旬なあの人が出演!新米国株プロモ動画公開

旬なあの人が出演!新米国株プロモ動画公開

マネックス証券は、米国株の魅力を伝えるために米国株プロモーション動画を作成しました。
話題になったあの映画に出演されたあの人がマネックス証券米国株プロモ動画にまさかの出演!
ハイクオリティのこの動画をぜひご覧ください。

新米国株プロモ動画で伝えたいこと

「もっと米国株の魅力を伝えたい。」

新米国株プロモ動画を作成する時に何度も打ち合わせを行い、考えました。
その結果、私たちがたどり着いた答えは、
「身近に米国企業が当たり前にあることをもっと知ってほしい」ということでした。

利用しているスマホはアップル社(ティッカー:AAPL)のiPhoneですか?
スターバックス(ティッカー:SBUX)のコーヒーやフラペチーノは飲みますか?

これらのサービスを提供しているのは、米国企業です。
米国企業のサービスは日本に住んでいる私たちに当たり前に浸透しています。
日本企業だけでなく、米国企業に株式投資することで投資の幅が広がること、そして米国企業は身近にあることをこのプロモ動画を通して再認識いただければ幸いです。

ご出演されたお二方をご紹介

濱津 隆之 氏

株式会社アニモプロデュース所属

濱津 隆之 氏

2018年6月公開の映画「カメラを止めるな!」(監督:上田慎一郎)にて主役・日暮隆之を演じ、同作が8部門で優秀賞を受賞した第42回日本アカデミー賞では、優秀主演男優賞を受賞。

生年月日:1981年8月25日(37)
出身地:埼玉県

濱津氏からのコメント

とても魅力的な仁村紗和さんと髭のおじさんとの可笑しな絡みを楽しんでもらえたらと思います。見所はやはり、ロックグラスをスーのところです。

仁村 紗和 氏

(株)サンミュージックプロダクション所属

仁村 紗和 氏

【TV】NHK Eテレ「高校講座 地学基礎」新レギュラー(4月スタート)
【映画】「地獄少女」メインキャスト(2019年公開予定)
【広告】「ecute」ブランドムービー など

生年月日:1994年10月13日(24)
出身地:大阪府

仁村氏からのコメント

謎の女が現れてからの濱津さんが動揺しながらも
「アメリカ」と答えてしまうお芝居が愛らしくてほんと面白いです。
なんともシュールな世界観は見どころです!

マネックス証券の新米国株プロモ動画

「目の前にあるのは、アメリカ!?」(30秒編)

2019年9月30日(月)に当動画は非公開となります。

「目の前にあるのは、アメリカ!?」(15秒編)

2019年9月30日(月)に当動画は非公開となります。

新米国プロモ動画を静岡県でTVCM放送中!

「目の前にあるのは、アメリカ!?」(15秒編)を2019年4月15日(月)~4月30日(火)の間、静岡県にて、CMを放送中です。
静岡県にお住まいの方は、ぜひご覧ください!

米国株のお取引をするには

米国株を取引するためには、外国株取引口座の開設(無料)が必要です。
ウェブサイト上から簡単に、もちろん無料で開設いただけます。

米国株のお取引を始めるには、外国株取引口座を開設後、
①資金振替(円資金の移動)
②為替振替(円を米ドルへ交換)、もしくは円貨資金の連携指示が必要です。

マネックス証券の米国株取引の仕組みはこちら

米国(アメリカ)株 円貨決済

米国株取引をはじめるには

米国株取引は、マネックス証券の「証券総合取引口座」と「外国株取引口座」の2つの口座を開設すると、ご利用いただけます。もちろんどちらも口座開設・維持費は無料です。

証券総合取引口座をお持ちでない方

[口座開設・維持費は無料]

証券総合取引口座をお持ちの方

ログイン後、外国株取引口座開設画面へ遷移します

米国株取引をはじめるには

外国株取引口座をお持ちでないお客様は、まず、外国株取引口座をお申込みください。開設後は、外国株取引口座情報へのアクセスや米国株取引画面へのログインができます。

外国株取引口座をお持ちでない方

外国株取引口座開設画面へ遷移します

米国上場有価証券等のお取引に関する重要事項

<リスク>

米国株式および米国ETF、REIT、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等(以下「米国株式等」)の売買では、株価等の価格の変動、外国為替相場の変動等、または発行者等の信用状況の悪化等により、元本損失が生じることがあります。米国ETF等の売買では、裏付けとなっている資産の株式相場、債券相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等(これらの指数を含む。)や評価額の変動により、元本損失が生じることがあります。国外株式等の場合には、その国の政治的・経済的・社会的な環境の変化のために、元本損失が生じることがあります。なお、外国為替相場の変動により、外貨お預り金の円換算価値が下がり、円ベースでの元本損失が生じることがあります。

<手数料等(税抜)>

米国株式等の売買では、約定代金に対し0.45%(ただし最低手数料0.1米ドル、手数料上限20米ドル)の国内取引手数料がかかります。また、上記取引手数料のほか売却時のみ現地取引費用がかかります。現地取引費用は、市場状況、現地情勢等に応じて決定されますので、その金額等および手数料等の合計額等をあらかじめ表示することはできません。また、米国ETF等の売買では、保有期間に応じて信託報酬その他手数料がかかることがあります。なお、円貨お預り金と外貨お預り金の交換時に所定の為替手数料がかかります。

<その他>

お取引の際は、当社ウェブサイトに掲載の「上場有価証券等書面」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。また、米国株式等は、国内金融商品取引所に上場されている場合や国内で公募・売出しが行われた場合等を除き、日本の法令に基づく企業内容等の開示が行われておりませんので、取引を行うにあたっては十分にご留意ください。