ひふみワールド+の取扱を開始しました

12月2日よりひふみワールド+の取扱を開始

「ひふみプラス」を運用するレオス・キャピタルワークスが設定する、海外の成長企業に投資する新ファンド「ひふみワールド+」(ひふみワールドプラス)の取扱いを開始しました。

マネックス証券では、2019年12月12日(木)15:00まで当初申込を受付けます。
積立のお申込みは、2019年12月13日(金)10:00頃(予定)から受付いたします。

ひふみワールド+

ノーロード つみたてOK 100円積立 NISA
  • 日本を除く世界各国の株式等を主要な投資対象とし、成長性が高いと判断される銘柄を中心に選別して投資します。
  • 長期的な産業のトレンドを勘案しつつ、定性・定量の両方面から徹底的な調査・分析を行ない、長期的な将来価値に対してその時点での市場価値が割安と考えられる銘柄に長期的に選別投資します。
  • 株式の組入資産については、原則として為替ヘッジを行ないません。

レオス・キャピタルワークスとは

レオス・キャピタルワークスの経営理念

レオス・キャピタルワークス

『資本市場を通じて社会に貢献します』

わたしたちは、よりよい社会を創るための

"流れ"(レオス)を興したいと願っています。

社名の由来:レオス・キャピタルワークス

「レオス」とは古代ギリシャ語で「流れ」という意味の言葉です。日本にある人財・資本・知恵・技術などたくさんの資産「キャピタル」の「流れ」をつくる工房「ワークス」でありたいという想いが込められています。

(出所)レオス・キャピタルワークス株式会社ウェブサイトより

運用メンバー

レオス・キャピタルワークスの運用部メンバーへのインタビューが、レオス・キャピタルワークスのウェブサイトで紹介されています。
詳細は、こちら から。(レオス・キャピタルワークスのウェブサイトへ遷移します。)

レオス・キャピタルワークス

(出所)レオス・キャピタルワークス株式会社提供資料より

ひふみワールド+の取引に関する重要事項

<リスク>

当ファンドは、主に値動きのある海外の株式等を投資対象としています。当ファンドの基準価額は、組み入れた有価証券の値動きや為替変動等の影響により上下するため、これにより元本損失が生じることがあります。当ファンドは、投資元本および分配金の保証された商品ではありません。

<手数料・費用等>

当ファンドご購入の際の申込手数料および換金時に直接ご負担いただく信託財産留保額はかかりませんが、保有期間中に間接的にご負担いただく費用として、純資産総額に対して年率最大1.6280%(税込)を乗じた額の信託報酬がかかります。
また、純資産総額に対して年率0.0055%(税込)を乗じて得た額(上限年間99万円(税込)。当該上限金額は契約条件の見直しにより変更となる場合があります。)の監査費用のほか、その他の費用がかかります。その他費用については、運用状況等により変動するものであり、事前に料率、上限額等を示すことができません。手数料(費用)の合計額については、申込金額、保有期間等の各条件により異なりますので、事前に料率、上限額等を表示することができません。

<その他>

投資信託の購入価額によっては、収益分配金の一部ないしすべてが、実質的に元本の一部払い戻しに相当する場合があります。投資信託の収益分配金に関しては、以下をご確認ください。
投資信託の収益分配金に関するご説明
当ファンドご購入の際には、当社ウェブサイトに掲載の「目論見書補完書面」「投資信託説明書(交付目論見書)」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。