ファンドマネージャーたちが選び抜いた日本株とは

ファンドマネージャーたちが選び抜いた日本株とは

市場の平均に勝つ運用を目指す日本株アクティブファンドのファンドマネージャー。彼らはまさに日本株選びのプロフェッショナルと呼べるでしょう。そんなファンドマネージャーたちが選び抜いた銘柄とはどのような銘柄なのでしょうか?野村総合研究所が日本株のアクティブ型投資信託約400ファンドを集計し、それらの投信の保有比率が高い銘柄を抽出しました。本コンテンツでは2020年5月時点の最新集計データをご紹介します。

本情報は、マネックス証券株式会社(以下「当社」といいます)が信頼できると考える情報源から提供されたものですが、当社はその正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようにお願いいたします。

日本株に投資する投信の保有銘柄を野村総合研究所が集計

野村総合研究所は国内公募型の日本株を投資対象とした投信から「インデックス型」「業種特化型」「企業グループ特化型」などの投信を除外し、残った約400のアクティブ型投信の運用報告書から各投信の保有銘柄を抽出して投信ごとの「アクティブ度」を計算しました。「アクティブ度」とはその投信のポートフォリオとベンチマークとなる株価指数(パフォーマンスの基準とする株価指数)の構成銘柄との乖離度合いを示します。
本コンテンツでは「アクティブ度」が高かった上位3分の1の投資信託の保有銘柄の分析結果を紹介しています。

2020年5月の最新データは?

それでは2020年5月時点の集計で高アクティブファンドの保有比率が高い銘柄はどのような銘柄なのでしょうか?

2020年5月時点の集計で高アクティブ投信の保有比率が高い銘柄(上位20社)

銘柄名 市場名 高アクティブ
投信
構成比率
6月15日
終値(円)
時価総額
(億円)
予想PER
(倍)
PBR
(倍)
エムスリー(2413) 東1 1.28395387 4,330 29,385.4 112.2 17.7
レーザーテック(6920) 東1 1.02178363 9,350 8,815.8 88.1 24.4
ペプチドリーム(4587) 東1 1.00181736 4,780 6,018.5 147.2 36.3
アンリツ(6754) 東1 0.84198948 2,314 3,199.3 24.0 3.4
ネットワンシステムズ(7518) 東1 0.80780035 3,325 2,859.5 24.9 4.2
SHIFT(3697) 東1 0.70603182 10,300 1,638.7 115.3 17.4
太陽誘電(6976) 東1 0.63996686 3,135 4,082.3 19.3 1.9
ソフトバンクグループ(9984) 東1 0.6330386 4,905 102,505.4 6.0 1.7
NITTOKU(6145) JASDAQ 0.54926708 2,941 532.3 31.9 1.8
朝日インテック(7747) 東1 0.54624778 3,020 7,868.0 88.7 11.1
神戸物産(3038) 東1 0.51477154 6,050 8,276.4 50.7 13.0
ラクスル(4384) 東1 0.49774757 2,852 801.3 12.3
ジャパンマテリアル(6055) 東1 0.48942935 1,575 1,656.1 28.3 6.0
エスプール(2471) 東1 0.48835579 717 566.5 46.4 17.8
ベネフィット・ワン(2412) 東1 0.48388771 2,020 3,231.4 54.8 19.4
弁護士ドットコム(6027) マザーズ 0.47970814 9,250 2,058.2 419.2 96.7
メニコン(7780) 東1 0.47683694 5,100 1,938.9 41.7 3.6
メルカリ(4385) マザーズ 0.45478054 2,999 4,675.7 14.5
任天堂(7974) 東1 0.45439326 46,970 61,844.9 28.4 3.6
ウエストホールディングス(1407) JASDAQ 0.44261133 1,785 632.0 14.1 3.1

(出所)野村総合研究所の集計データおよび6月15日時点のQUICKデータを元にマネックス証券作成

本情報は、公表データををもとに分析したものであり、将来のパフォーマンスを保証するものではありません。また、投資判断・資産運用の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘等を目的としたものではありません。
本情報の著作権、知的財産権その他一切の権利は、株式会社野村総合研究所またはその許諾者に帰属しており、電子的方法または機械的方法を問わず、いかなる目的であれ、無断で複製、引用、転載または転送等を行うことを禁止いたします。株式会社野村総合研究所は、本情報の正確性、信頼性、完全性についてその原因のいかんを問わず一切責任を負いません。

新たにアクティブファンドの保有比率が高くなった銘柄は?

