スプレッド大幅縮小!英ポンドキャンペーン

「FX PLUS」は、FX専用口座「マネックスFX」とは異なるサービスです。

本キャンペーンでは、「マネックスFX」でのお取引は対象外となりますので、ご注意ください。

スプレッド大幅縮小!英ポンドキャンペーン

2019年9月9日(月)9:00~2019年11月30日(土)6:55のキャンペーン期間中、FX PLUSの英ポンド(GBP)ペアのスプレッドを大幅に縮小いたします。

原則固定・例外あり:スプレッドは標準的な数値で、固定されたものではありません。月曜日取引開始時、経済指標発表時、クリスマス、イースターなど、相場状況によりスプレッドが拡大する可能性があります。

期間限定!GBP/JPY、GBP/USDのスプレッド縮小(原則固定・例外あり)

ブレグジットの行方は!?

タイムリミットは2019年10月31日。「合意なき離脱」となるのか!?

2019年4月10日 臨時EU首脳会議
英国での3回目の離脱協定案の否決を受け英国の離脱日の再延期が最長で10月31日まで承認された。
※離脱日は、英国およびEUが離脱協定の批准手続きを完了した翌月の1日、もしくは11月1日のいずれか早い日とする。
2019年5月24日 メイ英首相が辞任表明
メイ英首相は6月7日をもって保守党の党首を辞任すると発表した。
2019年7月24日 ジョンソン氏が英首相に就任
保守党党首選で、離脱強硬派のボリス・ジョンソン氏が勝利し、新首相に就任した。
 2019年8月28日 離脱期限直前に議会が閉会されることが決定
ジョンソン英首相が、英議会を10月13日までの1か月間閉会すると発表した。
 2019年9月4日 英議会、EU離脱延期法案を可決
英国の議会下院は4日夜、EUからの「合意なき離脱」を防ぐため、EU離脱を延期する法案を、賛成多数で可決。ジョンソン英首相は同法案に対抗するため、総選挙の実施を求める動議を提出したが、総選挙に必要な3分の2の賛成を得られず、否決された。
2019年4月10日 臨時EU首脳会議
英国での3回目の離脱協定案の否決を受け英国の離脱日の再延期が最長で10月31日まで承認された。
※離脱日は、英国およびEUが離脱協定の批准手続きを完了した翌月の1日、もしくは11月1日のいずれか早い日とする。
2019年5月24日 メイ英首相が辞任表明
メイ英首相は6月7日をもって保守党の党首を辞任すると発表した。
2019年7月24日 ジョンソン氏が英首相に就任
保守党党首選で、離脱強硬派のボリス・ジョンソン氏が勝利し、新首相に就任した。
 2019年8月28日 離脱期限直前に議会が閉会されることが決定
ジョンソン英首相が、英議会を10月13日までの1か月間閉会すると発表した。
 2019年9月4日 英議会、EU離脱延期法案を可決
英国の議会下院は4日夜、EUからの「合意なき離脱」を防ぐため、EU離脱を延期する法案を、賛成多数で可決。ジョンソン英首相は同法案に対抗するため、総選挙の実施を求める動議を提出したが、総選挙に必要な3分の2の賛成を得られず、否決された。



2019年10月31日 「合意なき離脱」の行方は?
2019年10月31日 「合意なき離脱」の行方は?

2019年9月5日時点

「ブレグジット」とは?

英国のEU離脱問題を指します。Britain(英国)とExit(退出)を組み合わせた造語です。

「合意なき離脱」とは?

離脱交渉でEUと英国の間で何も取り決めがないまま、英国が離脱するケースを指します。

「合意なき離脱」となったらどうなる?

「合意なき離脱」となった場合、新たに税関手続きなどが発生することが予想されます。これに伴い、流通への影響が考えられています。英国では、食料・医薬品不足、それに伴う物価高騰など経済的な影響が発生する可能性があります。

キャンペーン詳細

キャンペーン期間 2019年9月9日(月)9:00~2019年11月30日(土)6:55
エントリー要否 エントリー不要
キャンペーン期間中であれば、すべてのお客様へ自動的に適用されます。
キャンペーン内容

「FX PLUS」において、キャンペーン期間中、GBP/JPY、GBP/USDのスプレッドを縮小いたします。

GBP/JPY:1.3銭⇒【キャンペーン期間中】0.9銭

GBP/USD:1.2pips⇒【キャンペーン期間中】0.7pips

注意事項
  • 縮小したスプレッドは、キャンペーン期間中の標準的なもので、固定されたものではありません。月曜日取引開始時や経済指標発表時などはスプレッドが拡大する可能性があり、その場合キャンペーンスプレッドは適用されません。
  • キャンペーンの内容は、予告なく変更または中止となる場合がございますのであらかじめご了承ください。

FX PLUSのスプレッド(原則固定・例外あり)

原則固定・例外あり:スプレッドは原則固定となりますが、国内外の祝日、早朝・深夜など 流動性が低下している時間帯、経済指標の発表や相場状況により、拡大する場合がありますのであらかじめご了承ください。

