2020年相場展望

2020年相場展望

まもなく迎える2020年。マネックス証券のアナリスト陣が2020年の株式市場と外部環境の見通し、注目テーマの解説、そして注目銘柄などをお伝えいたします。ぜひご参考ください。

マネックス証券アナリスト陣の2020年見通し

広木 隆

2020年の株式相場 日経平均の予想値 2万7000円超え

チーフ・ストラテジスト 広木 隆

  • ポイントは、①グローバル景気回復、②国内景気回復、③企業業績の回復
  • リスクは、①米大統領選、②格差拡大による社会の混乱、③米中対立の激化
  • 2020年の景気回復と株高シナリオの蓋然性は高いと考える

広木隆のストラテジーレポートを読む

大槻 奈那

2020年の展望 金融緩和と不透明感払拭による"熟しきった果実"を享受

チーフ・アナリスト 大槻 奈那

  • 2019年の金融市場動向
  • 一層の米ドル依存。利下げ効果は新興国にも恩恵だが、不透明要因も満載
  • 日本の動向:日本の長期金利は当面上昇へ。景気も今回は回復が早い

大槻奈那の金融テーマ解説を読む

岡元 兵八郎

2020年米国株式市場の見通し

チーフ・外国株コンサルタント 岡元 兵八郎

  • 米国株市場は2019年に史上最高を更新したが、必ずしも割高とは言えない
  • 2020年の企業収益は前年同期比で約9%の増益、S&P 500も9%程度の上昇を見込む
  • 引き続き長期成長銘柄が市場をけん引するも、米中貿易問題は今後も潜在的なリスク

岡元兵八郎の米国株マスターへの道を読む

吉田 恒

2020年の為替展望 円安120円超、そして「大逆転シナリオ」

チーフ・FXコンサルタント 吉田 恒

  • 2020年はリスクオンが広がり米ドル/円も120円を超える円安が広がる可能性あり
  • 11月大統領選挙前後しリスクオフに転換、米ドル/円も円高へ急転換の「大逆転」も?!

吉田恒の為替ウイークリー

吉田亘の為替デイリーで他通貨の2020年展望を読む

新興国通貨(トルコリラ、メキシコペソ、南アランド)

オセアニア通貨(豪ドル)

欧州通貨(ユーロ、英ポンド)

金山 敏之

評価上昇で来年も活躍が期待されている銘柄は

シニア・マーケットアナリスト 金山 敏之

目標株価コンセンサスがこの6ヵ月で1割以上昇し、その目標株価コンセンサスが株価を1割以上上回る銘柄をピックアップ

金山敏之の投資のヒントを読む

日本株投資の強力なサポート役!「マネックス銘柄スカウター」

新次元の日本株分析ツール 「マネックス銘柄スカウター」はこれまでマネックス証券でご提供してきた「決算&業績予想」の機能をそのままに、投資判断にダイレクトに結びつく様々な機能を新たに追加してリニューアルいたしました。
マーケット・アナリスト益嶋裕が全面プロデュースした「マネックス銘柄スカウター」、ぜひご活用ください。

ログインして利用する

情報ツール利用状況一覧 「マネックス銘柄スカウター」のログインボタンより起動してください

利用する

情報ツール利用状況一覧 「マネックス銘柄スカウター」のログインボタンより起動してください

本コンテンツは情報提供が目的であり、投資その他の行動を勧誘する、あるいは、コンテンツ中の個別銘柄を勧誘、推奨するものではございません。また、過去の実績は将来の投資成果を保証するものではありません。銘柄の選択などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断にてお願いいたします。

国内外上場有価証券取引に関する重要事項(手数料等税抜)

  • 国内株式および国内ETF、REIT、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等(以下「国内株式等」)の売買では、株価等の価格の変動や発行者等の信用状況の悪化等により元本損失が生じることがあります。また、国内ETF等の売買では、裏付けとなっている資産の株式相場、債券相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等(これらの指数を含む。)や評価額の変動により、元本損失が生じることがあります。信用取引では、元本(保証金)に比べ、取引額が最大3.3倍程度となる可能性があるため、価格、上記各指数等の変動、または発行者の信用状況の悪化等により元本を上回る損失(元本超過損)が生じることがあります。信用取引では、売買金額の30%以上かつ30万円以上の保証金が必要です。国内株式等のインターネット売買手数料は、「取引毎手数料」の場合、約定金額100万円以下のときは、成行で最大1,000円、指値で最大1,500円が、約定金額100万円超のときは、成行で約定金額の最大0.1%、指値で約定金額の最大0.15%を乗じた額がかかります。ただし、信用取引では、「取引毎手数料」の場合、約定金額が200万円以下のときは、成行・指値の区分なく最大800円が、約定金額200万円超のときは、成行・指値の区分なく最大1,000円がかかります。また、「一日定額手数料」の場合、一日の約定金額300万円ごとに最大2,500円かかります。約定金額は現物取引と信用取引を合算します。(非課税口座では「取引毎手数料」のみ選択可能ですのでご注意ください。)単元未満株のインターネット売買手数料は、約定金額に対し0.5%(最低手数料48円)を乗じた額がかかります。国内ETF等の売買では、保有期間に応じて信託報酬その他手数料がかかることがあります。国内株式等の新規公開、公募・売出し、立会外分売では、購入対価をお支払いただきますが、取引手数料はかかりません。IFAコースをご利用のお客様について、IFAを媒介した取引の売買手数料は、1注文の約定金額により異なり、2億円超の約定金額のとき最大手数料345,000円かかります。 詳しくは当社ウェブサイトに掲載の「IFAコースの手数料」をご確認ください。
  • 国外株式および国外ETF、REIT、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等(以下「国外株式等」)の売買では、株価等の価格の変動、外国為替相場の変動等、または発行者等の信用状況の悪化等により元本損失が生じるおそれがあります。国外ETF等の売買では、裏付けとなっている資産の株式相場、債券相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等(これらの指数を含む。)や評価額の変動により、元本損失が生じることがあります。国外株式等の場合には、その国の政治的・経済的・社会的な環境の変化のために、元本損失が生じることがあります。また、国外株式等は、国内金融商品取引所に上場されている場合や国内で公募・売出しが行われた場合等を除き、日本の法令に基づく企業内容等の開示が行われておりませんので、取引を行うにあたっては十分にご留意ください。なお、外国為替相場の変動により、外貨お預り金の円換算価値が下がり、円ベースでの元本損失が生じることがあります。中国株式等の売買では、約定金額に対し0.25%(最低手数料45香港ドル、上限手数料450香港ドル)の売買手数料がかかります。また、中国ETF等の売買では、保有期間に応じて信託報酬その他手数料がかかることがあります。米国株式等の売買では、約定代金に対し0.45%(ただし、手数料上限20米ドル)の国内取引手数料がかかります。また、上記取引手数料のほか売却時のみ現地取引費用がかかります。現地取引費用は、市場状況、現地情勢等に応じて決定されますので、その金額等および手数料等の合計額等をあらかじめ表示することはできません。また、米国ETF等の売買では、保有期間に応じて信託報酬その他手数料がかかることがあります。その他、円貨お預り金と外貨お預り金の交換時に所定の為替手数料がかかります。
  • お取引の際は、当社ウェブサイトに掲載の「上場有価証券等書面」「契約締結前交付書面」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。