2020年4月時点の集計ではアクティブファンドの保有データがなく、2020年5月時点の集計で保有比率が高くなった銘柄はどのような銘柄なのでしょうか?

2020年4月時点の集計では保有データがなく2020年5月時点の集計で保有比率が高くなった銘柄

銘柄名 市場名 高アクティブ
投信
構成比率
6月15日
終値(円)
時価総額
(億円)
予想PER
(倍)
PBR
(倍)
中国電力(9504) 東1 0.02181414 1,440 5,575.0 18.9 0.8
近鉄グループホールディングス(9041) 東1 0.01812355 5,010 9,552.2 52.6 2.5
東北電力(9506) 東1 0.0145578 1,051 5,285.3 8.0 0.7
システム情報(3677) 東1 0.01017298 1,293 306.1 30.7 8.7
エムケイシステム(3910) JASDAQ 0.01010382 906 49.2 25.1 3.9
テクノホライゾン・ホールディングス(6629) JASDAQ 0.00878469 770 162.2 8.4 1.4
ソフトマックス(3671) マザーズ 0.00806781 800 47.7 17.8 2.4
セック(3741) 東1 0.00668876 3,080 157.7 26.9 2.5
日本ファルコム(3723) マザーズ 0.006604 1291 132.7 20.6 2.1
東急建設(1720) 東1 0.00653029 561 598.9 4.3 0.6
ブロードバンドタワー(3776) JASDAQ 0.00554349 207 124.5 1.5
山陽特殊製鋼(5481) 東1 0.00489421 959 522.7 0.3
東亜建設工業(1885) 東1 0.00468292 1,460 328.4 6.2 0.4
本州化学工業(4115) 東2 0.00456077 1,144 131.6 9.4 0.7
澤田ホールディングス(8699) JASDAQ 0.00448742 915 374.7 5.6 0.6
日本一ソフトウェア(3851) JASDAQ 0.00412111 958 49.0 28.3 1.4
いであ(9768) 東1 0.004113 1,745 130.9 8.9 0.7
global bridge HOLDINGS(6557) マザーズ 0.0040034 2,278 59.9 6.0 7.1
加賀電子(8154) 東1 0.00377388 1,961 562.8 9.5 0.7
マーキュリアインベストメント(7190) 東1 0.00354807 565 99.5 9.6 0.9
エンバイオ・ホールディングス(6092) マザーズ 0.00337455 612 40.2 39.1 0.8
大同メタル工業(7245) 東1 0.00319613 540 256.6 5.4 0.4
アートネイチャー(7823) 東1 0.00316826 595 204.6 9.6 0.8
新日本建物(8893) JASDAQ 0.00300923 324 64.5 4.7 1.0
AMBITION(3300) マザーズ 0.00251246 590 40.1 35.9 1.3
宮地エンジニアリンググループ(3431) 東1 0.00244014 1,574 108.9 5.4 0.4
コスモスイニシア(8844) JASDAQ 0.00195621 423 143.4 0.4
東海理化電機製作所(6995) 東1 0.00169775 1,565 1,474.8 10.2 0.6
カワタ(6292) 東1 0.00163969 742 53.5 7.3 0.5
一家ダイニングプロジェクト(9266) 東1 0.00130356 602 37.3 21.6 3.5
ソフトクリエイトホールディングス(3371) 東1 0.00056349 2079 286.4 19.9 2.8
日本オラクル(4716) 東1 0.00030874 11,850 15,189.1 34.5 8.6

(出所)野村総合研究所の集計データおよび6月15日時点のQUICKデータを元にマネックス証券作成

本情報は、公表データををもとに分析したものであり、将来のパフォーマンスを保証するものではありません。また、投資判断・資産運用の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘等を目的としたものではありません。
本情報の著作権、知的財産権その他一切の権利は、株式会社野村総合研究所またはその許諾者に帰属しており、電子的方法または機械的方法を問わず、いかなる目的であれ、無断で複製、引用、転載または転送等を行うことを禁止いたします。株式会社野村総合研究所は、本情報の正確性、信頼性、完全性についてその原因のいかんを問わず一切責任を負いません。

特に注目の銘柄は?

