マネックスで資産形成するならこのファンド!

マネックスで資産形成するならこのファンド!

一般的な機関投資家も活用する運用手法を採用したマネックス資産設計ファンド<育成型・隔月分配型>は、これまで投資に触れたことのない方にもおすすめできるファンドです。
マネックス資産設計ファンドで、将来のための資産形成をはじめませんか。

マネックス資産設計ファンド<育成型/隔月分配型>

<ファンドの特長>

  • 実質的に世界の6資産(国内外の株式・債券・リート)に分散投資を行うことにより、信託財産の成長と安定した収益の確保をめざします。
  • 基本資産配分比率は、各資産のリターン、リスク等を推計し、証券投資理論に基づいて決定します。
  • 実質組入外貨建資産については、原則として対円での為替ヘッジを行いません。

分散投資でリスクを抑えて安定的なリターンをめざす

マネックス資産設計ファンドは、実質的に国内外の株式・債券・REITに分散投資することで、安定的なリターンを目指すファンドです。
以下は、当ファンドの2019年度における基本資産配分比率です。
なぜ、分散投資を行うのでしょうか。詳しくみてみましょう。

G-REIT はグローバルリートの略

(アセットマネジメントOne提供資料をもとにマネックス証券作成)

どの資産がベストリターンを得るかは予想が難しい

下図は各資産の年間リターンと各資産に均等投資した場合の年間リターンを順位ごとに表したものです。毎年、最も好リターンをあげる資産は異なり、それを予想するのは難しいことがわかります。
分散投資は、リスクを低減させ、リターンを安定させる効果が期待できます。

期間:2009年~2018年
国内株式:東証一部時価総額加重平均収益率、外国株式:MSCIコクサイ(グロス、円ベース)、国内債券:野村BPI総合、外国債券:FTSE世界国債(除く日本、円ベース)、4資産分散:国内株式、外国株式、国内債券、外国債券の4資産に25%ずつ投資したポートフォリオ、毎月末リバランス
(イボットソン・アソシエイツ・ジャパン株式会社作成の資料をもとにマネックス証券作成)

【動画で解説】長期積立分散投資の有効性

講師: イボットソン・アソシエイツ・ジャパン株式会社 小松原 宰明氏

収録日:2019年7月25日

分散投資のメリット

各資産を単独で保有する場合と比べて、相対的に安定した運用が期待できる。

証券投資理論に基づいた効率的な資産配分

マネックス資産設計ファンドは、各資産に単に均等投資するのではなく、より効率的な資産配分を目指します。
資産配分の組み合わせは無数に存在しますが、当ファンドが考える効率的な資産配分とは、「同じリスクなら、より高いリターン」、「同じリターンなら、より低いリスク」となる組み合わせです。
以下の動画でイメージしてみましょう。

【動画で解説】長期積立分散投資の有効性

講師: イボットソン・アソシエイツ・ジャパン株式会社 小松原 宰明氏

収録日:2019年7月25日

当ファンドは、おおむね効率的フロンティア上にある組み合わせを基本資産配分比率とします。基本配分比率は、年に一度見直します。

つみたて投資を継続することが有効

マネックス資産設計ファンド(育成型)を毎月1万円ずつつみたて投資をした場合の時価評価額と累積投資額の推移

マネックス証券では、資産形成のための有効な手段として、つみたて投資をおすすめしています。
つみたて投資とは、決まった日に決まった金額を定期的に買い付ける方法。
つみたて投資を継続することで、基準価額が高いときは少なく、低いときは多く買い付けることができます。これにより平均購入単価が平準化され、高値づかみを防ぐ効果が期待できます。

07年1月 07年2月   09年1月   19年6月 合計
基準価額 10,056 10,114   6,728   12,711  
1万円あたりの
購入口数
9,944 9,887 ・・・ 15,929 ・・・ 7,867 1,655,243口
投資額 10,000 10,000   10,000   10,000 150万円
2019年6月28日時点での1万口当たりの平均取得単価 約9,062円
2019年6月28日時点での保有口数の時価評価額 約210万4千円

