投資信託のキホン操作!ファンドの選び方

投資信託のキホン操作!ファンドの選び方

マネックス証券で取扱う投資信託の中からファンドを探す方法を3つの例でご紹介します。これまで知らなかったファンドの選び方が見つかるかもしれません。それぞれの検索方法をぜひご活用ください。

「ファンド名やキーワード」から検索したい場合

ファンド名やファンドの愛称、キーワードなどを入力して検索する方法です。すでに探したいファンドが決まっている方はぜひご活用ください。動画内では「セキュリティ」を例にご紹介しています。

マネックス証券のYouTubeチャンネル「マネックスオンデマンド」にリンクします。

本動画は操作説明の動画であり、動画内で紹介しているファンドや検索条件を推奨するものではございません。投資判断におかれましては、必ずお客様ご自身でお願いいたします。

注目ファンドをピックアップ!

インターネット活用の拡大や個人情報保護への対策強化として今後も需要が見込まれる「サイバーセキュリティ株式オープン」をご紹介します。

マネックス証券では取扱うすべての投資信託がノーロード(申込手数料0円)です。

サイバーセキュリティ株式オープン

ノーロード つみたてOK 100円積立 NISA

(為替ヘッジなし)

  • 主として日本を含む世界のサイバーセキュリティ関連企業の株式に投資を行います。
  • 株式等の運用にあたっては、アリアンツ・グローバル・インベスターズ・ユーエス・エルエルシーに運用指図に関する権限を委託します。
  • 実質組入外貨建資産について、原則として為替ヘッジを行いませんので、為替相場の変動による影響を受けます。
  • 「サイバーセキュリティ株式オープン(為替ヘッジあり)」との間でスイッチングが可能です。(NISA口座についてはスイッチングのお取扱いはありません。)

(為替ヘッジあり)

  • 主として日本を含む世界のサイバーセキュリティ関連企業の株式に投資を行います。
  • 株式等の運用にあたっては、アリアンツ・グローバル・インベスターズ・ユーエス・エルエルシーに運用指図に関する権限を委託します。
  • 実質組入外貨建資産について、原則として為替ヘッジを行い、為替変動リスクの低減をはかります。なお、為替ヘッジが困難な一部の通貨については、当該通貨との相関等を勘案し、他の通貨による代替ヘッジを行う場合があります。
  • 「サイバーセキュリティ株式オープン(為替ヘッジなし)」との間でスイッチングが可能です。(NISA口座についてはスイッチングのお取扱いはありません。)

「ファンドの特徴」から検索したい場合

ファンドの特徴で条件を絞って検索する方法です。動画内では「分配金を毎月受取る」という例でご紹介しています。ファンド選びに欠かせない条件がある場合はぜひご活用ください。

マネックス証券のYouTubeチャンネル「マネックスオンデマンド」にリンクします。

本動画は操作説明の動画であり、動画内で紹介しているファンドや検索条件を推奨するものではございません。投資判断におかれましては、必ずお客様ご自身でお願いいたします。

注目ファンドをピックアップ!

毎月分配金を受取り続けるために、途中で償還されてしまうリスクが低いファンドに注目します。「ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド(毎月分配型)」は、動画内で最も純資産総額が多いファンドです。

ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド(毎月分配型)

ノーロード つみたてOK 100円積立 NISA

主な投資対象は世界の高配当利回りの公益株です。
特定の銘柄や国に集中せず、分散投資します。
毎月決算を行い、収益分配方針に基づき分配を行います。

投資信託の収益分配金に関するご説明

【投資初心者向け】まずは人気ファンドから選びたい場合

マネックス証券の投資信託に関するランキングからファンドを選ぶ方法です。初めて投資をされる方は、まずはランキングを参考にファンド選ぶと良いでしょう。

マネックス証券のYouTubeチャンネル「マネックスオンデマンド」にリンクします。

本動画は操作説明の動画であり、動画内で紹介しているファンドや検索条件を推奨するものではございません。投資判断におかれましては、必ずお客様ご自身でお願いいたします。

注目ファンドをピックアップ!

株式や債券、REITなどに幅広く分散投資する「eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)」をご紹介します。

eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)

ノーロード つみたてOK 100円つみたて NISA つみたてNISA
  • 日本を含む世界各国の株式、公社債および不動産投資信託証券市場の値動きに連動する投資成果をめざします。
  • 各投資対象資産の指数を均等比率で組み合わせた合成ベンチマークに連動する成果をめざして運用を行います。
  • 各マザーファンド等を通じて、日本を含む世界各国の株式(DR(預託証書)を含みます。)、公社債および不動産投資信託証券(リート)に実質的な投資を行います。
  • 原則として、為替ヘッジは行いません。

投資信託取引に関する重要事項

<リスク>

投資信託は、主に値動きのある有価証券、商品、不動産等を投資対象としています。投資信託の基準価額は、組み入れた有価証券、商品、不動産等の値動き等(組入商品が外貨建てである場合には為替相場の変動を含む)の影響により上下するため、これにより元本損失が生じることがあります。投資信託は、投資元本および分配金の保証された商品ではありません。

<手数料・費用等>

投資信託ご購入の際の申込手数料はかかりませんが(IFAを媒介した取引で購入される場合を除く)、購入時または換金時に直接ご負担いただく費用として、約定日の基準価額に最大計1.2%を乗じた額の信託財産留保額がかかります。また、投資信託の保有期間中に間接的にご負担いただく費用として、純資産総額に対して最大年率2.38%(税込2.618%)を乗じた額の信託報酬のほか、その他の費用がかかります。また、運用成績に応じた成功報酬等がかかる場合があります。その他費用については、運用状況等により変動するものであり、事前に料率、上限額等を示すことができません。手数料(費用)の合計額については、申込金額、保有期間等の各条件により異なりますので、事前に料率、上限額等を表示することができません。なお、IFAコースをご利用のお客様について、IFAを媒介した取引から投資信託を購入される際は、申込金額に対して最大3.5%(税込3.85%)の申込手数料がかかります。詳しくは当社ウェブサイトに掲載の「IFAコースの手数料」をご確認ください。

<その他>

投資信託の購入価額によっては、収益分配金の一部ないしすべてが、実質的に元本の一部払い戻しに相当する場合があります。また、通貨選択型投資信託については、投資対象資産の価格変動リスクに加えて複雑な為替変動リスクを伴います。投資信託の収益分配金と、通貨選択型投資信託の収益/損失に関しては、以下をご確認ください。
投資信託の収益分配金に関するご説明
通貨選択型投資信託の収益/損失に関するご説明
お取引の際は、当社ウェブサイトに掲載の「目論見書補完書面」「投資信託説明書(交付目論見書)」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。