新たにアクティブファンドの保有が判明した銘柄の中から高アクティブ投信構成比率の高い上位5銘柄をご紹介します。

中国電力(9504)

企業概要

鳥取・島根・岡山・広島・山口県の中国5県と兵庫・香川・愛媛県一部を営業エリアとする電力会社。電気事業を中核に、総合エネルギー供給事業、情報通信事業(電気通信、情報処理)を展開。原子力発電所は島根の1ヶ所(島根1号機は廃炉、2号機は建設工事中/審査中、島根3号機は建設工事中/審査中)、上関原子力発電所は建設準備工事(現在一時中断)。バイオマス発電はエア・ウォーターと合弁会社設立(2019年度から順次稼働)。海外はマレーシア石炭火力に出資、ミャンマー・米国オハイオ州の天然ガス発電に出資。傘下に中電工<1941>(持分法適用会社)を持つ。2017年広島ガスと混焼発電所を新設、送配電カンパニーを新設。

通期業績推移

(出所)マネックス銘柄スカウター


近鉄グループホールディングス(9041)

企業概要

近鉄グループの統括持株会社。運輸(近畿日本鉄道・バス・タクシー・物流)、ホテル・レジャー、流通(百貨店・ストア・駅ナカ、自動車販売)、不動産(分譲・賃貸・リフォーム)事業を展開。近畿日本鉄道は関西2府3県に日本最大の路線キロ数。その他、子会社の近鉄百貨店<8244>、KNT-CTホールディングス<9726>、近鉄不動産、近鉄・都ホテルズ、持分法適用会社の福山通運<9075>、近鉄エクスプレス<9375>、三重交通グループHD<3232>、近畿車輛<7122>を持つ。2010年「上本町YUFURA」(劇場・商業施設・オフィス)オープン、2014年「あべのハルカス」(百貨店・オフィス・ホテル・美術館)竣工。2015年持株会社化。

通期業績推移

(出所)マネックス銘柄スカウター


東北電力(9506)

企業概要

東北6県(青森・秋田・岩手・山形・宮城・福島)・新潟県を営業エリアとする電力会社。電気事業を中核に、建設事業、その他事業(製造、情報処理・電気通信、ガス、不動産)を展開。原子力発電所は女川(1号機は廃炉へ、2号機は審査中、3号機は未申請)・東通(1号機は審査中)の2ヶ所。首都圏向け電気料金プラン「よりそう、でんき」の加入拡大、業者向け卸供給を推進。傘下にユアテック<1934>(子会社)を持つ。2015年東京瓦斯<9531>と共同でシナジアパワー(関東圏での電力小売)を設立。2016年カメイと東北6県の一般家庭向けに電気とガスのセット販売開始。2019年石巻ガスと電力・ガス販売の業務提携。

通期業績推移

(出所)マネックス銘柄スカウター


システム情報(3677)

企業概要

システム開発会社。保険・流通サービス・金融分野を中心に業務アプリ・基盤の設計・開発・維持(システム開発受託)を中核に、ソリューションビジネス(コグニティブサービス、IT、クラウド、RPA)を展開。CMMI・PMPをベースに独自のシステム開発標準に基づいたサービス(CMMIコンサルティング、システム開発プロセス改善コンサルティング、プロジェクト管理)、UX・AI・IoT・分析技術を融合したAIコグニティブサービス、セキュリティサービス等のソリューションビジネスを推進。2018年FRONTEO<2158>とパートナー契約。主要取引先は三菱電機インフォメーションシステムズ、第一生命情報システム、NTTデータ、日本IBM。

