投資パフォーマンスを分析!"俺の投資力診断"リリース

投資パフォーマンスを分析! 俺の投資力診断リリース

2019年1月31日(木)より、国内株式パフォーマンス測定ツール「俺の投資力診断(以下、本ツール)」の提供を開始いたしました。(※1)

本ツールは、個人投資家が管理することが難しい一定の期間内の株式取引の収益、標準偏差、シャープレシオ等の指標を簡単に把握することができ、それらのバランスを容易に捉えることができます。
さらに、ご自身の投資成績の確認だけではなく、TOPIXの値、他の本ツール利用者のパフォーマンスデータ(※2)やマネックス証券口座での株式保有者との指標の比較が可能となっており、お客様ご自身の投資行動がマーケット上でどの位置にあるかを相対的に視覚とデータで管理することができ、今後の投資行動を見直すきっかけとしていただけます。

本ツールはマネックス証券に口座をお持ちのお客様が無料でご利用いただけます。ぜひお試しください。

※1パフォーマンス測定の対象は、証券総合取引口座、トレードステーション口座ならびにNISA口座・ジュニアNISA口座に保有する国内株式(現物・信用含む)、ETF、ETN、REITおよび預り金・MRFとなります。

※2本測定ツールの利用規定に同意いただいたお客様の、ランダムで抽出されたパフォーマンスデータ。

口座開設・維持費は無料です。まずは口座を開いてみませんか?

マネックス証券に口座をお持ちでない方はこちら

【使い方動画】俺の投資力診断。開発者が徹底解説 はこちら

あなたの投資収益は他の投資家と比較してどうだった?

  • 国内株式の収益率、標準偏差をTOPIXの値や他の本ツール利用者のパフォーマンスデータと比較可能。
  • お客様ご自身よりパフォーマンスが良い他の本ツール利用者がどのような投資行動をしているかを把握可能。
  • 「比較可能なデータ」を選択すると、保有銘柄や投資指標等を確認することも可能。

散布図で、上にいくほど収益率は高く、右に行くほど、標準偏差が高い(=リスクが高い※)ことを示します。

例えば、上の図で「あなた」とTOPIXの収益率、標準偏差を比較すると、収益率はTOPIXよりも高く、標準偏差はTOPIXよりも高いと理解することができます。
ご自身よりも収益率が高い人、標準偏差が低い人がどのような銘柄を保有しているか等を参考にすることで、次の投資に活かすことができるのではないでしょうか。

標準偏差は、運用リターンのバラツキ度合を示す統計値です。数値が大きいほどリスクの高い運用となります。

現在の運用状況について一言コメント。あなたにあったツールの使い方もご提案

  • ランダムで表示されるデータを選択すると、あなたと選択したデータの各指標をレーダーチャートで比較。
  • 今後の投資方針をアドバイス(一言分析)します。

収益の実績も見やすいグラフ表示

  • 収益額をグラフで表示可能。
  • 「日」、「月」、「年」を選択することで、それぞれの期間での収益額を把握することが可能。

口座開設・維持費は無料です。まずは口座を開いてみませんか?

マネックス証券に口座をお持ちでない方はこちら

俺の投資力診断に関する重要事項

当社は、俺の投資力診断の内容につき、その正確性や完全性について保証するものではございません。記載した情報、予想及び判断は有価証券の購入、売却、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。
銘柄選択や売買タイミングなどの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようにお願いいたします。