月 5月28日(火) 5月29日(水)
6月 6月25日(火) 6月26日(水)
7月 7月29日(月) 7月30日(火)
8月 8月28日(水) 8月29日(木)
9月 9月26日(木) 9月27日(金)
10月 10月29日(火) 10月30日(水)
11月 11月27日(水) 11月28日(木)
12月 12月26日(木) 12月27日(金)

7月以降の権利付最終日および権利落ち日は7月16日に株式の決済期間短縮化が行われることを前提に記載しています。

FOMC・日銀金融政策会合・米雇用統計の年間スケジュール

米国や日本の金融政策は2019年もマーケットに与える影響が非常に大きいと考えられます。米国と日本の金融政策が発表される会合の開催スケジュールを表にまとめました。また、米国の金融政策決定への影響が大きい米雇用統計の発表スケジュールも合わせてご紹介いたします。

連邦公開市場委員会(FOMC)の年間スケジュール

回数 開催日
第1回 1月29日・30日
第2回 3月19日・20日
第3回 4月30日・5月1日
第4回 6月18日・19日
第5回 7月30日・31日
第6回 9月17日・18日
第7回 10月29日・30日
第8回 12月10日・11日

日銀金融政策決定会合の年間スケジュール

回数 開催日
第1回 1月22日・23日
第2回 3月14日・15日
第3回 4月24日・25日
第4回 6月19日・20日
第5回 7月29日・30日
第6回 9月18日・19日
第7回 10月30日・31日
第8回 12月18日・19日

米雇用統計の年間スケジュール

発表日時(日本時間)
1月 4日(23:30)
2月 1日(23:30)
3月 8日(23:30)
4月 5日(22:30)
5月 3日(22:30)
6月 7日(22:30)
7月 5日(22:30)
8月 2日(22:30)
9月 6日(22:30)
10月 4日(22:30)
11月 1日(22:30)
12月 6日(23:30)
当社は、本書の内容につき、その正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。記載した情報、予想および判断は有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。
提供する情報等は作成時現在のものであり、今後予告なしに変更または削除されることがございます。当社は本書の内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。本書の内容に関する一切の権利は当社にありますので、当社の事前の書面による了解なしに転用・複製・配布することはできません。内容に関するご質問・ご照会等にはお応え致しかねますので、あらかじめご容赦ください。