(出所)マネックス銘柄スカウター


エムケイシステム(3910)

企業概要

社労士システムサービス会社。社会保険労務士事務所・労働保険事務組合・一般企業向けの業務支援サービス(社会保険・雇用保険・労働保険、勤怠管理・給与計算・手続等)をクラウド環境により提供。社労夢事業(社会保険・労働保険等の申請手続きシステム、ASPサービス)とCuBe事業(人事総務関連業務の効率化に資するフロントシステムを開発・提供)を営む。主力の「社労夢」はライトプラン(旧ネットde社労夢)、ハウスプラン(旧社労夢ハウス)、マイナボックス(旧マイナde社労夢)を提供。社労士事務所向けサービスは業界トップ(約2400ユーザー、60万社の顧問先企業)。一般企業向けへの社会保険・労働保険の手続進捗管理システムに注力。

通期業績推移

(出所)マネックス銘柄スカウター

アンケートにご協力ください

本コンテンツは皆様の参考になりましたでしょうか?ぜひ以下のアンケートフォームからアンケートにご協力をお願いいたします。

アンケートに回答する

国内上場有価証券取引に関する重要事項

<リスク>

国内株式および国内ETF、REIT、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等(以下「国内株式等」)の売買では、株価等の価格の変動や発行者等の信用状況の悪化等により元本損失が生じることがあります。また、国内ETF等の売買では、裏付けとなっている資産の株式相場、債券相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等(これらの指数を含む。)や評価額の変動により、元本損失が生じることがあります。信用取引では、元本(保証金)に比べ、取引額が最大3.3倍程度となる可能性があるため、価格、上記各指数等の変動、または発行者の信用状況の悪化等により元本を上回る損失(元本超過損)が生じることがあります。

<保証金の額または計算方法>

信用取引では、売買金額の30%以上かつ30万円以上の保証金が必要です。

<手数料等(税抜)>

国内株式等のインターネット売買手数料は、「取引毎手数料」の場合、約定金額100万円以下のときは、成行で最大1,000円、指値で最大1,500円が、約定金額100万円超のときは、成行で約定金額の最大0.1%、指値で約定金額の最大0.15%を乗じた額がかかります。ただし、信用取引では、「取引毎手数料」の場合、約定金額が200万円以下のときは、成行・指値の区分なく最大800円が、約定金額200万円超のときは、成行・指値の区分なく最大1,000円がかかります。また、「一日定額手数料」の場合、一日の約定金額300万円ごとに最大2,500円かかります。約定金額は現物取引と信用取引を合算します。(非課税口座では「取引毎手数料」のみ選択可能ですのでご注意ください。)単元未満株のインターネット売買手数料は、約定金額に対し0.5%(最低手数料48円)を乗じた額がかかります。国内ETF等の売買では、保有期間に応じて信託報酬その他手数料がかかることがあります。国内株式等の新規公開、公募・売出し、立会外分売では、購入対価をお支払いただきますが、取引手数料はかかりません。IFAコースをご利用のお客様について、IFAを媒介した取引の売買手数料は、1注文の約定金額により異なり、2億円超の約定金額のとき最大手数料345,000円かかります。詳しくは当社ウェブサイトに掲載の「IFAコースの手数料」をご確認ください。

<その他>

お取引の際は、当社ウェブサイトに掲載の「契約締結前交付書面」「上場有価証券等書面」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。

情報提供に関するご留意事項

本情報は、マネックス証券株式会社(以下「当社」といいます)が信頼できると考える情報源から提供されたものですが、当社はその正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。本情報は有価証券やデリバティブ取引等の価値についての判断の基準を示す目的で提供したものではなく、有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。本情報に含まれる過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。
本情報は作成時現在のものであり、今後予告なしに変更または削除されることがございます。
当社は本情報の内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようにお願いいたします。なお、本情報は当社の事前の書面による了解なしに転用・複製・配布することはできません。内容に関するご質問・ご照会等にはお応え致しかねますので、あらかじめご容赦ください。