2019年、堅調に推移する国内REITに注目!

2019年、堅調に推移する国内REITに注目!

日本国内のREIT市場(不動産投資信託市場)が堅調に推移しています。米中貿易摩擦など外部環境の変化や為替に左右されにくい点で、国内REITに注目している方も多いのではないでしょうか。堅調な国内REIT市場とマネックス証券取扱いの国内REIT型投信をご紹介します。

日本のREITに新たな追い風?

国内REIT 世界的な株式指数に組み入れへ

英国の指数算出会社FTSE社が、2020年9月から日本のREITをFTSEグローバル株式指数に組み入れると発表しました。これによって国内REITは新たな買い需要が見込まれます。

Check!

世界的な株式指数への組入れが発表されたJ-REIT(2019年10月3日)

アセットマネジメントOne作成の情報提供資料

堅調に推移する国内REIT市場

東証REIT指数の推移(2018年1月4日~2019年10月23日)

国内REIT市場が堅調に推移しています。東証REIT指数は、10月4日に12年2ヶ月ぶりに2,200ポイント台を回復しました。米中貿易摩擦や世界経済の成長鈍化への懸念等で、国内外の株式市場が不安定な動きを繰り返すなか、国内REIT市場への資金流入が続き上昇傾向で推移しました。

東証REIT指数の推移

東証REIT指数の推移

出所:Bloombergのデータを基にマネックス証券作成
期間:2018年1月4日~2019年10月23日(日次)

東証REIT指数とTOPIXのパフォーマンス比較

直近10年の東証REIT指数の動きを見ると、元々はTOPIX等の国内の株価指数とは相関性が高い傾向にありましたが、2015年頃からは逆の動きをすることが多くなりました。2019年に入ってからは、東証REIT指数の上昇基調が続き、足元ではTOPIXとのパフォーマンスの差が開いてきています。

東証REIT指数とTOPIXのパフォーマンス比較

東証REIT指数とTOPIXのパフォーマンス比較

出所:Bloombergのデータを基にマネックス証券作成
期間:2009年1月5日~2019年10月23日(2009年1月5日を100として指数化)

<参考>主要資産の利回り比較(実績値)

主要資産の利回り比較(実績値)(2019年7月末現在)

主要資産の利回り比較(実績値)(2019年7月末現在)

株式とREITは配当利回り、債券は最終利回りです(それぞれ実績値を使用)。配当利回りとは、1株当たり年間配当金を株価で除した値です。年間配当金が変わらない場合でも株価が上昇/下落すれば配当利回りの低下/上昇につながります。

各資産は為替やその他の特性を考慮しておらず、利回りだけで単純に比較できるものではありません。

上記は、過去の実績・状況または作成時点での見通し・分析であり、将来の市場環境の変動や運用状況・成果を示唆・保証するものではありません。

  • 国内REIT:東証REIT指数
  • 国内株式:東証株価指数(TOPIX)
  • 国内債券:10年国債
  • 先進国株式:MSCI コクサイ インデックス
  • 先進国債券:FTSE世界国債インデックス(除く日本)

本資料中の指数等の知的所有権、その他一切の権利はその発行者および許諾者に帰属します。また、発行者および許諾者が指数等の正確性、完全性を保証するものではありません。
各指数等に関する免責事項等については、委託会社のウェブサイト(https://www.am.mufg.jp/other/disclaimer.html)を合わせてご確認ください。

(出所)Bloombergのデータを基に三菱UFJ国際投信作成

国内REITに投資するファンドをご紹介!

東証REIT指数に連動するインデックスファンド

ダイワJ-REITオープン(毎月分配型)

つみたてOK 100円積立 NISA

わが国のリート(不動産投資信託)に投資し、東京証券取引所が算出・公表する「東証REIT指数」(配当込み)に連動する投資成果をめざして運用を行います。
毎月15日(休業日の場合翌営業日)に決算を行い、収益分配方針に基づいて収益の分配を行います。

MHAM J-REITインデックスファンド(毎月決算型)(愛称:ビルオーナー)