期間:2007年1月末~2019年6月末(月次)

投資月の最終営業日の基準価額で投資をしたと仮定して計算しています。

時価評価額=計算時点の累計購入口数×計算時点の1口あたり基準価額で計算しています。

(アセットマネジメントOne株式会社作成)

長期つみたて投資の効果

設定来、毎月1万円ずつコツコツと積立投資を行うと、2019年6月末のリターンは約40.3%となり、一括投資で購入した場合と比較して高いリターンを得ることができました。これは、積立による投資タイミングの分散の効果といえます。

*1一括投資:マネックス資産設計ファンド<育成型>に設定時に一括で150万円投資した場合

*2設定来、マネックス資産設計ファンド<育成型>に毎月1万円ずつ、総額150万円投資した場合

取引にかかる費用や税金等は考慮しておりません。

(アセットマネジメントOne株式会社作成)

マネックス証券のiDeCoにも採用

個人型確定拠出年金 iDeCo(イデコ)は、税制優遇を受けながら老後資産を形成できる、おトクな制度。
マネックス証券のiDeCoなら、豊かなセカンドライフへの準備として「マネックス資産設計ファンド<育成型>」を活用することができます。

マネックス資産設計ファンド<育成型/隔月分配型>

<ファンドの特長>

  • 実質的に世界の6資産(国内外の株式・債券・リート)に分散投資を行うことにより、信託財産の成長と安定した収益の確保をめざします。
  • 基本資産配分比率は、各資産のリターン、リスク等を推計し、証券投資理論に基づいて決定します。
  • 実質組入外貨建資産については、原則として対円での為替ヘッジを行いません。

ご注意

  • 当コンテンツに掲載の情報は過去のものであり、将来の運用成果等を示唆・保証するものではありません。
  • 当コンテンツは、マネックス証券が信頼できると判断したデータ等により作成しておりますが、その内容の完全性、正確性について保証するものではありません。
  • この内容は作成時点のものであり、今後予告なく変更される場合があります。
本セミナーでは、セミナーでご紹介する商品等の勧誘を行うことがあります。
マネックス証券株式会社および説明者は、セミナーおよび関連資料等の内容につき、その正確性や完全性について意見を表明し、保証するものではございません。情報、予想および判断は有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。
提供する情報等は作成時または提供時現在のものであり、今後予告なしに変更・削除されることがございます。当社および説明者はセミナーおよび関連資料等の内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。
銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようにお願いいたします。なお、セミナーおよび関連資料等は当社および情報提供元の事前の書面による了解なしに複製・配布することはできません。記載内容に関するご質問・ご照会等にはお応え致しかねますので、あらかじめご容赦ください。

マネックス資産設計ファンド <育成型>/<隔月分配型>の取引に関する重要事項

<リスク>

当ファンドは、主に値動きのある国内外の株式、債券、リート等を実質的な投資対象としています。当ファンドの基準価額は、有価証券の値動き等や為替相場の変動等の影響により上下するため、元本損失が生じることがあります。当ファンドは、投資元本及び分配金の保証された商品ではありません。

<手数料・費用等>

当ファンドご購入の際の申込手数料はかかりませんが、換金時に直接ご負担いただく費用として、申込受付日の翌営業日の基準価額に0.3%を乗じた額の信託財産留保額がかかります。また、当ファンドの保有期間中に間接的にご負担いただく費用として、純資産総額に対して年率0.54%(税込)を乗じた額の信託報酬のほか、その他の費用がかかります。その他費用については、運用状況等により変動するものであり、事前に料率、上限額等を示すことができません。手数料(費用)の合計額については、申込金額、保有期間等の各条件により異なりますので、事前に料率、上限額等を表示することができません。

<その他>

当ファンドご購入の際には、当社ウェブサイトに掲載の「目論見書補完書面」「投資信託説明書(交付目論見書)」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。