FX PLUSのサービスについて

FX PLUSでは、順張り型のリピート系注文『オートレール』、実際の取引データをAIが解析してお客様の取引スタイルに即したアドバイスをする『トレードカルテFX』など、様々なサービスをご利用いただけます。
FX PLUSのサービスや取引ルールについては、FXページよりご確認ください。

FX PLUS(外国為替証拠金取引)をはじめるには

FX PLUSは、マネックス証券の「証券総合取引口座」と「FX PLUS口座」の2つの口座を開設すると、ご利用いただけます。もちろんどちらも口座開設・維持費は無料です。

証券総合取引口座をお持ちでない方

[口座開設・維持費は無料]

証券総合取引口座をお持ちの方

ログイン後、FX PLUS口座開設画面へ遷移します

FX PLUS(外国為替証拠金取引)を試してみたいお客様

本物の口座と同じ為替レートや取引ルールで仮想取引できる、「デモ口座」もご用意しています。仮の資産でお試し取引ができるので、初めてでも安心です。
「デモ口座」は、証券総合取引口座をお持ちでない方もご利用いただけます。

FX PLUS デモ口座の詳細・お申込み

外国為替証拠金取引は、全てのお客様の投資運用に適合するものではございません。お客様によっては、投資商品として適合しない場合がございますのでご注意をお願いいたします。お客様の本商品・取引の性格・リスク・費用に対する正確なご理解を前提とし、現在の収入金額や金融資産額の状況、ご投資資金の運用期間や目的を十分にご考慮のうえ、お取引の決定のご判断をお願い申し上げます。

また、FX PLUS口座の開設には一定の審査がございます。審査の結果によっては開設できない場合もございますので、あらかじめご了承ください。

FX PLUS(外国為替証拠金取引)をはじめるには

FX PLUSは、「FX PLUS口座」を開設すると、ご利用いただけます。もちろん口座開設・維持費は無料です。

FX PLUS口座をお持ちでない方

FX PLUS口座開設画面へ遷移します

FX PLUS(外国為替証拠金取引)を試してみたいお客様

本物の口座と同じ為替レートや取引ルールで仮想取引できる、「デモ口座」もご用意しています。仮の資産でお試し取引ができるので、初めてでも安心です。
「デモ口座」は、証券総合取引口座をお持ちでない方もご利用いただけます。

FX PLUS デモ口座の詳細・お申込み

外国為替証拠金取引は、全てのお客様の投資運用に適合するものではございません。お客様によっては、投資商品として適合しない場合がございますのでご注意をお願いいたします。お客様の本商品・取引の性格・リスク・費用に対する正確なご理解を前提とし、現在の収入金額や金融資産額の状況、ご投資資金の運用期間や目的を十分にご考慮のうえ、お取引の決定のご判断をお願い申し上げます。

また、FX PLUS口座の開設には一定の審査がございます。審査の結果によっては開設できない場合もございますので、あらかじめご了承ください。

FX PLUS(店頭外国為替証拠金取引)に関する重要事項

<リスク>

FX PLUSでは、取引対象である通貨の価格の変動により元本損失が生じることがあります。また、取引金額が預託すべき証拠金の額に比して大きいため(具体的な倍率は当社ウェブサイトをよくご確認ください)、取引対象である通貨の価格の変動により、その損失の額が証拠金の額を上回る(元本超過損)ことがあります。 さらに、取引対象である通貨の金利の変動により、スワップポイントが受取りから支払いに転じることがあります。FX PLUSは、店頭取引であるため、当社・カバー先の信用状況の悪化等により元本損失が生じることがあります。FX PLUSでは、損失が一定比率以上になった場合に自動的に反対売買により決済されるロスカットルールが設けられていますが、相場の急激な変動により、元本超過損が生じることがあります。加えて、相場の急激な変動により、意図した取引ができない可能性があります。

<手数料等>

FX PLUSでは、取引手数料はかかりません。当社は、通貨ペアごとにオファー価格(ASK)とビッド価格(BID)を同時に提示します。オファー価格とビッド価格には差額(スプレッド)があり、オファー価格はビッド価格よりも高くなっています。流動性の低下、相場の急激な変動により、スプレッドの幅は拡大することがあります。

<証拠金>

FX PLUSでは、取引通貨の為替レートに応じた取引額に対して一定の証拠金率以上で当社が定める金額の証拠金(必要証拠金)が必要となります。一定の証拠金率とは以下のとおりです。ただし、相場の急激な変動等の事由が発生した場合には当社判断により変更することがあります。
(個人口座)
原則4%(一部の通貨ペアでは8%、詳細は当社ウェブサイトをご確認ください)
(法人口座)
金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号の定める定量的計算モデルにより金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率です。ただし、金融先物取引業協会の算出した為替リスク想定比率が、当社が通貨ペアごとに定める最低証拠金率(原則1%、一部の通貨ペアでは8%、詳細は当社ウェブサイトをご確認ください)を下回る場合には、当社が通貨ペアごとに定める最低証拠金率を優先させることとします。

<その他>

お取引の際は、当社ウェブサイトに掲載の「契約締結前交付書面」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。