ノーロード つみたてOK 100円積立 NISA

東証REIT指数(配当込み)の値動きに連動する投資成果を目指します。
また、毎月の安定した収益分配に加え、6ヶ月に一度、売買益(繰越分および評価益を含みます。)等から収益分配を行うことを目指します。

三井住友・DC日本リートインデックスファンド

ノーロード つみたてOK 100円積立 NISA

東証REIT指数(配当込み)をベンチマークとし、ベンチマークに連動する投資成果を目指します。
不動産投資信託(REIT)への投資にあたっては、東証REIT指数採用銘柄(採用予定を含みます。)に投資します。

アクティブ運用の国内REIT型ファンド

三菱UFJ Jリートオープン(毎月決算型)

ノーロード つみたてOK 100円積立 NISA

わが国の金融商品取引所に上場している不動産投資信託証券(J-REIT)を主要投資対象とします。
銘柄選定およびポートフォリオの構築は、定性的評価・定量的評価を経て行います。
不動産投資信託証券の組入比率は高位を基本とします。

J-REIT・リサーチ・オープン(毎月決算型)

つみたてOK 100円積立 NISA

わが国の取引所に上場している不動産投資信託証券に投資します。
安定したインカムゲインの確保と投資信託財産の中長期的な成長を目指して運用を行います。
原則として、毎決算時(年12回)に収益の分配を行います。

明治安田J-REIT戦略ファンド(毎月分配型)(愛称:リート王)

ノーロード つみたてOK 100円積立 NISA

主としてJリートへの投資を行い、市場動向によっては投資配分(アロケーション)の変更を行います。
リスク抑制の観点からイールドスプレッド(利回り格差)等の変動に応じてリートの組入比率を調整します。
リートの投資配分を低下させた部分については日本国債に配分します。

ノーロード明治安田J-REITアクティブ

ノーロード つみたてOK 100円積立 NISA

マザーファンドを通じ、わが国の金融商品取引所に上場されている不動産投資信託証券(これに準ずるものを含む)に投資します。

情報提供に関するご留意事項

本情報は、マネックス証券株式会社(以下「当社」といいます)が信頼できると考える情報源から提供されたものですが、当社はその正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。本情報は有価証券やデリバティブ取引等の価値についての判断の基準を示す目的で提供したものではなく、有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。本情報に含まれる過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。
本情報は作成時現在のものであり、今後予告なしに変更または削除されることがございます。
当社は本情報の内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようにお願いいたします。なお、本情報は当社の事前の書面による了解なしに転用・複製・配布することはできません。内容に関するご質問・ご照会等にはお応え致しかねますので、あらかじめご容赦ください。

投資信託取引に関する重要事項

<リスク>

投資信託は、主に値動きのある有価証券、商品、不動産等を投資対象としています。投資信託の基準価額は、組み入れた有価証券、商品、不動産等の値動き等(組入商品が外貨建てである場合には為替相場の変動を含む)の影響により上下するため、これにより元本損失が生じることがあります。投資信託は、投資元本および分配金の保証された商品ではありません。

<手数料・費用等>

投資信託ご購入の際には、申込金額に対して最大3.5%(税込3.85%)を乗じた額の申込手数料がかかります。また、購入時または換金時に直接ご負担いただく費用として、申込受付日またはその翌営業日の基準価額に最大計1.2%を乗じた額の信託財産留保額がかかります。さらに、投資信託の保有期間中に間接的にご負担いただく費用として、純資産総額に対して最大年率2.38%(税込2.618%)を乗じた額の信託報酬のほか、その他の費用がかかります。また、運用成績に応じた成功報酬等がかかる場合があります。その他費用については、運用状況等により変動するものであり、事前に料率、上限額等を示すことができません。手数料(費用)の合計額については、申込金額、保有期間等の各条件により異なりますので、事前に料率、上限額等を表示することができません。

<その他>

投資信託の購入価額によっては、収益分配金の一部ないしすべてが、実質的に元本の一部払い戻しに相当する場合があります。投資信託の収益分配金に関しては、以下をご確認ください。
投資信託の収益分配金に関するご説明
お取引の際は、当社ウェブサイトに掲載の「目論見書補完書面」「投資信託説明書(交付目論見書)」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。
毎月分配型投資信託の収益分配金に関するご説明